妊娠超初期にオリモノが少ない?喉が痛い、鼻が詰まる症状、カンジタにも注意!

妊娠超初期にオリモノが少ない?

妊娠超初期

妊娠超初期とは、妊娠0~3週までの期間のことです。妊娠0~2週までは赤ちゃんはお腹の中にいないので症状を感じることはないと言われますが、妊娠に敏感な人は様々な症状を感じているようです。

ここでは、妊娠超初期症状を経験した妊婦さんの体験談を元に症状などを詳しく紹介しています。

妊娠超初期にオリモノが少ない?

妊娠超初期にオリモノが少ない?

妊娠の超初期の時期にオリモノに変化が現れることがあります。先輩ママの体験談では、オリモノの量が増えたという経験談が多いですが、オリモノの量が少ないと答えたママも少なからずいます。

量が増えたり少なくなるのは個人差が大きいようですね。

このほかにも、鼻が詰まる、喉が痛いなど風邪に似た症状が出ます。喉が痛いし微熱もあって風邪かな?と思っていたら妊娠していたというママも多いです。

妊娠中はカンジタなど感染症にも注意!

妊娠超初期にオリモノが少ない?

妊娠中は、免疫力も落ちているのでカンジタなどの感染症にかかりやすくなっています。カンジタになると、オリモノが変化したり、あそこが痒くなるなどの症状が出てきます。

妊娠中でのカンジタの治療は、主に膣内に抗真菌剤を入れて治療することが多いです。薬は妊娠中でも安全性が高い抗真菌剤が処方されます。

カンジタは再発しやすいので、しっかりと治療することが必要です。非常に痒い症状があるので、少しでも早く治療を開始したほうがいいので、妊婦健診のときや痒くてたまらないときは、すぐに産婦人科を受診して治療するようにしてください。

妊娠超初期症状のおりもの

妊娠超初期症状のおりもの

妊娠超初期症状のおりものは、通常より量が多めでサラサラしたものになった人が多いようです。一方で、普段と変わらなかったという人もいて個人差が大きいようです。

妊娠超初期のおりものは、透明か白色が多いです。匂いは無臭か少し酸っぱい匂いがします。悪臭やキツイ匂いがある場合は何か異常が起こっているサインかもしれません。

おりものは、健康を知る上で大事なものです。ピンク色や茶褐色の色が付いていると出血を起こしている可能性があります。すぐに産婦人科を受診して診察を受けるようにしましょう。

この他にも、黄色や黄緑色は細菌性膣炎、水っぽいものはクラミジア頸管炎、パサパサしたものはカンジタ膣炎、クリーム色はトリコモナス腟炎が疑われます。詳しくは妊娠超初期症状のおりもので説明しています。

妊娠超初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠超初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠超初期といわれる0週~3週ごろは、先天性異常のリスクに注意するようにしましょう。

この時期は、赤ちゃんの脳や脊髄、心臓や肺といった重要な器官を形成する大切な時期です。

ここで、葉酸が不足すると、「無脳症」や「二分脊椎」といった先天性異常のリスクが高くなることが研究で明らかになっています。

葉酸は、普段の食事でも摂取できますが、不足しているのが現状です。

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように注意しましょう。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

この次は、受精から着床までの流れと妊娠超初期の症状などについて詳しく紹介します。まだまだ続きます。

受精から着床までの流れ

受精から着床までの流れ

妊娠超初期の症状の前に、受精から着床までの流れを見ていくことにしましょう。

■妊娠0週

まだ生理中です。

■妊娠1週

生理直後の状態です。

■妊娠2週

排卵が起きて卵管膨大部で精子と受精します。

■妊娠3週

精子と受精した卵子(受精卵)は、約6日ほど時間を掛けて子宮へ到着します。

■妊娠4週

受精卵は、約6日掛けて子宮内膜に根を下ろします。(着床)

大体妊娠4週ぐらいから、妊娠したときに初めて分泌されるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)が分泌されます。hCGの刺激でエストロゲンやプロゲステロンといったホルモン産生されます。

このことによって基礎体温でいう高温期が維持されて体温が高い状態が続くことになります。

妊娠検査薬はhCGに反応するので、このころから陽性反応が出るようになります。いち早く結果を知りたくて、妊娠3週あたりから検査薬をフライング使用する人がいますが、正確な判定ができないので検査日まで待つことが大切です。

妊活中や人工授精、体外受精などを行っていると早く結果が知りたくなるのは分かりますが、焦らずゆったりと待つように心がけましょう。

妊娠週数の数え方

妊娠週数の数え方

一口に妊娠0~3週と言っても、自分でどの時期か良く分からないことがありますよね。

ここで、妊娠週数の数え方を紹介します。

妊娠0週とは、最終月経日、つまり最後の生理が開始した日が妊娠0週0日(0w0d)となります。生理二日目から妊娠1日目(0w1d)と数えていきます。

7日(7d)で1週(1w)と増えていきます。

受精卵が子宮内膜に着床するのは3w0dぐらいなので、妊娠0週(0w0d)から2週(2w0d)まではお腹の中には赤ちゃんが存在しないことになって初期症状は感じることはないとされます。

それでも、妊娠超初期に様々な症状を経験した妊婦さんもいます。しかし、通常の生理前の症状とよく似ているので、自分では気が付かないことも多いです。

妊娠超初期の症状

妊娠超初期の症状

妊娠超初期の主な症状として

・おりものが増える。
・おりものが少ない。
・おりものがない。
・透明のおりもの。
・白っぽいおりもの。
・頭痛、イライラ。
・のぼせ、微熱。
・顔が火照る。
・喉が痛い。
・風邪のような症状。
・胸が痛い、張る。
・乳首がヒリヒリ。
・腹痛、下腹部痛。
・左右下腹部痛。
・下痢または便秘。
・腰痛。
・股関節痛。
・足の付け根が痛い。
・腰から太ももが痛い。

妊娠超初期には、このような症状を感じることがあるようです。とは言っても、症状が生理のときとよく似ているので妊娠に気が付かない人も多いようです。

妊娠超初期の症状として多いのは、腹痛や腰痛、頭痛などの痛みが出る症状、下痢や胃痛、寒気や汗が出る、暑いなどの症状も出ることがあります。

しかし、症状だけで妊娠しているかどうかは分かりません。妊娠の可能性があるときは、生理予定日または生理予定日1週間後まで待って妊娠検査薬を使って陽性反応が出るが確認しましょう。

妊娠が分かったら、ママと赤ちゃんのために生活習慣や食生活を見直してみましょう。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


妊娠超初期に風邪薬は?

妊娠超初期に風邪薬は?

妊娠超初期に風邪薬を飲んでしまって不安になる方もいると思います。風邪薬がお腹の赤ちゃんに影響があるのか心配になりますね。

妊娠超初期といえば、妊娠0~3週目なので、かなり早い時期になります。妊娠3週ぐらいで着床することが多いので、着床したばかりの時期です。

この時期に飲む薬の影響はないと考えられています。

薬の影響がない理由として、all or noneの法則が適用されることがあります。実際には、薬の栄養があったとしても、着床できないので影響はないとされます。

風邪薬に限らず、妊娠中は常に薬の影響を考えなければなりませんが、妊娠超初期に関してはall or noneの法則が適用されて、影響がある受精卵は着床しないとしています。

妊娠超初期は、ママも妊娠に気が付いていないことが多いので、誤って風邪薬を飲む可能性があります。妊娠の初期症状が風邪に似ていることもあって飲んでしまう可能性もあります。

医学的には、問題はないとされていますが、心配なときは産婦人科の主治医に相談するようにしましょう。

妊娠超初期の出血

妊娠超初期の出血

妊娠超初期の出血で、一番先に疑われるのが妊娠による着床時出血(着床出血)です。これは、ちょうど生理予定日ぐらいのころに出血を起こすことがあります。

着床時出血とは、受精卵が着床するときに生じる出血で月経様出血とも表現されているものです。ちょうど生理と同じような時期にごく少量または生理と同じような量の出血を起こすことで知られています。

ですが、妊娠超初期の出血ということで、着床時出血はこの時期でも最後のほうです。これより早い段階で出血を起こしているなら不正出血の可能性があります。

不正出血は、子宮がんや子宮筋腫、子宮頸管炎、子宮頸管ポリープ、子宮膣部びらんなどの病気やエストロゲンとプロゲステロンといったホルモンが原因の場合があります。詳しくは妊娠超初期の出血で解説しています。

妊娠超初期症状はいつから?

妊娠超初期症状はいつから?

妊娠超初期症状はいつから始まるのか不安になることもありますよね。特に、今まで症状が出ていないと本当に妊娠しているのか分からないと思ってしまうことも。

実際に様々な妊娠症状が現れるのは妊娠3週ごろからということで、妊娠超初期の後半ぐらいから頭痛や胸の痛み、腹痛や腰痛といった症状が現れるようになります。

これ以外にも、微熱や喉の痛み、子宮や卵巣の痛み、足の付け根や股関節、太ももが痛くなるなど人によって出てくる症状も違ってくるようです。

妊娠かな?と思う時期は、大体生理予定日ぐらいからです。生理が来ないのでもしかして?と思って検査したら陽性だったという人も多いです。妊娠が分かったらすぐに産婦人科を受診してください。詳しくは妊娠超初期症状はいつから?で紹介しました。

妊娠超初期の兆候

妊娠超初期の兆候

妊娠超初期の兆候は、感じ取れる人は少ないかもしれません。妊活中の人は、妊娠に敏感になっているので兆候を感じ取れるかもしれませんが、ほとんどの人は感じていないようです。

超初期の兆候といっても、受精卵の着床が始まるのが妊娠3週ごろなので、この時期からの症状ということになります。これ以前は症状がないのが普通です。

妊娠の兆候は、人によって様々ですが、強い眠気やだるさ、生理前のような症状、少量の出血または生理ぐらいの出血などが主な症状と言われています。

自分が気が付かなくても、家族や友人が気が付くこともあります。顔つきが変わったり、上の子が急に甘えん坊になったりと自分より先に妊娠に気が付くケースもあります。詳しくは妊娠超初期の兆候で説明しています。

妊娠超初期の基礎体温

妊娠超初期の基礎体温

妊娠超初期の基礎体温は、高温期が持続している形になります。高温が続くので、通常の体温より0.3~0.5℃ぐらい体温が高い状態になります。

通常、2週間以上高温期が続いた状態になると、妊娠している可能性が高くなります。生理予定日まで体温が高い状態が続いていれば、妊娠検査薬を使って検査してみましょう。

体温が高くなるからといって、38℃以上の高熱の場合は妊娠ではなく風邪やインフルエンザウイルスに感染するなど違う病気の可能性が高くなります。

高熱が続く場合は、産婦人科へ連絡をしてから受診するようにしましょう。受診するときはマスクをするようにしてください。高温期ぐらいの体温なら妊娠の可能性があります。詳しくは妊娠超初期の基礎体温で解説しました。

妊娠超初期症状と生理前

妊娠超初期症状と生理前

妊娠超初期症状と生理前症状は非常によく似ていて、これだけで妊娠と判断するのは難しいでしょう。特に妊娠超初期ですから、妊娠0週~3週の間に症状を感じる人は少ないようです。

少ないと言っても、妊娠に敏感な人は感じ取ることができるかもしれません。微熱や頭痛、喉の痛み、鼻水や鼻づまりなど風邪に似た症状が出ることがあります。

ですが、このような症状は、生理前にも良く出る症状です。生理の前にも同じような症状が出るので、妊娠していることに気が付かない人も多いです。あとから考えると妊娠の兆候だったという人が大半ではないでしょうか?

通常、妊娠に気が付くのは、妊娠4週つまり生理予定日を過ぎた頃がピークです。この時期は妊娠検査薬も使えるので早めに検査して妊娠の有無を調べてみましょう。詳しくは妊娠超初期症状と生理前で説明しています。

妊娠超初期症状で頭痛

妊娠超初期症状で頭痛

妊娠超初期症状で頭痛がありますが、この他にも微熱やだるさ、鼻水や喉の痛みなど風邪と同じような症状が出ることが知られています。この他にも下腹部痛やチクチクした左右の下腹部痛、腰痛、股関節痛など様々な症状が現れます。

妊娠超初期といえば、妊娠3週ごろまでの時期です。妊娠3週ごろに着床が始まるので、敏感な人はこの時期から色々な症状を感じ取る人もいます。

この時期に頭痛が起こる原因として、妊娠による体調変化やホルモンバランスの変化、ストレスなど外的要因などがあります。どの原因も妊娠が深く関係していることが多いです。

しかし、強い頭痛や続く時は違う病気かもしれません。脳出血などの脳疾患は強い頭痛がするのが特徴です。この他にも風邪やインフルエンザウイルスに感染しても頭痛がするので、頭痛が続くなら病院を受診するようにしましょう。詳しくは妊娠超初期症状で頭痛でまとめました。

妊娠超初期症状で吐き気

妊娠超初期症状で吐き気

妊娠超初期症状の吐き気は、妊娠初期の症状としてよく知られている症状です。吐き気の他にも、胃痛や胸焼け、下腹部痛、腰痛、股関節痛、胸の張りなど様々な症状が出てきます。

この時期に吐き気が起こる原因として、ホルモンバランスの急激な変化があります。妊娠すると初めて分泌されるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)などがあり、体内でのバランスが変わって吐き気を起こすと考えられています。

妊娠超初期症状の吐き気は、つわりの前兆の可能性があります。つわりは、早い人で妊娠4週で始まるので、この前触れかもしれません。しっかりと対策していきましょう。

つわり対策としては、食事を数回に分ける、温かいものは食べない匂いがするものには近づかない、アイスやシャーベットを食べる、ぬるい水やお茶を飲まないなどがあります。詳しくは妊娠超初期症状で吐き気で説明しています。

妊娠超初期の胃痛

妊娠超初期の胃痛

妊娠超初期に胃痛を感じる妊婦さんもいるようです。妊娠超初期というと、妊娠0週~3週ぐらいまでなので、この時期の胃痛は違う病気かもしれません。

この時期に起こる胃痛の原因として、妊娠による体内のホルモンバランスの変化があります。ホルモンバランスが急激に変化を起こすことで体調面に色々な影響を及ぼすことが知られています。

妊娠超初期の胃痛対策として、食事は良く噛んで食べる、辛いものや酸味の強いものは避ける、乳製品を食事に取り入れる、脂っこいものは食べないなどがあります。

妊娠の兆候として胃痛などの胃腸症状がありますが、この時期の胃痛は妊娠ではなく違う病気の可能性があります。痛みが続く場合には、医師に妊娠の可能性があることを伝えて診察を受けましょう。詳しくは妊娠超初期の胃痛で紹介しています。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


超妊娠初期症状

超妊娠初期症状

超妊娠初期症状が出る時期は、妊娠超初期の中でも後半の妊娠3週ごろだとされています。この時期は、ちょうど受精卵が着床する時期なので、体調に変化が現れやすくなっています。

体調の変化が起こる原因として、体内のホルモンバランスの変化があります。妊娠によって分泌されるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)と言うホルモンやエストロゲンとプロゲステロンといったホルモンのバランスが急激に変化します。

このホルモンの変化が、自律神経や交感神経に影響して様々な症状を感じるようになります。頭痛や下腹部痛、腰痛といった症状が主な症状です。

超妊娠初期症状を感じないという人も、妊婦さん全体の2~3割ぐらいいると言われています。ですが、強い眠気やだるさも妊娠の症候なので気が付いていないだけかもしれません。詳しくは超妊娠初期症状で説明しています。

妊娠超初期症状の腰痛

妊娠超初期症状の腰痛

妊娠超初期症状の腰痛は、妊娠初期の症状としてよく知られているものです。腰痛の他にも頭痛や腹痛といった症状が現れることがあります。

妊娠超初期といえば、妊娠0~3週ごろまでの期間ですが、具体的な症状が出るのは妊娠3週ごろからが多いです。それ以前に何らかの症状を感じる人は少数です。

腰痛が起こる原因としては、妊娠によるエストロゲンとプロゲステロンといった女性ホルモンの増加とhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)などの初めて分泌されるホルモンバランスの変化です。

女性ホルモンのバランスが変化すると、胸が大きくなる、子宮が柔らかくなる、腰痛になりやすい、シミができやすくなる、尿がたまりやすい、頻尿になるなどの症状が出てきます。詳しくは妊娠超初期症状の腰痛で解説しています。

この他、妊娠初期に気をつけることは妊娠初期に気をつけることで、妊娠初期の注意点は妊娠初期の注意点でまとめました。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 妊娠超初期症状で足がつる、太ももが痛い原因は?
  • 妊娠超初期の胃痛、胃の痛みは妊娠の兆候?
  • つわりの症状、妊娠超初期症状で吐き気、妊娠三週目でつわりの症状が出ることも。
  • 超妊娠初期症状まとめ、お腹がぐるぐる鳴る下痢、吐き気?
  • 妊娠超初期症状の腰痛