妊娠初期の腰痛は流産の兆候?

妊娠初期の腰痛は流産の兆候?

妊娠初期の腰痛は流産?

妊娠初期の腰痛は流産?

妊娠初期から、腰痛の症状が出ることはよくあることです。

症状が重くなると歩けない、動けないほどのひどい痛みを感じている妊婦さんもいるようですね。

腰痛と出血なら、すぐに病院へ連絡

腰痛と出血なら、すぐに病院へ連絡

腰痛に加えて出血や茶色のおりもの、いわゆる茶オリがあったり、断続的に腹痛が出る、下腹部に強い痛みを感じるときは流産のリスクが高くなります。

出血と痛みがあるときは、すぐに産婦人科に連絡して受診するようにしてください。

妊娠初期の腰痛の症状まとめ

妊娠初期の腰痛の症状

先輩ママ経験した腰痛の症状をまとめてみました。

主な腰痛の症状

・激痛で動くことができないぐらい痛い。
・腹痛と腰痛が一緒に出る。
・生理の時のような痛み。
・下痢と腰痛が一緒。
・腰痛と足の付け根が痛い。
・右側の腰が痛い。
・朝から朝から痛む。
・腰と足がだるい。
・胃痛と腰痛が出る。
・おしりが痛い。
・腰の痛みとおなかの張り。
・片側が痛い。
・痛みと筋肉痛がある。
・痛くて気持ちが悪い。
・後屈すると痛い。
・骨盤痛や股関節痛もある。
・しびれや背中痛も。
・座骨神経痛。
・恥骨痛。

腰の痛みを軽減する腰痛対策

腰の痛みを軽減する腰痛対策

一般的な腰痛を緩和する方法として、次のようなものがあります。

・湿布による痛みの緩和。
・腰痛体操。
・カイロでの温熱療法。
・お灸やツボ押し。
・腰痛ベルト、トコちゃんベルト。
・麻酔注射による神経ブロック。

このような腰痛対策があります。でも、妊婦さんがこれらの対処法を行っていいのでしょうか?

湿布による痛みの緩和。
妊婦さんに湿布を使うのはだめです。湿布薬の中にはジクロフェナクナトリウム、インドメタシンやボルタレンなどの消炎鎮痛剤が入っていることが多いです。

妊娠中にジクロフェナクナトリウム、インドメタシンやボルタレンなどの成分が体内に入ると、流産のリスクが高まるので妊婦さんへの使用は禁止されています。

湿布以外の塗り薬でもインドメタシンやボルタレンが入っていることがあるので注意が必要です。

まれに、妊娠中に歯医者に行って痛み止めとしてボルタレンが処方されるケースがありました。歯科医の注意不足が原因なので、医師からの処方を過信せずに、産婦人科の医師に確認してから飲むようにしてください。

腰痛体操。
痛くない範囲で、日頃から腰痛体操を行うことで腰痛の緩和と予防になります。

しかし、痛みがひどい場合は安静がいいときもあるので、産婦人科か整形外科の医師に確認してから行うようにしましょう。

カイロでの温熱療法。
妊婦さんは、薬の使用を極力控えた方がいいので痛みのある部分をカイロなどで温める温熱療法が効果があることがあります。低温やけどに注意して貼るようにしましょう。

念のために、カイロを貼る前に医師に相談するようにすると安心です。

お灸やツボ押し。
妊娠中はお灸やツボ押しをするときは注意しましょう。お灸は妊娠6ヶ月以降から始めるように指導する鍼灸院があります。妊娠初期からのお灸は控えるようにします。

ツボ押しは、三陰交(さんいんこう)など妊娠中は押してはダメなツボもあるので控えた方がいいでしょう。

お灸もツボ押しも、必ず産婦人科医の許可をもらうようにしてください。

腰痛ベルト、トコちゃんベルト。
腰痛を改善する目的で、腰痛ベルトやトコちゃんベルト、トコちゃんベルト2などを使う妊婦さんも多くいます。

骨盤ベルトとも呼ばれるベルトは、コルセットより簡素な形で骨盤を支えることで腰痛の改善を目的としています。妊婦さんに人気なのは、トコちゃんベルト2です。

メリットとしては、骨盤のゆがみ抑えるので腰痛改善に効果があります。デメリットとしては、着脱が面倒、トイレに行くたびに外さなければならないことです。

妊婦帯では、腰痛の原因である骨盤部のゆがみなではサポートできません。妊婦帯と支持帯が一緒になった腹帯を選ぶといいでしょう。

骨盤ベルトは、腰痛の他に恥骨痛にもいいと言いますので、恥骨が痛い人は検討することも方法の一つです。

麻酔注射による神経ブロック。
腰痛や座骨神経痛があまりにもひどい場合には、麻酔注射による神経ブロックが行われることもあります。

神経ブロックの麻酔注射は、リドカイン(キシロカイン)などの局所麻酔薬が使用されます。リドカイン(キシロカイン)といった薬剤は、無痛分娩や会陰切開にも使用されるもので、必要最小限の量を使用することでリスクを極力抑えています。

残念ながら、100%安全な薬はありません。

どの薬の添付文章にも「妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。 [妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。] 」と掲載されています。

安全性に最大限配慮されていますが、不安がある場合は産婦人科医または整形外科の医師によく説明を受けるようにしましょう。

妊娠初期から接骨院や整骨院、整体は行っていいの?

妊娠初期から接骨院や整骨院、整体は行っていいの?

妊娠している初期は、急に体調が悪くなったり出血や腹痛が起こりやすい時期です。この時期から、腰痛の治療を行う接骨院や整骨院、整体はほとんどありません。

骨盤ベルトなどで改善することをおすすめします。

腰痛はいつまで痛い?

妊娠初期からの腰痛は、妊娠後期まで続くことがあります。これは、出産に備えて子宮を柔らかくするホルモンである黄体ホルモンが分泌されて、骨盤や腰を支える筋肉が柔らかくなってしまうため腰痛になる妊婦さんが増えます。

腰痛が辛い症状ですが、妊婦健診のときに助産師や産婦人科の医師に解消法を聞いて実行するようにしましょう。

くれぐれも、自己判断で湿布を貼ったり、ツボ押し、マッサージをすることはしないようにしてください。

妊娠初期から腰痛になる原因

妊娠初期から腰痛になる原因

妊娠初期から腰痛になる原因は、

・つわりによる運動不足。
・動きすぎによる腰痛。
・子宮の成長による骨盤内血流の悪化。
・ホルモンバランスの急激な変化。
・妊娠による重心の変化、姿勢。

このようなことが原因で腰痛の症状が出ます。

つわりによる運動不足。
つわりの症状が出ると、ムカムカや吐き気があって、体を思うように動かすことができなくなる妊婦さんも多いです。

妊娠初期では運動不足になりがちです。

動きすぎによる腰痛。
つわりの症状を感じない妊婦さんも意外と多いです。

体が軽快に動くため、つい活発に動いて腰痛になることもあります。

子宮の成長による骨盤内血流の悪化。
子宮が成長して大きくなるにつれて、骨盤内の臓器や血管が圧迫されることになります。臓器や血管が圧迫されることで血流が悪くなって腰の痛みとして症状が出てきます。

ホルモンバランスの急激な変化。
妊娠することによって、体内のホルモンバランスが急激に変化することになります。

妊娠して初めて分泌されるhCGや黄体ホルモンや卵胞ホルモンといった女性ホルモンのバランスが急に変わります。

この中で黄体ホルモンが子宮を柔らかく作用があって、骨盤まわりや背骨を支える筋肉や靱帯に影響して張ってきます。筋肉の張りが腰痛の原因になります。

妊娠による重心の変化、姿勢。
子宮が大きくなってお腹が大きくなると、身体の重心がお腹側に移ってきます。そうすると身体がバランスを取ろうとして、後屈するような状態になって腰回りにストレスとなって負担をかけることになります。

妊娠初期の腰痛は、安静にしたほうがいい場合とストレッチや腰痛体操などで動かしたほうがいい場合があります。腰痛の症状が出たら、産婦人科の担当医か整形外科の医師と要相談して治療するようにしましょう。

関連記事:
妊娠初期の腰痛@対策や流産との関係
妊娠超初期症状の腰痛

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期のママに知ってほしいことがあります。

妊娠初期は、赤ちゃんにとって神経や心臓、背骨など重要な器官を形成する時期です。

この時期に、葉酸が不足すると、無脳症や二分脊椎などの先天性異常のリスクが高くなるという事実です。

このことは、世界的な疫学的調査で判明したことで、日本でも、2002年より厚生労働省が妊娠初期の女性に対して葉酸を積極的に摂取するように通知を出しています。

葉酸は、日頃の食事でも摂取できますが・・・
妊娠初期は葉酸を摂取が大事

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように注意してください。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

妊娠したら気を付けること、注意点

妊娠したら気を付けること、注意点をまとめてみました。下記ページを読んでみてください。

妊娠初期、超初期の注意点
妊娠初期の注意点

妊娠初期にやるべきこと、することをまとめました。じっくり読んでみてくださいね。

妊娠初期にやるべきこと、すること
妊娠初期にやるべきこと、やること、することまとめ。

この他、妊娠初期の注意点は、妊娠初期、超初期の注意点や気を付けることで説明しています。

妊娠したい人向けの情報は、妊娠したい!妊娠希望なのに、できない原因は?生理不順の人は産婦人科を受診。で紹介しました。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠初期のママにおすすめの記事一覧

妊娠中期のママにおすすめの記事一覧

妊娠したいママにおすすめの記事一覧

妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ //www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 妊娠初期症状でちくびが痛い?かゆい?胸が痛い、乳首痛。
  • 妊娠初期の出血が鮮血や塊は流産?
  • 妊娠初期の飲酒の影響、気づかず飲酒したときは?
  • 妊娠初期のタバコの影響、流産と副流煙
  • 妊娠初期のお腹の張りと痛み、お腹が張るのは大丈夫?