子宮頸管ポリープ

子宮頸管ポリープ

子宮頸管ポリープとは

子宮頸管ポリープは、子宮頸管(子宮の入り口)付近にできる良性の腫瘍です。子宮頸部から飛び出したキノコみたいな形で見えます。症状としては無症状の場合が多いですが、内診や性交渉によってポリープから出血を起こすことがあります。

出血は性交渉の後や内診、激しいスポーツの後が起こりやすいとされます。

ポリープが炎症を起こして絨毛膜羊膜炎を引き起こすこともあります。絨毛膜羊膜炎が卵膜全体に広がると子宮が収縮したり破水してしまって早産となるリスクが高いとされています。

絨毛膜羊膜炎とは?
絨毛膜羊膜炎とは、赤ちゃんや羊水を包み込んでいる3層の膜(卵膜)のうち絨毛膜と羊膜に炎症がおきる疾患です。膜全体に炎症が広がると子宮が収縮したり破水するリスクが高まり早産の原因の一つとなっています。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


スポンサードリンク

子宮頸管ポリープの大きさ

子宮頸管ポリープの大きさ

ポリープの大きさは個人差がありますが、米粒ぐらいから小指の先ぐらいの大きなものまであります。

子宮頸管ポリープは、ほとんどが良性の腫瘍であるため妊娠に影響がないと判断されれば経過観察となる場合があります。しかし、流産する危険性があるときはポリープ切除術を行うことがあります。

切除術は内診とともに行うことができて、痛みもほとんどありません。ポリープが大きい場合は手術室で切除されます。

切除された腫瘍は、子宮がんと見分けるために細胞診に出され検査されます。

ポリープを切除するかどうかは医師によって判断が違い難しいところです。切除すれば破水や早産のリスクが高まると言う意見や出血が感染症になるリスクを高めるため予防的に切除したほうがよいという意見があります。

切除される時期は胎盤が完成する4ヶ月目以降が多いですが、妊娠に影響があると判断されれば妊娠週数に関係なく切除されるようです。

切除するかどうかは、ポリープの位置や大きさ、形状、妊娠週数や出血の有無など総合的に判断されます。可能性として破水や早産の危険性があるため、担当の医師とよく相談することが大切です。

子宮頸管ポリープが不妊の原因に?

子宮頸管ポリープが不妊の原因に?

子宮頸管ポリープは、子宮がん検診などで見つかることが多いです。ほとんどは良性でがんになりにくいです。妊娠していない場合は不妊の原因となることも指摘されているので、妊娠前なら切除したほうがよいとされます。

不妊になる原因はこれだけではありませんが、妊娠する上での障害となるようなのでポリープが見つかった場合は、切除するかどうか十分に話し合いましょう。

子宮頸管ポリープは生理不順の原因の一つです。生理不順をまとめた生理不順で詳しく紹介しています。

妊娠初期の症状や兆候については初期妊娠症状でまとめています。参考にしてください。

妊娠初期(12週未満)の出血については初期妊娠症状で詳しく説明しています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 赤ちゃんの障害リスクを劇的に下げる葉酸とは?
  • 赤ちゃんの障害リスクを劇的に下げる葉酸とは?
  • 着床出血の時期の体験談、妊娠経験のあるママに聞いた体験談M.Mさん、S.Oさん、K.Rさんの経験談。
  • 40代の妊娠確率、41歳、46歳、47歳、48歳の妊娠できる確率。
  • 妊娠初期の体験談を募集中です♪