妊娠初期の出血が鮮血や塊は流産?

妊娠初期の出血が鮮血や塊は流産?

妊娠初期の出血が鮮血

妊娠初期の出血が鮮血や塊は流産?

妊娠初期にみられる出血の症状は、比較的多くの妊婦さんが経験する症状です。

妊娠初期に心配のない出血もありますが、 島根大学医学部附属病院 産科婦人科によると

妊娠初期に、少量の出血や軽い腹痛を感じることがあります。正常妊娠でこのような症状が起こることがありますし、流産や切迫流産で起きる場合もあります。

出典:流産・切迫流産 | 島根大学医学部附属病院 産科婦人科

このように記載されています。

経産婦さん(妊娠を経験したママ)でも、一人目のときは出血しなかったのに、二人目では出血したという体験談もあります。

妊娠初期の出血症状まとめ

妊娠初期の出血症状まとめ

妊娠初期における出血の症状をまとめてみました。

出血の症状まとめ

・鮮血での出血。
・鮮血でも少量。
・赤黒い色の出血。
・濃い茶色の色。
・生理のような出血量。
・腹痛と同時。
・茶色のおりものになる。
・レバー状の塊が出る。
・血が大きな塊になっている。
・朝だけ出血。
・出血があるが、痛みなし、痛くない。
・痛みと出血がある。
・出血が一週間以上続く。
・胃痛と同時に起こる。
・薄いピンクのおりもの。
・うっすら下着に付くぐらいの量。
・薄い茶色。
・薄い赤。
・動くと出血する。
・黒い塊が出る。
・黒っぽい色の出血。
・暗赤色。
・黒いカスのようなもの。
・うつ伏せで出血。
・出血量が多い、多め。
・お腹の張りがある。
・お腹の痛みがある。
・下腹部痛がある。

このように様々な状態で出血を確認することが多いようです。

妊娠初期の出血の対処法

妊娠初期に出血したときの対処法をチャートにしました。

妊娠初期に出血したときの対処法のチャート図

少量の出血が続くこともある。

少量の出血が続く

医療法人双鳳会・山王クリニックによると

“稀なことですが、少量の出血を妊娠15週頃まで繰り返すことがあります。安静にすると止まり、少し動くと出血するという状態が続きます。”

出典:医療法人双鳳会・山王クリニック

動くことで少量の出血がある症状もあります。

出血のエコー写真

子宮内の出血のエコー写真です。写真は絨毛膜下血腫の写真です。
絨毛膜下血腫のエコー写真

引用:日産婦誌53巻7号 日本産科婦人科学会

妊婦健診の内診後に出血することも

妊娠初期段階の妊婦健診では、経膣エコーを行うことがあります。エコー検査後や内診のあとに少量の出血があることがあります。

妊娠初期の出血は心配ないものもありますが、自分では判断できないので、必ず病院へ連絡して指示を受けるようにしてください。

妊娠初期は、この他にも、先天性異常のリスクに注意することが大切ですよ。

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期のママに知ってほしいことがあります。

妊娠初期は、赤ちゃんにとって神経や心臓、背骨など重要な器官を形成する時期です。

この時期に、葉酸が不足すると、無脳症や二分脊椎などの先天性異常のリスクが高くなるという事実です。

このことは、世界的な疫学的調査で判明したことで、日本でも、2002年より厚生労働省が妊娠初期の女性に対して葉酸を積極的に摂取するように通知を出しています。

葉酸は、日頃の食事でも摂取できますが・・・
妊娠初期は葉酸を摂取が大事

葉酸は、母子手帳に記載されるぐらい重要な栄養素です。

葉酸は母子手帳に掲載されています。

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように注意してください。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

日本は、先天性異常の発生率がアメリカの8倍、イギリスの6倍

日本産婦人科医会によると

例えば、アメリカやイギリスでは葉酸摂取によって、胎児神経管閉鎖障害の発生は、この10年間で約10分の1に減少した。一方、日本では、葉酸摂取の重要性の啓発に対する効果が未だ見受けられず、この10年間で胎児神経管閉鎖障害の発生率は漸増し、アメリカの8倍、イギリスの6倍となっているのが現状である。

出典:葉酸摂取による胎児異常発生予防 日本産婦人科医会

このように記載されています。

アメリカやイギリスでは、葉酸摂取を進めて異常の発生率が1/10になったけれど、日本ではドンドン増えて、アメリカの8倍、イギリスの6倍になっているということです。

葉酸を摂取することで、先天性異常の発生率を減少させることはあまり知られていません。

日本先天異常学会が、葉酸の摂取に関して声明を発表しています。

葉酸サプリメントの摂取により神経管閉鎖障害の発症リスクを減らしましょう

妊娠を計画する女性、妊娠が考えられる女性は、妊娠前4週から妊娠12週まで葉酸サプリメント 400 マイクログラム = 0.4 mg/日を摂取することで、お子さんに神経管閉鎖障害が起きる可能性が減少します。

出典:葉酸サプリメントの摂取により神経管閉鎖障害の発症リスクを減らしましょう 日本先天異常学会

普段の食事に加えて、妊娠前から妊娠初期に葉酸サプリを飲むことで経管閉鎖障害が起きる可能性が減少するとしています。

妊娠前4週から12週までの間にサプリを毎日飲むように記載されていますね。

「妊娠には毎日葉酸を摂取することが必要」、と知っているママが非常に少ないので心配です。

厚生労働省、日本先天異常学会が、毎日葉酸をサプリで摂取するように強く推奨しています。

必ず、葉酸を摂取するようにしてくださいね。

おすすめのサプリについては、下記ページで詳しく紹介しています。読んでみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

妊娠したら気を付けること、注意点

妊娠したら気を付けること、注意点をまとめてみました。下記ページを読んでみてください。

妊娠初期、超初期の注意点
妊娠初期の注意点

妊娠初期にやるべきこと、することをまとめました。じっくり読んでみてくださいね。

妊娠初期にやるべきこと、すること
妊娠初期にやるべきこと、やること、することまとめ。

妊娠中の出血はいつからいつまで?

妊娠中の出血はいつからいつまで?

妊娠中に出血が起こる時期ですが、妊娠初期、妊娠中期、妊娠後期のいずれも出血が起こる可能性があります。

特に気を付けたいのは妊娠4週~11週の期間です。この期間の出血は切迫流産や流産の可能性もあるため、ごく少量の出血であっても、産婦人科を受診して原因を調べるようにしてください。

安定期以降の出血は、子宮口が開いている可能性があるので、すぐに産婦人科を受診する必要があります。

妊娠中は子宮の出口が弱くなっていて、ちょっとした刺激でも出血を起こすことがあります。

出血を確認したあとは、安静にして産婦人科へ連絡して指示を仰ぐようにしてください。

横浜 婦人科 ポートサイド女性総合クリニック ビバリータ のホームページによると

妊娠初期から産まれる直前まで注意が必要なのが、「性器出血」です。

妊娠中は子宮の出口がもろい状態になるので、ちょっとした刺激で出血しやすくはなるのですが、基本的にまったく出血しないのが正常な状態です。

夫婦生活の後に少量の出血があった場合は、物理的な刺激によってもろい部分から出血したという可能性もあるので、あまり心配ないケースがほとんどですが、切迫流産や切迫早産でないかは確認しておいた方が安心です。

出典:妊娠中のトラブル~出血~ – 横浜 婦人科 ポートサイド女性総合クリニック ~ビバリータ~

このように記載されています。

妊娠初期に限らず、妊娠中は出血に気を付けるようにしましょう。

出血後の安静はどの程度?

出血後の安静はどの程度?

出血後の安静ってどの程度までなの?という疑問が出てくると思います。

出血量や妊娠週にもよりますが、安静というのは、家事やトイレなど必要最低限のことをする以外にはベッドで横になるぐらいの安静度です。

仕事をしているママはお休みして、完全に出血が止まるまでは休職しましょう。仕事をしているときに出血したら、早めに仕事を切り上げてできるだけ早く自宅に帰るようにします。

二人目や三人目出産などで上の子いる場合は、安静どこるではないので、家族や両親に上の子の面倒をみてもらうなど、なるべく安静にできる環境を作ることが大切です。

関連記事:
妊娠初期の絶対安静の過ごし方@出血や体勢、お風呂や仕事は?

お風呂は入っていい?温泉は?

お風呂は入っていい?温泉は?

出血後の安静のときにお風呂に入ることは問題ないとする産院やクリニックが多いようです。しかし、お風呂はダメだけどシャワーはOKというクリニックもあって、施設によって異なることがあります。

まずは、自分の分娩予定の産婦人科に連絡して、お風呂に入っていいか確認しましょう。

温泉の方は、環境省の資料によると

①温泉の一般的禁忌症(浴用)

改訂 削除
現行 妊娠中(とくに初期と末期)

出典:温泉法第18条第1項の規定に基づく禁忌症及び入浴又は飲用上の注意の掲示等について(概要)

このように記載されていて、温泉に入ることは制限されていません。

でも、安静を指示されているなら自宅で療養すべきです。温泉に入るのは安静が解除されてからにしてくださいね。

関連記事:
妊娠初期の温泉は禁忌?入るときの注意点

妊娠初期の出血の塊が出たのは流産?無事出産できる?

妊娠初期の出血の塊が出たのは流産?無事出産できる?

妊娠初期に出血があって、レバー状や黒い塊が出たときは流産の可能性を否定できません。実際に流産したママの体験談からも、塊のような内容物が出たという体験も多くあります。

その一方で、出血量が多く塊が出ても妊娠を継続している例もあります。

妊婦さん体験談によると

「妊娠7週~11週ごろ出血した。現在は順調に発育中。」

「親指の先ぐらいの血の塊がドロッと出てきた。そのあとも血の塊と鮮血の出血が続いた。安静にしていると量も減ってきた。翌日受診して膣部びらんからの出血で問題ありませんでした。」

「6w4dで出血、大量に出血して塊まで出たが赤ちゃんは無事でした。」

「心拍確認後の6週で出血して生理痛のような痛みで産婦人科を受診、切迫流産で即入院になった。」

「パジャマやシーツが染まるぐらいの出血があった。座ると更に出血。血と血の塊がどろどろ出てきた。そのまま入院になったが赤ちゃんは無事だった。」

「エコー検査で血腫があった。絨毛膜下血腫だったので入院になったが胎児に影響はなくて安心した。」

このように出血があって塊が出ても妊娠継続できることもあります。しかし、その一方で切迫流産や流産の兆候であることもあります。

出血の症状だけで自己判断するのは非常に危険です。出血の色や量で原因を判断できないので、出血を確認したら、(おりものが茶色やピンク色でも)産婦人科を受診して原因を調べるようにしましょう。

妊娠初期に出血する原因

妊娠初期に出血する原因

妊娠初期に出血する原因は、あまり心配のない出血からトラブルによる出血まで様々です。

あまり心配のない出血
・絨毛膜下血腫
・着床出血(月経様出血)
・子宮膣部びらん
・子宮頸管ポリープ

トラブルによる出血
・胞状奇胎
・異所性妊娠(子宮外妊娠)
・子宮頸がん
・早期流産
・切迫早期流産

胞状奇胎は、エコー(超音波検査)で比較的早期に発見できるので、発見後は速やかに子宮内容除去術が行われることが多いです。

この他の原因
・黄体ホルモンの影響
・仲良し
・健診やがん検査での内診
・動きすぎ

このようなことが原因で出血することがあります。

出血の原因については、関連記事を読んでみてください。

関連記事:妊娠初期の出血

妊娠して出血する確率は?

妊娠中に出血が起こる確率は約25%ぐらいと言われていて、多くの妊婦さんが経験しています。

出血の原因は様々なので、自己判断せずに産婦人科を受診するように心がけてください。

関連記事:京野アートクリニック 妊娠された方へ

妊娠初期のトラブルとして出血することはよくあることです。しかし、出血の中には切迫流産や流産、子宮外妊娠(異所性妊娠)などママやお腹の赤ちゃんの将来に重大な影響を及ぼすものもあります。

出血の量が少ないから安心、ではなく少量の出血でも必ず産婦人科を受診して原因を調べるようにしてください。

関連記事:妊娠初期の出血

この他、妊娠初期の注意点は、妊娠初期、超初期の注意点や気を付けることで説明しています。

妊娠したい人向けの情報は、妊娠したい!妊娠希望なのに、できない原因は?生理不順の人は産婦人科を受診。で紹介しています。読んでみてください。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠初期のママにおすすめの記事一覧

妊娠中期のママにおすすめの記事一覧

妊娠したいママにおすすめの記事一覧

妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ //www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 妊娠初期症状でちくびが痛い?かゆい?胸が痛い、乳首痛。
  • 妊娠初期の飲酒の影響、気づかず飲酒したときは?
  • 妊娠初期のタバコの影響、流産と副流煙
  • 妊娠初期のお腹の張りと痛み、お腹が張るのは大丈夫?
  • 【チェックリスト付き】妊娠超初期症状リスト、やっておくことリストまとめ。