40代、45歳で妊娠したら?高齢妊娠のリスク。

40代、45歳で妊娠したら?高齢妊娠のリスク。

40代、45歳で妊娠したら?

40代、45歳で妊娠

40代、45歳ともなれば、高齢妊娠となります。産婦人科的には35歳を過ぎると高齢になります。

高齢妊娠の問題点として、

・流産率が高い。
・妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病のリスクが高い。
・染色体異常や先天代謝異常胎児の異常率が高い。
。前置胎盤のリスク。

このようなリスクがあります。

高齢妊娠のリスクは流産率

高齢妊娠のリスクは流産率

20代に比べて、30代、40代の流産率が高くなることが分かっています。

20代では約15%の流産率ですが、35~39歳では20%、40歳以上では40%以上と年齢が高くなると流産率が増加します。

このことから、若い妊婦さんと同様に規則正しい生活を送り、体に負担を掛けないようにすることが大切です。

栄養がある食事に気を配って糖分や塩分を取り過ぎないようにします。

仕事を持っている妊婦さんは、職場でのストレスをため込まないようにして上手に解消するようにしましょう。

満員電車は気分が悪くなる原因なので、通勤時間をずらすことはできないか上司に相談してみるのも方法の一つです。

また、日常生活でも無理をしないようにしましょう。パパや家族に協力してもらって十分に体を休めるようにします。

また、十分な睡眠時間を確保することも大切です。妊娠初期は眠れない、不眠の症状がありますが、妊娠2ヶ月ごろまでに治まってくることが多いです。寝る前のスマホやTVは止めて脳を休ませるようにすると睡眠の質が上がります。

特に高齢妊娠だからといってすることはありません。体調が良ければ軽い運動をして気分転換してみましょう。

関連記事:
高齢妊娠の可能性は何歳まで?

妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病のリスクが高い。

妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病のリスクが高い。

高齢になると、妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病といった生活習慣病になるリスクが高くなります。

妊娠高血圧症候群は、高血圧とタンパク尿が2大症状で、以前は「妊娠中毒症」と呼ばれていました。

原因はよく分かっていませんが、胎盤を形成されるときにうまくいかずに血管を傷つける物質が放出され、妊娠中期・後期で発症してしまうと考えられています。

妊娠高血圧症候群は、経過が順調なら赤ちゃんに問題がないことが多いです。しかし、胎盤の機能が低下してしまうと赤ちゃんの成長に影響が出ることもあります。

妊娠の継続が困難なケースは帝王切開となります。

妊娠糖尿病は、妊娠中に出る糖尿病でホルモンバランスの変化とカロリーの取り過ぎが原因です。

赤ちゃんへの影響は、巨大児になりやすいリスクがあってお産が長引く傾向があります。出産後の低血糖や呼吸障害になることもありますので、産婦人科医の指示を守ることが大切です。

関連記事:
高齢妊娠のリスクは妊娠高血圧症候群

前置胎盤のリスク。

前置胎盤のリスク。

前置胎盤とは、胎盤が子宮口の近くに位置していることです。前置胎盤が原因で出血を起こすこともあるので、出血を確認したらすぐに産婦人科を受診するようにしましょう。

妊娠中期以降で大出血を起こすリスクがあります。お腹の張りや出血があったらすぐに受診することが大切です。安静を保つために入院が必要なこともあります。

このように、妊娠初期に限らず妊娠中は無理をせずにゆったりと過ごすことが大切です。特にお腹が張ったときは無理をしないで休むようにしてくださいね。

出血や強い腹痛があるときは、すぐに産婦人科に連絡して指示を仰ぐようにしてください。

関連記事:
高齢不妊婦人の問題点

高齢妊娠なら卵子も老化

年齢が高くなるにつれて流産率も高くなります。

流産率が高くなる原因の一つとして卵子の老化があります。

卵子は35歳を過ぎることで急激に老化します。40歳を過ぎると更に老化が進みます。卵子が老化すると、染色体異常のリスクも大きくなり流産する確率も上がります。

40代で妊活するなら、体外受精や人工授精など不妊治療を受けることで妊娠できる確率も上がります。専門家の意見を聞いてみることも方法の一つです。

年齢が高くなることで、妊娠しにくくなるので、早めに不妊外来を受診して妊活を始めるようにしましょう。

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期のママに知ってほしいことがあります。

それは、妊娠初期に大事な栄養素である葉酸が不足してしまうと、「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなるということです。

このことは、世界的な疫学的調査で判明したことで、日本でも2002年より厚生労働省が妊娠初期の女性に対して葉酸を積極的に摂取するように通知を出しています。

葉酸は、日頃の食事でも摂取できますが・・・
妊娠初期は葉酸を摂取が大事

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように注意してください。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

この他、妊娠初期の注意点は、妊娠初期、超初期の注意点や気を付けることで紹介しました。読んでみてください。

妊娠したい人向けの情報は、妊娠したい!妊娠希望なのに、できない原因は?生理不順の人は産婦人科を受診。で詳しく紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠初期のママにおすすめの記事一覧

妊娠中期のママにおすすめの記事一覧

妊娠したいママにおすすめの記事一覧

妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ //www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 高齢で妊娠したい
  • 高齢妊娠のリスクは妊娠高血圧症候群
  • 高齢妊娠の可能性は何歳まで?
  • 高齢と不妊
  • 妊娠確率と年齢