妊娠初期のかゆみ、顔、足、陰部、股、あそこ、全身にかゆみが出る原因と対策

妊娠初期のかゆみ

妊娠初期のかゆみ、顔、足、陰部、全身にかゆみが出る原因と対策

妊娠初期のかゆみに悩む妊婦さんは、以外と多くいるようです。

かゆみは、気になる程度から夜も眠れないぐらいかゆくなるものまで様々です。

顔や首、足、陰部やあそこがかゆいなど全身にかゆいところがあります。

かゆいところを掻いてしまうと、皮膚が炎症を起こしたり化膿したりする可能性があります。かゆみが止まらないときは、産婦人科や皮膚科に相談するようにしましょう。

デリケートゾーンの外陰部やあそこ、股がかゆいときは、カンジタ膣炎かもしれないので、産婦人科で検査して治療する必要があります。

この次は、各原因の紹介と妊娠初期のかゆみの対処法、外陰部や股のかゆみについて詳しく紹介します。まだまだ続きます。

妊娠初期のかゆみの原因

妊娠初期のかゆみの原因

妊娠初期にかゆみが出る原因として

・体内の水分不足。
・皮膚が敏感になる。
・下着の繊維刺激。
・陰毛によるデリケートゾーンへの刺激。
・雑菌の繁殖。

このようなかゆみが出る原因があると考えられています。

かゆみが出る原因

■体内の水分不足。

妊娠によるホルモンバランスの変化で、体内の水分が不足がちになります。赤ちゃんの成長に必要な成分が優先的に送られるためママの水分が不足します。

体内の水分が不足すると、皮膚の下に貯蔵されている水分も不足して肌が乾燥してかゆみが出てきます。

■皮膚が敏感になる。

妊娠中は、抵抗力が低下して肌も敏感になっています。肌へのちょっとした刺激がかゆみを引き起こします。

■下着の繊維刺激。

下着の縫い目や繊維質が肌を刺激してかゆくなります。陰部や股が痒くなる原因です。

■陰毛によるデリケートゾーンへの刺激。

陰毛が濃い場合は、デリケートゾーンである股や陰部を刺激してかゆくなることがあります。

妊娠中は、おりものの量が増えることが多いので、陰毛を適切に処理することが大切です。

■雑菌の繁殖。

汗をかいたあと、長い時間放置しておくと雑菌と一緒になって変化して、肌に赤みがでたりブツブツができたります。ちょうどあせものような湿疹ができることもあります。

また外陰部では、膣内の細菌バランスが変化して雑菌が繁殖して。かゆみや異臭の原因になります。

妊娠初期のかゆみの対処法

妊娠初期のかゆみの対処法

妊娠初期のかゆみに対処する方法として

・肌を清潔に保つ。
・低刺激の石けんを使う。
・ナイロンタオルはNG。
・かゆみにクリーム。

このような、かゆみ対策があります。

■肌を清潔に保つ。

常に肌を清潔に保つことが大切です。汗をかいたらすぐにシャワーを浴びる、汗はタオルで拭き取るなど肌を清潔にするようにしましょう。

■低刺激の石けんを使う。

肌に優しい低刺激の石けんで洗うようにします。洗浄力の高い石けんを使うと、肌を傷める原因になるので、なるべく刺激が少ない石けんで洗うようにしましょう。

■ナイロンタオルはNG。

妊娠中は肌が敏感になっているので、ナイロンタオルやボディブラシなど刺激の強いものは使わないようにしましょう。

お風呂上がりも、肌触りがよいタオルで拭くようにしましょう。

■かゆみにクリーム。

かゆみの原因が肌の乾燥であることがあります。乾燥しないように、保湿する目的でクリームやローションを塗るようにしましょう。

肌に刺激を感じるときには、皮膚炎を起こしている可能性があるので病院で治療するようにしましょう。

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期に、重要な栄養素である葉酸が不足すると、「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなることが明らかになっています。

これは、世界的な疫学的調査で分かったことで、日本でも2002年から厚生労働省が妊娠前と妊娠初期の方に積極的に摂取するように通知を出しています。

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように十分に注意するようにしましょう。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

この次は、妊娠初期のかゆみに市販のかゆみ止めは?と外陰部のかゆみについて詳しく紹介します。まだまだ続きます。

妊娠初期のかゆみに市販のかゆみ止めは?

妊娠初期のかゆみに市販のかゆみ止めは?

かゆみが辛くて、市販のかゆみ止めを使うかどうか迷っているママも多いと思います。

ですが、安易に市販のかゆみ止めを使うことは控えるようにしてください。

市販の薬の中には、妊娠中に使ってはいけない成分が含まれていることがあります。素人では判断できないので、市販のかゆみ止めを使う前には必ず産婦人科医に相談してから使うようにしましょう。

妊娠初期の外陰部のかゆみ

妊娠初期のころから、外陰部やあそこにかゆみを感じることがあります。この部分のかゆみは、おりものシートや蒸れによるかゆみと膣カンジダ症によるかゆみに分けられます。

膣カンジダ症による膣炎は、素人では判断できないので、産婦人科を受診して診断、治療を行うようにしてください。

妊娠前・妊娠初期に絶対必要な葉酸

妊娠初期に葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この他、妊娠初期の注意事項は妊娠初期の注意事項で、気をつけることは妊娠初期に気をつけることで解説しています。

妊娠初期の注意点は妊娠初期の注意点でまとめました。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで詳しく解説しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 妊娠初期・超初期妊娠症状の兆候まとめ!発熱や喉の痛み、筋肉痛、股関節痛はあるの?
  • 妊娠初期、超初期の注意点や気を付けること
  • 妊娠初期の出血?鮮血やピンク色のおりもの、生理みたいな量が出る?
  • 妊娠初期、超初期に気を付けること@プールは?食べ物や運動、服装、インフルエンザ、おりものがオレンジ色。
  • 妊娠初期にレントゲン撮影、健康診断でX線撮影は大丈夫?