妊娠初期は生理予定日の症状?具体的な症状まとめ。

妊娠初期は生理予定日の症状?具体的な症状まとめ。

妊娠初期は生理予定日の症状?

妊娠初期は、生理前のような症状が出ることが多く、妊娠初期症状と生理前症状の違いは分からないことが多いです。

妊娠の可能性があるなら、妊娠検査薬を使って検査してみましょう。

妊娠初期症状は生理予定日の症状と似ている。

妊娠初期症状は生理予定日の症状と似ている。

妊娠すると、様々な症状が出てきますが、生理予定日近くに出る症状と同じような症状が出てくることが多く、症状だけでは妊娠したかどうか分からないです。

妊娠の兆候は、受精卵が子宮内膜に着床したことから始まります。

このときに、少量の出血が起こる着床出血があります。これは、おしるしと呼ばれる出血で生理予定日数日前から当日ぐらいの時期に起こります。

この症状は妊娠の兆候として特徴がありますが、その他の症状は生理の症状とよく似ていて見分けがつきません。

それでは、妊娠初期に良く起こる症状をご紹介しますね。

妊娠初期に腹痛、下腹部痛、下痢、便秘、お腹の張り

妊娠初期に腹痛、下腹部痛、下痢、便秘、お腹の張り

妊娠初期には、ホルモンバランスが急激に変化します。

お腹の赤ちゃんの成長をサポートして無事出産を迎えられるように体が変化します。

妊娠して初めて分泌されるhCGホルモン(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)や、女性ホルモンである卵胞ホルモンや黄体ホルモンなどが増加してホルモンバランスは変化します。

この中で黄体ホルモンが子宮の平滑筋を柔らかくする作用があります。

この黄体ホルモンの作用が胃や腸の平滑筋に作用して胃腸症状が起こります。代表的な症状として、腹痛、下腹部痛、下痢、便秘、お腹の張りなどの症状を感じるようになります。

腹痛、下腹部痛と出血には注意!

腹痛、下腹部痛と出血があるときは流産の可能性があります。

子宮の成長に伴うお腹の張りや痛みがありますが、出血と腹痛が同時に起こった場合は流産が疑われます。

流産には、流産の一歩手前の切迫流産や流産が止められない進行流産があります。

どちらの場合も、早急に病院で診察を受ける必要があります。腹痛と出血が同時に起こっている場合は、産婦人科に連絡して指示を受けるようにしてください。

関連記事:
妊娠初期の出血?鮮血やピンク色のおりもの、生理みたいな量が出る?

胃痛、吐き気、気持ちが悪い症状も。

胃痛、吐き気。気持ちが悪い症状

妊娠の兆候として、胃痛、吐き気、気持ちが悪いなどの症状があります。

こういった症状は、「つわり」の症状として知られている症状です。よくドラマのシーンなどで見ることができる症状ですね。

胃痛や吐き気といった症状は、黄体ホルモンが胃や腸の動きに作用しているためです。

症状が重くなると、何も食べることができなくなる「妊娠悪阻」になることも。

つわりは治す薬がないので、頑張って乗り越えるしかありあません。

妊娠つわりはいつから?

妊娠つわりは、早い人で妊娠4週後半ぐらいから始まります。

受精卵が子宮内膜に着床してからの時期です。生理予定日ぐらいから始まるママもいます。

つわりの症状は吐き気を連想しますが、食べ過ぎてしまう「食べつわり」や一日中眠気が取れない「眠りつわり」、ヨダレがずっと出てしまう「ヨダレつわり」などがあります。

つわりは、妊娠16週ごろには治まってくるママが多いです。頑張って乗り越えるようにしましょうね。

関連記事:
妊娠つわり、妊娠8週目~10週目がピーク。食べつわりで性別は分かる?悪阻のまとめ。

妊娠初期にはオリモノの変化が。

妊娠すると、オリモノがサラサラになって量が増えた妊婦さんが多いです。でも、量が少なくなった妊婦さんもいて個人差があるようですね。

オリモノは、ママや赤ちゃんを守ってくれる大事なものです。オリモノに変化があれば妊娠の兆候かもしれません。

詳しくは、妊娠初期症状のおりもので説明しています。

検査薬が陽性で流産?

検査薬で陽性反応が出ても、妊娠のごく初期に流産してしまう化学的流産があります。

妊娠検査薬の精度が上がってきて、妊娠の判定がかなり早い時期から分かるようになりました。

化学的流産とは、hCGホルモン(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の陽性反応があるものの、胎嚢が確認できずに流産と診断される症状です。

実は、健康な女性でも知らないうちに化学的流産を経験していることがあります。

参考:日産婦誌59巻11号 2)切迫流産,流産 日本産科婦人科学会

関連記事:
化学流産

妊娠したいなら、先天性異常のリスクに注意!

妊娠したいママに知ってほしいことがあります。

それは、妊娠初期に大事な栄養素である葉酸が不足してしまうと、「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなるということです。

このことは、世界的な疫学的調査で判明したことで、日本でも2002年より厚生労働省が妊娠初期の女性に対して葉酸を積極的に摂取するように通知を出しています。

葉酸は、日頃の食事でも摂取できますが・・・
妊娠初期は葉酸を摂取が大事

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように注意してください。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

頭痛、熱、くしゃみ、喉の痛みなど風邪のような症状。

頭痛、熱、くしゃみ、喉の痛みなど風邪のような症状。

妊娠初期症状で頭痛、熱、くしゃみ、喉の痛みなど風邪みたいな症状があります。

妊娠すると、基礎体温の高温期の体温が持続するので微熱を感じているママもいますね。

風邪を引いたかな?と思ったら妊娠していたというママの体験談もあります。

ここで注意したいのが風邪薬の服用です。

市販の風邪薬の中には妊娠中に飲んではいけない成分が入っていることがあります。

風邪で薬を飲む場合は、必ず病院の産婦人科医から処方してもらうようにしましょう。

関連記事:
妊娠初期の風邪

妊娠初期症状がない。無くなる?

妊娠初期症状がない。無くなる?

妊娠初期症状がない妊婦さんも意外に多くいます。

周りの友達が症状が出ているのに、自分に症状がないと不安になりますよね。

ですが、代表的な妊娠の症状であるつわりを感じないママが約2~5割いるという報告があります。

参考:日産婦誌50巻6号 妊娠悪阻にまつわる諸問題 日本産科婦人科学会

症状がないと感じていても、軽いむかつきや軽い眠気はつわりの症状だと考えられます。

症状なしでも妊婦健診で問題ないなら、過度に心配しないようにしましょうね。

関連記事:
妊娠初期症状なし

この他、妊娠初期症状の風邪については妊娠初期症状で風邪で、妊娠初期の注意点については妊娠初期の注意点詳しく紹介しています。おすすめです。

妊活中のママ向けの記事は妊娠したいにありますよ。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠初期のママにおすすめの記事一覧

妊娠中期のママにおすすめの記事一覧

妊娠したいママにおすすめの記事一覧

妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ //www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 妊娠初期症状でちくびが痛い?かゆい?胸が痛い、乳首痛。
  • 妊娠初期の出血が鮮血や塊は流産?
  • 妊娠初期の飲酒の影響、気づかず飲酒したときは?
  • 妊娠初期のタバコの影響、流産と副流煙
  • 妊娠初期のお腹の張りと痛み、お腹が張るのは大丈夫?