肥満と妊娠中のダイエット

肥満と妊娠中のダイエット

肥満と妊娠中のダイエット

肥満で妊娠中に、ダイエットを自己流で行うのは危険です。必ず産婦人科の医師や助産師さんの指導を受けるようにして、適正な体重になるようにコントロールしていくことが大切です。

特につわりが明けたあとは、食欲が増して食べる量も増えてきます。

妊娠中の体重増加は何kgまで?

妊娠中に増加してよい体重は、7~12kgと言われています。肥満の人なら、5kgぐらいと言われることも。

これぐらいの体重増加を目標にして、体重をコントロールしましょう。

糖分と塩分の摂りすぎに注意して生活習慣や食生活を見直します。

妊娠中のダイエットは危険!

妊娠中のダイエットは危険!

妊娠中に過度なダイエットを行うと、ママが栄養不足になって赤ちゃんの発育に影響することがあります。

特に妊娠初期は、赤ちゃんの重要な器官を形成する時期なので、ダイエットは禁忌事項となっています。

妊娠中のダイエットは、貧血の原因になり体調不良を引き起こす原因になります。

体重を管理するときは、産婦人科の医師や助産師さんと十分に相談してから行うようにしてください。

この次は、妊娠中の体重増加の目標について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠中の体重増加の目標

妊娠中の体重増加の目標

妊娠中の体重増加の目標は標準体重の人で7~12kgと言われています。

自分が標準体重かどうかは、BMIを計算すると分かります。

BMI = 妊娠前の体重( )kg ÷ (身長{ }m × 身長{ }m)

上記の計算式で計算してみましょう。

・BMIが18.5未満 痩せている
・BMIが18.5~25未満 標準
・BMIが25以上 肥満
・BMIが35以上 超肥満

体重には個人差があって、個別の体重増加の目標が必要になります。産婦人科医の医師と十分に相談して目標を決めるようにしましょう。

妊娠中の肥満が赤ちゃんに影響する

妊娠中に肥満があると、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病といった病気になりやすい傾向があります。

お腹の赤ちゃんも巨大児になったり、内臓や肺の機能が未熟になったりします。

肥満になってもいいことはありません。妊娠中に太りすぎないように生活習慣や食生活を見直しましょう。

妊娠中の肥満を改善するために

妊娠中の肥満を改善するために

妊娠中の肥満を改善するには、食事と生活習慣を見直すことが大切です。

食事内容を見直すことで、肥満の人が罹りやすい妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病といった病気の予防にもなります。

妊婦健診のときに、栄養士さんが在籍することもあるので、一度相談してみることをおすすめします。

この他、妊娠と肥満については妊娠と肥満で、妊娠中期の注意点は、妊娠中期の注意点で紹介ました。読んでみてください。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで解説しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 赤ちゃんの障害リスクを劇的に下げる葉酸とは?
  • 赤ちゃんの障害リスクを劇的に下げる葉酸とは?
  • 着床出血の時期の体験談、妊娠経験のあるママに聞いた体験談M.Mさん、S.Oさん、K.Rさんの経験談。
  • 40代の妊娠確率、41歳、46歳、47歳、48歳の妊娠できる確率。
  • 妊娠初期の体験談を募集中です♪