妊娠初期のつわり症状はいつから?入院することも?

妊娠初期のつわりで症状はいつから?入院することも?

妊娠初期のつわり症状

妊娠初期のつわり症状

妊娠初期のつわり症状の代表的なものとして

・胃の気持ちが悪い、ムカムカ
・食欲がない
・空腹のときに吐き気
・下痢
・匂いに敏感

このような症状があります。

吐き気や気持ち悪いのは、吐きつわりの症状です。

つわりにはいくつか種類があって、吐きつわり、食べつわり、眠りつわり、ヨダレつわりなどがあります。

吐きつわり

妊娠初期に吐きつわり

吐きつわりは、つわりの代表的な症状です。

胃がムカムカして気持ち悪い、吐き気が止まらない状態が続きます。

何か食べてもすぐに吐いてしまうこともあります。

吐きつわりでは、何かこれだけは食べられるという食べ物があることが多いです。妊婦さんの中には、フライドポテトだけは食べられた人もいます。

妊娠前とは嗜好も変わってくるので、何か食べられるものを見つけてみてください。

関連記事:
吐きつわりにいい食べ物

吐き気が続くと逆流性食道炎

吐き気が続くと逆流性食道炎

妊娠初期から、つわり症状の吐き気が続くことで、胃酸が逆流して逆流性食道炎になることがあります。

症状としては、胸がつかえた感じ、胸焼けなど症状が出ます。ムカムカして気持ち悪い苦い水が上がってくるようだったら逆流性食道炎の可能性があります。

早めに病院受診して診察を受けるようにしてください。

つわりが重いと妊娠悪阻に、入院することも。

つわりの症状が悪化すると妊娠悪阻となって入院が必要な場合もあります。

■妊娠悪阻のチェックポイント

・食べ物も水分も口にできない。
・起きるとめまい、フラフラ
・数日のうちに体重が5%以上減少
・吐いたものに血や胆汁が混じる
・尿が少ない、出ない
・寝たきりになって生活できない

こんな症状が出ると妊娠悪阻になります。上記のうち1個でも当てはまったらすぐに病院を受診するようにしてくださいね。

参考:妊娠悪阻にまつわる諸問題 日産婦誌50巻6号 日本産科婦人科学会

関連記事:
妊娠つわり、妊娠8週目~10週目がピーク。食べつわりで性別は分かる?悪阻のまとめ。

食べつわり

食べつわり

食べつわりとは、いつも食べていないと胃の中が気持ち悪くなる症状のことです。

食べつわりの症状

常に食べ続けないとムカムカしてしまうため、つい食べ過ぎてしまう傾向があります。食べつわりが明けた後も食欲が増して食べ続けてしまう妊婦さんもいます。

妊娠中に過度に体重が増えすぎてしまうと、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群のリスクが高くなります。

食べ過ぎないように意識して妊娠生活を送るようにしましょうね。

関連記事:
食べつわりと体重増加

眠りつわり

眠りつわりも妊娠の症状

一日中強い眠気があるのが眠りつわりです。急に眠気が来てどうしようなくなる妊婦さんもいますね。眠りつわりは、妊娠中期から後期まで続くこともあります。

眠気は妊娠の症状で、ママの身体を休ませてあげるサインです。

眠ることができるのなら眠るようにしましょう。すぐにねむることができないなら、椅子に座って目をつぶるだけでも眠気が軽減できます。

体調がよければ散歩すると気分転換できますよ。

関連記事:
眠りつわり

妊娠初期症状のつわりはいつから?

妊娠初期症状のつわりはいつから?

妊娠初期の症状であるつわりは、いつから始まるかというと早い人で妊娠4週ごろから始まります。

妊娠4週は、生理予定日ぐらいです。予定日ぐらいから吐き気やムカムカといった症状が出てきます。吐き気だけでなく胃痛や胸焼けなどの症状もあります。

いつまで続くかというと、早い人で妊娠11週ごろ、遅い人では妊娠後期まで。おおよそ妊娠16週ごろには治まってくることがおおいのですが個人差が大きいです。

妊娠初期のつわり対策、対処法 解消法

妊娠初期のつわり対策、対処法 解消法

つわり対策として

・パスタやパンがおすすめ
・寝る前と朝ベッドから起きる前に軽く食べる。
・ソファーなどに座って後ろに体を伸ばす。
・炊飯器やごはんから離れる。
・部屋を閉め切る。
・暖かいものを食べない。
・ぬるいお茶や水は飲まない。
・お腹や背中を暖かいタオルで温める。
・トマトを食べる。
・アイスやシャーベットを食べる。
・炭酸飲料を飲む。
・つわりにエビオスを飲む
・凍らせたヨーグルトドリンクを食べる。
・桃や果物を食べる。
・氷を食べる。
・歯磨きをする。
・ブラジャーや補整下着、スパッツなどを着ない。
・吐き気止めのツボを押す。
・仕事に集中する。
・買い物は家族に頼む。
・趣味に没頭する。

このようなつわりの対処法があります。自分に合った解消法があると思うので色々試してみてくださいね。

関連記事:
妊娠つわり対策まとめ、パスタやパンがムカムカ解消法に?

妊娠初期の流産の症状とつわり

妊娠初期の流産の症状とつわり

つわりの症状が突然なくなるのは流産している可能性があります。

通常、流産するときは強い腹痛と出血が伴います。腹痛、出血、症状がないときはすぐに病院へ連絡して指示を受けるようにしてください。

また、つわりの症状があるのに流産していることがあります。稽留流産でつわり?9週、10週目なら赤ちゃんが原因。と呼ばれるもので、つわりがあるのに流産していることがあります。

ママ自身が気が付かずに妊婦健診で判明するケースもあります。

この他、つわりの症状が強くでる胞状奇胎という病気があります。何らかの原因で子宮内部の絨毛組織が異常増幅する病気です。

胞状奇胎は病院のエコー検査で分かります。

つわりの症状がなくなった場合は、間違いでもいいので病院に連絡して指示を仰ぐようにしてください。

妊娠初期は先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期は先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期のママに知ってほしいことがあります。

それは、妊娠初期に大事な栄養素である葉酸が不足してしまうと、「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなるということです。

このことは、世界的な疫学的調査で判明したことで、日本でも2002年より厚生労働省が妊娠初期の女性に対して葉酸を積極的に摂取するように通知を出しています。

葉酸は、日頃の食事でも摂取できますが・・・
妊娠初期は葉酸を摂取が大事

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように注意してください。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

この他、つわり症状については、妊娠つわりの症状で、つわり全般の話題はつわり・悪阻のまとめで詳しくまとめました。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠初期のママにおすすめの記事一覧

妊娠中期のママにおすすめの記事一覧

妊娠したいママにおすすめの記事一覧

妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ //www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 妊娠初期でつわりがない?不安や心配な方へ。
  • 妊娠初期のつわりはいつから?吐き気やムカムカは悪阻の症状。
  • 妊娠初期のつわり、吐き気はいつから?
  • 妊娠初期のつわりの時期
  • 妊娠初期のつわり、悪阻