妊娠初期・超初期妊娠症状の兆候まとめ

妊娠初期・超初期妊娠症状の兆候まとめ

妊娠初期・超初期妊娠症状の兆候

妊娠初期はホルモンバランスが大きく変化する時期です。

とりわけ妊娠してから間もない超初期妊娠症状は様々なものがあります。

中には症状がないという人もいて、感じ方には個人差があります。

あとから思えば、あれが妊娠初期の症状だったと思うことのほうが多いようです。

生理前の症状との違いがないときもあり気がつかないことも。妊娠検査薬などでチェックして陽性となったら早めに病院へ行きましょう。

主な症状や兆候

妊娠初期・超初期妊娠症状の兆候まとめ3

妊娠初期の症状は幅が広く、頭から足まで様々な症状を感じることがあります。

主な症状をみてみると

・頭痛があったりクラクラ、めまい
・イライラしたり鬱のような情緒不安定
・口内炎ができる
・食べ物などのにおいに敏感
・体にほてりを感じる
・悪寒や寒気を感じる
・咳やくしゃみ、鼻水が出る
・風邪のような症状

妊娠初期・超初期妊娠症状の兆候まとめ4

・息苦しい、息切れや動悸
・胸が張る、胸が痛い
・筋肉痛になる。
・ゲップや胸焼け
・胃痛、ムカムカする感じ
・喉が渇く、喉の痛み
・胃もたれ、みぞおちに痛み
・だるい、全身に倦怠感
・食欲がない・食欲不振
・下痢になったり便秘になったり
・子宮の辺りに生理痛に似た鈍痛
・お腹が張る、膨満感を感じる。
・お腹にガスがたまる
・下腹部にチクチクした痛み
・右下腹部に痛みを感じる
・足がだるい。足のむくみ
・股関節や足の付け根に痛み
・恥骨や尾てい骨に痛みを感じる

妊娠初期・超初期妊娠症状の兆候まとめ5

・じんましんやニキビや吹き出物
・おならが出る。
・下痢気味となり下腹部に違和感
・おりものの量が増えたり、
・白色や水っぽいおりものがでる
・寝汗をかく
・眠りが浅い・寝不足・眠れない
・発熱や微熱が続く

妊娠初期・超初期妊娠症状の兆候まとめ6

上記のような症状とは反対に

・食欲旺盛になる。
・すごく眠い、いつも眠気を感じる。

このような反対の症状を感じる人もいます。

上記の症状は、生理前の症状とよく似ており、自分が妊娠していると気が付かない人も多くいるようです。

妊娠したかな?と思ったら、妊娠検査薬でチェックしてみましょう。

妊娠前・初期に必要な葉酸

妊娠前と妊娠初期に葉酸を摂取することで、先天性の異常である神経管閉鎖障害のリスクを低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

妊娠前・初期に必要な葉酸
妊娠前・初期に必要な葉酸

この次は、妊娠の兆候や妊娠とたばこ、アルコールについて詳しく紹介しています。まだまだ続きます。

スポンサードリンク

妊娠の兆候

妊娠初期・超初期妊娠症状の兆候まとめ7

妊娠の兆候は、上に示したように色々な兆候となって現れています。

比較的多いのが下腹部の痛み、鈍痛やチクチク下痛みを感じる人が多いみたいです。また、においに敏感になり、車のにおいや押し入れのにおいで吐き気を感じた人も。

私も、においに敏感になって、柔軟剤の匂いを嗅いだだけで気持ち悪くなっていました。

排水溝の匂いもダメでした。。。

また、胸が張るような感じになったりお腹に違和感を感じていました。今考えると妊娠の兆候だったような気がします。

この他にも、鼻水が止まらないことや喉の痛みなど風邪に似た症状を感じる人も多いです。あと、股関節や足の付け根に痛みを感じることもあるようですね。

生理予定日前に感じる超妊娠初期の症状は、ほとんどの人が感じることなく過ごしています。妊娠を期待している人はもしかして?と感じることも。

妊娠初期は、黄体ホルモン(妊娠を維持するホルモン)が多量に分泌されるので、体調にも変化が現れるようになっています。症状を感じたら、薬局で妊娠検査薬を買って妊娠しているか調べることをおすすめします。

病院を受診すると確実に分かりますので、病院を受診するとよいでしょう。

妊娠初期の出血について

妊娠初期の出血があるときは注意が必要です。出血の種類は色々あり、茶色のおりものや生理様出血、真っ赤な鮮血などがあります。

このような出血は胎盤を作る過程で出ているもので少量の出血を伴います。

しかし、少量の出血が続く場合や大量の出血を伴う場合は切迫流産の可能性があります。また、レバー状の血の塊や内容物、卵の白身のような半透明ゼリー状の塊が出ると切迫流産となっている可能性があります。

出血が続いて下腹部の痛みなどがあれば、自己判断せずに病院に電話して指示を仰ぐか直接受診するようにしてください。

詳しくは妊娠初期の出血を参照してください。

超妊娠初期症状まとめ

妊娠初期・超初期妊娠症状の兆候まとめ9

最近では、妊娠の初期の初期を超妊娠初期症状として区別するようになっています。超妊娠初期症状は生理前症状と変わらないことが多く見分けることは難しいです。重い生理前症状であるPMS(月経前症候群)に似た症状があることもあり、ますます分かりにくくなっています。生理予定日前にフライングして検査しても陰性の場合が多いです、生理予定日を過ぎてから使うようにしましょう。

詳しくは超妊娠初期症状まとめで説明していますので読んでみてください。

妊娠初期の注意点

妊娠初期でやってはいけないことは、お酒やたばこです。これは絶対に避けたいことです。

妊娠初期・超初期妊娠症状の兆候まとめ10

妊娠とたばこ

妊娠初期のたばこ002

妊娠が分かったら禁煙すべきです。妊娠中にたばこを吸い続けていると子宮内胎児発育遅延になる可能性があります。また、流産、早産、前置胎盤、胎盤早期剥離の危険性が大幅にアップします。(通常の2・3倍)

たばこを吸う本数が多くなれば早産率が上がるのも分かっています。ポーランドシークエンス(胸と腕の血流障害により一側性胸筋欠損と合指症を生じる)や口唇・口蓋裂の発生率も増加すると言われています。

今、ここを読んでいる人は妊娠中にたばこを吸っていいかどうか迷っているのだと思います。奇形率が何%だから私は大丈夫という免罪符を探しているようにみえます。

たばこを吸うと血流が悪くなり、胎盤にたくさんの血栓が付着しているそうです。大事な赤ちゃんに栄養を運ぶことができなくなっているのです。

赤ちゃんが生まれてから障害が分かって「たばこを止めていればよかった」と後悔しないためにも今すぐ禁煙に取り組んでください。

産婦人科医でも、イライラするなら2・3本すってもいいという人もいますが、お母さんのストレスより赤ちゃんへの影響がはるかに大きいのです。

幸い妊娠初期で禁煙するとリスクは通常の場合とほぼ変わらなくなるそうです。頑張って禁煙しましょう。たばこは副流煙も問題ですので、旦那さんが喫煙している場合は協力してもらいましょう。

妊娠とアルコール

妊娠初期のアルコール001

妊娠中のアルコールは胎児に重大な影響を及ぼすことが分かっています。胎児性アルコール症候群と呼ばれるもので、妊娠初期には顔面が変貌する特異顔貌が生じたり、妊娠中後期では胎児発育遅延や中枢神経障害が起こったりします。

妊娠中と授乳中のアルコールは絶対にダメです。少しなら大丈夫ということもありません。飲んでいる量に関係なく発症するリスクがあります。

胎児性アルコール症候群を予防する方法は一つです。それは、「アルコールを飲まないこと」。これで100%予防できます。100%予防できるってすごいですよね。

アルコールというと日本酒やビール、チューハイなどを思い浮かべますが、マルチビタミンサプリやアルコール・リキュールを使ったお菓子にも入っているので注意してください。

妊娠初期の飛行機

妊娠初期や超妊娠初期に帰省やハネムーンで飛行機に乗る予定ができてしまうことがあります。

妊娠初期・超初期妊娠症状の兆候まとめ11

妊娠初期に飛行機に乗ることは賛否両論あり、判断が難しいときも。

主にクリニックや産院の意見を中心に乗っていいかどうか調べてみました。どうしても乗らなくてはいけない事情の時だけ飛行機に搭乗するのがいいのではないでしょうか?

妊娠初期の飛行機で詳しく書いていますので読んでみてください。

妊娠初期の歯医者

妊娠初期に歯が痛くなっても歯医者に行くのをためらっている人も多いと思います。

妊娠と歯医者001

歯の治療で使う麻酔が赤ちゃんに影響するかどうか心配で歯の治療を受けることができないというのが理由のようです。

一般的に妊婦さんが虫歯の治療を避ける時期はなく痛みがあれば早めに歯医者を受診することをおすすめします。

詳しくは妊娠初期の歯医者で説明しています。

妊娠初期の妊娠検査薬

妊娠検査薬は、手軽に妊娠しているかを調べることができる検査薬です。

妊娠初期の妊娠検査薬001

検査方法は、尿中のhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)を検出して表示するものです。

初期や超初期のときは妊娠していても陰性となることがあります。

検査薬によっては生理予定日から使用できものもあり99%以上の精度で妊娠が分かるようになっています。

妊娠初期の妊娠検査薬で詳細を説明しています。参考にしてください。

妊娠の兆候

妊娠の兆候を感じたら、赤ちゃんとママの健康を第一に考えましょう。不規則な生活や偏った食事は健康によくありません。赤ちゃんのことを考えて栄養豊富なバランスの良い食事を摂るようにしましょう。

妊娠の兆候は、感じる人と全く感じない人に分かれます。あとからあれは妊娠の兆候だったと感じる人も多いようです。体調の変化は軽微なものから大きいものまで様々です。

この他の妊娠の兆候や注意点は妊娠の兆候に詳しく載せています。

妊娠初期のコラム

妊娠初期コラム

■妊娠初期のインフルエンザに注意(2014/11/20)
ここ最近、寒い日が続きますね。

10月をすぎると、風邪やインフルエンザが流行する季節になります。

妊娠していると、新型インフルエンザに限らず、流行性のインフルエンザにならないか不安になると思います。

妊婦さんや乳幼児、高齢の人は重症化して肺炎になることもあるので注意が必要です。

予防接種をすると、インフルエンザになる確率も大きく減少することが分かっています。でも、妊娠しているのに、予防接種を受けていいの?と思いますよね。

そこで、日本産婦人科学会のHPを調べてみました。

日本産婦人科学会によると、

“妊婦へのインフルエンザワクチンに関しては安全性と有効性が証明されています。昨シーズンの新型インフルエンザワクチンに関しても、妊婦における重篤な副作用報告はありませんでした。チメロサール等の保存剤が含まれていても安全性に問題はないことが証明されています。”

参考:妊娠している婦人もしくは授乳中の婦人に対してのインフルエンザに対する対応Q&A

ということで、妊娠していても、インフルエンザワクチンの安全性と有効性が証明されています。

インフルエンザワクチンは、重篤なアナフィラキシーショック(副作用)が100万人当たり2~3人起こるとされていて、卵アレルギーがある人は危険性が高いとされています。

卵アレルギーを持っている人は注意してください。

卵アレルギーがある人のインフルエンザの対応は発症後になります。

”1)発症(発熱)したら、ただちに抗インフルエンザ薬(タミフル)を服用(1日2錠を5日間)するよう指導します。

2)罹患者と濃厚接触した場合には、ただちに抗インフルエンザ薬(タミフル、あるいはリレンザ)を予防的服用(10日間)するよう指導します。”

症状が出たらどうするのでしょうか?

インフルエンザのような症状が出たら?
高い熱や全身倦怠感など、インフルエンザのような症状が出たら、すぐに産婦人科へ連絡して指示を仰ぎます。

直接産婦人科を受診してはいけません!

妊婦さんは、免疫力や抵抗力が落ちているため、インフルエンザにかかりやすくなっています。他の妊婦さんに感染させてしまう危険性があるので、直接受診するのはNGです。

日本産婦人科学会では、原則としてかかりつけの産婦人科を受診するようにすすめています。まずは、かかりつけの産婦人科に連絡して指示を仰ぐようにしましょう。

インフルエンザに感染していることが分かると「発症後48時間以内のタミフル服用開始(確認検査結果を待たず)が重症化防止に重要」ということでタミフルを処方されることが多いようです。

ここで、心配なのがタミフルなどの抗インフルエンザウイルス薬の安全性ですね。

平成21年に多数の妊婦(推定で4万人程度)が抗インフルエンザ薬(タミフル、リレンザ)を服用しましたが、胎児に問題があったとの報告はあがってきていません。

妊娠初期の接種においても、確率が高いという報告もありません。

上記のことを考えると安全性は高いといえます。

何事もそうですが、妊娠初期の行動は自己判断せずに、必ず産婦人科の医師と相談してから行うようにしてください。

授乳中にインフルエンザになったら?
授乳中にインフルエンザになっても、原則,母乳栄養を行います。

ママが重症で、赤ちゃんに直接授乳できないときは、搾乳して他の人に授乳してもらいます。

ほ乳瓶や乳首の洗浄は通常通りです。

インフルエンザの予防投与は自己負担
妊娠初期~後期にかけて、パパや家族がインフルエンザと診断されたときには、妊娠中でも抗インフルエンザウイルス薬による予防投与をすることがあります。

・タミフルの場合
予防投与:75mg錠 1日1錠(計75mg)10日間
・リレンザの場合 
予防投与:10mgを1日1回吸入(計10mg)10日間

このような投与量と投与期間になっています。

妊婦さんは、インフルエンザになると重症化しやすいと言われています。新型インフルエンザになって入院した妊婦さんが、早産率が高いことも報告されています。

また、タミフルなど抗インフルエンザウイルス薬を、感染から48時間以上経過してから服用しても十分な効果が得られずに重症化しやすいとされています。

症状を感じたら、早めの受診が大切になります。

今回のインフルエンザワクチンや抗インフルエンザウイルス薬などの服用も、医師から十分な説明を受けてから接種、服用するようにしましょう。

インフルエンザの予防には、手洗いとうがいの励行が推奨されています。また、この時期には、人混みへの外出を避けるなど予防に努めましょう。

インフルエンザの予防は、ママだけでなくパパや家族も一緒に予防することが大切です。家族で手洗い、うがいをしてインフルエンザや風邪にかからないようにしましょう。

悪阻つわり
超妊娠初期症状

やってはいけないこと
車の運転やインフルエンザ

妊娠へ戻る。

スポンサードリンク
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前・初期に必要な葉酸
妊娠線のケアは今!
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 排卵してるのに不妊?
  • 着床後の症状
  • 着床しやすくするには?
  • 妊娠と感染症
  • 妊娠初期の注意点