妊娠初期・超初期妊娠症状の兆候まとめ

妊娠初期・超初期妊娠症状の兆候まとめ

妊娠初期・超初期妊娠症状の兆候

妊娠初期はホルモンバランスが大きく変化する時期です。

とりわけ妊娠してから間もない超初期妊娠症状は様々なものがあります。

中には症状がないという人もいて、感じ方には個人差があります。

あとから思えば、あれが妊娠初期の症状だったと思うことのほうが多いようです。

生理前の症状との違いがないときもあり気がつかないことも。妊娠検査薬などでチェックして陽性となったら早めに病院へ行きましょう。

主な症状や兆候

妊娠初期・超初期妊娠症状の兆候まとめ3

妊娠初期の症状は幅が広く、頭から足まで様々な症状を感じることがあります。

主な症状をみてみると

・頭痛があったりクラクラ、めまい
・イライラしたり鬱のような情緒不安定
・口内炎ができる
・食べ物などのにおいに敏感
・体にほてりを感じる
・悪寒や寒気を感じる
・咳やくしゃみ、鼻水が出る
・風邪のような症状

妊娠初期・超初期妊娠症状の兆候まとめ4

・息苦しい、息切れや動悸
・胸が張る、胸が痛い
・筋肉痛になる。
・ゲップや胸焼け
・胃痛、ムカムカする感じ
・喉が渇く、喉の痛み
・胃もたれ、みぞおちに痛み
・だるい、全身に倦怠感
・食欲がない・食欲不振
・下痢になったり便秘になったり
・子宮の辺りに生理痛に似た鈍痛
・お腹が張る、膨満感を感じる。
・お腹にガスがたまる
・下腹部にチクチクした痛み
・右下腹部に痛みを感じる
・足がだるい。足のむくみ
・股関節や足の付け根に痛み
・恥骨や尾てい骨に痛みを感じる

妊娠初期・超初期妊娠症状の兆候まとめ5

・じんましんやニキビや吹き出物
・おならが出る。
・下痢気味となり下腹部に違和感
・おりものの量が増えたり、
・白色や水っぽいおりものがでる
・寝汗をかく
・眠りが浅い・寝不足・眠れない
・発熱や微熱が続く

妊娠初期・超初期妊娠症状の兆候まとめ6

上記のような症状とは反対に

・食欲旺盛になる。
・すごく眠い、いつも眠気を感じる。

このような反対の症状を感じる人もいます。

上記の症状は、生理前の症状とよく似ており、自分が妊娠していると気が付かない人も多くいるようです。

妊娠したかな?と思ったら、妊娠検査薬でチェックしてみましょう。

妊娠前・妊娠初期に絶対必要な葉酸

妊娠前と妊娠初期に葉酸を摂取することで、先天性の異常である神経管閉鎖障害のリスクを低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

妊娠前・初期に必要な葉酸
妊娠前・初期に必要な葉酸

この次は、妊娠の兆候や妊娠とたばこ、アルコールについて詳しく紹介しています。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠の兆候

妊娠初期・超初期妊娠症状の兆候まとめ7

妊娠の兆候は、上に示したように色々な兆候となって現れています。

比較的多いのが下腹部の痛み、鈍痛やチクチク下痛みを感じる人が多いみたいです。また、においに敏感になり、車のにおいや押し入れのにおいで吐き気を感じた人も。

私も、においに敏感になって、柔軟剤の匂いを嗅いだだけで気持ち悪くなっていました。

排水溝の匂いもダメでした。。。

また、胸が張るような感じになったりお腹に違和感を感じていました。今考えると妊娠の兆候だったような気がします。

この他にも、鼻水が止まらないことや喉の痛みなど風邪に似た症状を感じる人も多いです。あと、股関節や足の付け根に痛みを感じることもあるようですね。

生理予定日前に感じる超妊娠初期の症状は、ほとんどの人が感じることなく過ごしています。妊娠を期待している人はもしかして?と感じることも。

妊娠初期は、黄体ホルモン(妊娠を維持するホルモン)が多量に分泌されるので、体調にも変化が現れるようになっています。症状を感じたら、薬局で妊娠検査薬を買って妊娠しているか調べることをおすすめします。

病院を受診すると確実に分かりますので、病院を受診するとよいでしょう。

妊娠初期の出血について

妊娠初期の出血があるときは注意が必要です。出血の種類は色々あり、茶色のおりものや生理様出血、真っ赤な鮮血などがあります。

このような出血は胎盤を作る過程で出ているもので少量の出血を伴います。

しかし、少量の出血が続く場合や大量の出血を伴う場合は切迫流産の可能性があります。また、レバー状の血の塊や内容物、卵の白身のような半透明ゼリー状の塊が出ると切迫流産となっている可能性があります。

出血が続いて下腹部の痛みなどがあれば、自己判断せずに病院に電話して指示を仰ぐか直接受診するようにしてください。

詳しくは妊娠初期の出血を参照してください。

超妊娠初期症状まとめ

妊娠初期・超初期妊娠症状の兆候まとめ9

最近では、妊娠の初期の初期を超妊娠初期症状として区別するようになっています。超妊娠初期症状は生理前症状と変わらないことが多く見分けることは難しいです。重い生理前症状であるPMS(月経前症候群)に似た症状があることもあり、ますます分かりにくくなっています。生理予定日前にフライングして検査しても陰性の場合が多いです、生理予定日を過ぎてから使うようにしましょう。

詳しくは超妊娠初期症状まとめで説明していますので読んでみてください。

妊娠初期の注意点

妊娠初期でやってはいけないことは、お酒やたばこです。これは絶対に避けたいことです。

妊娠初期・超初期妊娠症状の兆候まとめ10

妊娠とたばこ

妊娠初期のたばこ002

妊娠が分かったら禁煙すべきです。妊娠中にたばこを吸い続けていると子宮内胎児発育遅延になる可能性があります。また、流産、早産、前置胎盤、胎盤早期剥離の危険性が大幅にアップします。(通常の2・3倍)

たばこを吸う本数が多くなれば早産率が上がるのも分かっています。ポーランドシークエンス(胸と腕の血流障害により一側性胸筋欠損と合指症を生じる)や口唇・口蓋裂の発生率も増加すると言われています。

今、ここを読んでいる人は妊娠中にたばこを吸っていいかどうか迷っているのだと思います。奇形率が何%だから私は大丈夫という免罪符を探しているようにみえます。

たばこを吸うと血流が悪くなり、胎盤にたくさんの血栓が付着しているそうです。大事な赤ちゃんに栄養を運ぶことができなくなっているのです。

赤ちゃんが生まれてから障害が分かって「たばこを止めていればよかった」と後悔しないためにも今すぐ禁煙に取り組んでください。

産婦人科医でも、イライラするなら2・3本すってもいいという人もいますが、お母さんのストレスより赤ちゃんへの影響がはるかに大きいのです。

幸い妊娠初期で禁煙するとリスクは通常の場合とほぼ変わらなくなるそうです。頑張って禁煙しましょう。たばこは副流煙も問題ですので、旦那さんが喫煙している場合は協力してもらいましょう。

妊娠とアルコール

妊娠初期のアルコール001

妊娠中のアルコールは胎児に重大な影響を及ぼすことが分かっています。胎児性アルコール症候群と呼ばれるもので、妊娠初期には顔面が変貌する特異顔貌が生じたり、妊娠中後期では胎児発育遅延や中枢神経障害が起こったりします。

妊娠中と授乳中のアルコールは絶対にダメです。少しなら大丈夫ということもありません。飲んでいる量に関係なく発症するリスクがあります。

胎児性アルコール症候群を予防する方法は一つです。それは、「アルコールを飲まないこと」。これで100%予防できます。100%予防できるってすごいですよね。

アルコールというと日本酒やビール、チューハイなどを思い浮かべますが、マルチビタミンサプリやアルコール・リキュールを使ったお菓子にも入っているので注意してください。

妊娠初期の飛行機

妊娠初期や超妊娠初期に帰省やハネムーンで飛行機に乗る予定ができてしまうことがあります。

妊娠初期・超初期妊娠症状の兆候まとめ11

妊娠初期に飛行機に乗ることは賛否両論あり、判断が難しいときも。

主にクリニックや産院の意見を中心に乗っていいかどうか調べてみました。どうしても乗らなくてはいけない事情の時だけ飛行機に搭乗するのがいいのではないでしょうか?

妊娠初期の飛行機で詳しく書いていますので読んでみてください。

妊娠初期の歯医者

妊娠初期に歯が痛くなっても歯医者に行くのをためらっている人も多いと思います。

妊娠と歯医者001

歯の治療で使う麻酔が赤ちゃんに影響するかどうか心配で歯の治療を受けることができないというのが理由のようです。

一般的に妊婦さんが虫歯の治療を避ける時期はなく痛みがあれば早めに歯医者を受診することをおすすめします。

詳しくは妊娠初期の歯医者で説明しています。

妊娠初期の妊娠検査薬

妊娠検査薬は、手軽に妊娠しているかを調べることができる検査薬です。

妊娠初期の妊娠検査薬001

検査方法は、尿中のhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)を検出して表示するものです。

初期や超初期のときは妊娠していても陰性となることがあります。

検査薬によっては生理予定日から使用できものもあり99%以上の精度で妊娠が分かるようになっています。

妊娠初期の妊娠検査薬で詳細を説明しています。参考にしてください。

妊娠の兆候

妊娠の兆候を感じたら、赤ちゃんとママの健康を第一に考えましょう。不規則な生活や偏った食事は健康によくありません。赤ちゃんのことを考えて栄養豊富なバランスの良い食事を摂るようにしましょう。

妊娠の兆候は、感じる人と全く感じない人に分かれます。あとからあれは妊娠の兆候だったと感じる人も多いようです。体調の変化は軽微なものから大きいものまで様々です。

この他の妊娠の兆候や注意点は妊娠の兆候に詳しく載せています。

妊娠初期のコラム

妊娠初期コラム

■妊娠初期に頭痛がある?(2015/04/02)
妊娠初期症状として頭痛があります。頭をぐらぐらと揺すられているようなひどい頭痛を感じる人もいるようです。つわりと一緒に起きる人もいて、具合が悪いのと一緒に痛みがあって辛いみたいです。

妊娠初期に頭痛が起こる原因として、鉄分の不足や首のこり、頭の血管が細いことなどがあります。特に妊娠中は鉄分が不足するので注意が必要です。妊婦健診でも指摘されることも多いので、鉄分を食事から取るようにしましょう。

妊娠初期の頭痛対策として、頭痛が起き始めたら無理をせずに休む、産婦人科医の医師に相談して薬を処方してもらう、首の付け根を温める、足裏に専用のカイロを貼るなどがあります。

体の冷えが頭痛を起こしていることもあります。冬場に限ったことではなく、夏場でも冷房などで体の冷えは起こります。体を冷やさないように膝掛けを準備するなど冷え対策をとりましょう。

ここで注意したいのが血圧です。妊娠中は血圧が高くなることがあって妊娠高血圧症候群と呼ばれます。症状が重いときは脳に出血を起こすことがあるので注意が必要です。

頭痛が起きたときは無理をせずに産婦人科の医師に相談するようにしましょう。

■妊娠初期症状が全くない?(2015/03/16)
妊娠すると、妊娠初期症状が出ることが多く、早い人では妊娠4週ごろから始まるつわりなどの初期症状が出るのですが、つわりなどを全く感じないもいます。それも全体の約3割ぐらいと意外と多めの数字です。

一般的に、妊娠したときの症状として、吐いてしまう吐きつわりをイメージすると思いますが、実際に何も症状を感じない人もいるようです。

なぜ、妊娠つわりがないのか原因がよく分かっていません。つわりが起こる原因もよく分かっていないので、症状が出ない原因も分からないというのが現状のようです。

吐き気やむかむかなどつわりの症状がなくても、妊娠検査薬で陽性と判定されたらすぐに産婦人科を受診して正常な妊娠かどうか診断を受けるようにしましょう。

実は妊娠初期症状がある?
自分では気が付いていなくても、実は妊娠初期症状が出ていることがあります。こんな症状も妊娠初期症状の一つです。

・少しむかむか、胃の不快感
・日中の眠気
・イライラ、微熱
・のどの痛み、鼻づまりなど風邪のような症状

このような症状も妊娠の初期症状です。

妊娠初期の症状は、生理前の症状とよく似たことが多いので、自分で妊娠したことに気が付かないことも多いようです。

初期症状が出ないからといって、流産しているということはありません。妊婦さん全体の3割が妊娠の症状を感じないということですから、症状がないからといって異常ではないということです。

妊娠初期症状の一つであるつわりは、早い時期から出やすいので今から始まるのかもしれません。妊娠特有の症状がないので、分かりにくいかもしれませんね。

症状がなくても、妊娠の初期というのは体内のホルモンバランスが劇的に変化する時期です。朝は調子がよくても、具合が悪くなることも多くなってきます。

仕事をしているママは、体調不良でお休みすることが多くなってきます。

妊娠したことを報告するのは、正常妊娠が確定する妊娠10週ごろがいいとされます。できれば上司や同僚にも妊娠したことを報告して急にお休みになるかもしれないことを話しておきましょう。

妊娠初期は、あまり無理をせずにゆったりリラックスして生活を送るようにしましょう。

■妊娠初期には葉酸を摂取しよう!(2015/02/23)
妊娠初期には葉酸を摂取することがなんとなくでも知っている人は多いと思います。でも、どうして葉酸を摂取しないといけないのか理由までは知らないことが多いと思います。

葉酸とは、ほうれん草から発見された栄養素で水溶性のビタミンB群の中の栄養素です。動物、植物を問わず含まれている栄養素で、ほうれん草やイチゴ、鶏や豚のレバーなどに多く含まれています。

野菜やお肉にも含まれているので、普段の食事で摂取できそうな気もします。ですが、妊婦さんはいつもの食事以上の葉酸を摂取することが推奨されています。

どのぐらいの葉酸を摂取すればいかというと、1日あたり400μg摂取することが推奨されています。この数値は、2000年に厚生労働省が通知を出している数値で信頼できるものです。

400μgというと、ほうれん草では約200g、イチゴなら約450gとかなりの量を毎日摂取しないといけないことになります。なので、サプリメントでの摂取が推奨されています。

葉酸の効果って何?
妊娠前や妊娠初期に葉酸を摂取するとどんな効果があるのでしょうか?

妊娠前や妊娠初期に葉酸を摂取することで、神経管閉鎖障害のリスクを大幅に低下させることが分かっています。これは、世界的な規模で実施された疫学的調査で判明したものです。

海外では、神経管閉鎖障害の発生率が高かったため、積極的な調査が行われるようになりました。この報告を受けて2000年に厚生労働省から妊娠前や妊娠初期に葉酸を摂取するように通知が出されています。

神経管閉鎖障害とは、背骨(脊柱管)が十分にくっつかない先天性の障害で無脳症や二分脊椎などお腹の赤ちゃんに大きな影響を及ぼす障害です。

これを葉酸を推奨量摂取することでリスクを大きく低減できることが分かっています。

こう聞くと、天然の葉酸を食品から摂取したほうがいいような気もしますが、天然の葉酸は熱に弱く代謝に大きく影響されます。つまり、天然の葉酸を含む食品を調理して摂取しても少ない量の葉酸しか摂取できないことになります。

一方、サプリに含まれる葉酸(folic acid)は、天然のものとは構造も違って安定性と生体利用率が高いとされています。諸外国の研究でもサプリの葉酸を研究しています。

葉酸は毎日摂取することが推奨されているので、サプリから摂取することが推奨されています。妊娠前や妊娠初期に葉酸を摂取するにはサプリで補うのがおすすめです。

妊娠初期にはつわりも始まって食べられないことも多いので、サプリを選ぶ際には大きさや形状にも気を配って選ぶようにしましょう。

■妊娠初期の風邪薬は飲んでいい?(2015/02/02)
最近では、インフルエンザが猛威をふるっていますね。妊娠初期の妊婦さんは感染しないように注意することが必要です。外出から自宅に戻ったときは必ず手洗いとうがいをするようにしましょう。

体が冷えないように保温することも大切です。一度冷えた体を暖めるにはかなりの時間が必要となります。体が冷えないようにすることを考えて服装を選ぶようにしましょう。

急な発熱と関節の痛みがあると、インフルエンザかもしれません。妊娠中でインフルエンザかな?と思ったら直接産婦人科を受診せずに、まずは電話をして症状を伝えるようにしましょう。

いきなり受診してしまうと、他の妊婦さんに感染させてしまう可能性があるからです。くれぐれもいきなり受診しないように注意してください。

インフルエンザでなくても風邪にかかってしまうこともあります。そのときに注意したいのが、市販の風邪薬を飲まないようにすることです。妊娠中に飲んではいけない薬があるので細心の注意を払うようにしてください。

特に妊娠初期の時期は赤ちゃんの脳や背骨、心臓といった重要な器官が形成される時期です。妊娠初期の大事な時期に影響する薬を飲んでしなうと、お腹の赤ちゃんに影響が出ることがあります。

もし、妊娠初期の段階で頭痛や倦怠感、鼻水や咳などの症状がでたときは、自己判断で市販の風邪薬を飲まないようにして産婦人科を受診するようにしましょう。

インフルエンザの可能性もあるので、必ず先に電話してから受診するようにしてください。

妊娠中に産婦人科や病院でよく処方される薬として

●漢方薬
・葛根湯
・小青竜湯
・麦門冬湯

●治療薬
・メジコン
・SPトローチ
・ムコソルバン
・カロナール

上記のような薬が処方されることが多いようです。飲む前に産婦人科医に説明を受けてから服用するようにすると安心ですね。

風邪薬と同様に市販の頭痛薬の成分にも妊娠中は禁忌の成分が入っているものがあります。

一番注意したいのがアスピリンとイブプロフェンという成分です。アスピリンとイブプロフェンは一般的な成分として多くの市販の頭痛薬の中に入っている成分です。

アスピリンは

・バッファリン
・バッファリンプラス

などに成分として入っています。

イブプロフェンは

・イブA
・ナロンエース
・パブロンエース
・ベンザブロック
・ルルアタック
・エスタックイブ

上記のような頭痛薬に入っています。

他にもたくさんの風邪薬や頭痛薬があるので、風邪や頭痛などの症状が出たら、市販の薬を飲まずに産婦人科を受診して安全性の高い薬を処方してもらうようにしてください。

薬と言えば、便秘薬の中にも妊娠中には控えた方がいい成分が入っていることがあります。妊娠初期は、ホルモンの影響や運動不足などで便秘になる妊婦さんも多くいます。

市販の便秘薬は、手軽に利用できるのでつい使ってしまいがちですが、中には妊娠中によくない成分があります。「センナ」などの成分は腸を刺激して排出を促すので飲まない方がいいとされています。

このようなことがあるので、市販の薬は飲まないようにして産婦人科を受診して薬を処方してもらうほうが安心して飲むことができます。

漢方でも同様です。漢方でも妊娠中には飲まないほうがいい処方があるので、必ず産婦人科の医師に相談してから飲むようにしましょう。

妊娠初期は、お腹の赤ちゃんにとって非常に重要な時期となります。妊娠初期には最新の注意を払って行動するようにしましょう。一番危険なのが自己判断で服用することです。

自分では判断せずに医師に確認するようにしてください。

■妊娠初期のつわりの乗り切り方(2014/12/08)
一般的に妊娠初期とは、妊娠2~15週までの期間ですが、初期の妊娠8週目ぐらいからつわりが始まる人も多いです。ムカムカや吐き気を感じることが多くなります。

つわりのイメージとして、吐き気がある吐きつわりですが、つわりには他にも色々な種類があります。

妊娠初期のつわりの種類
・吐きつわり
・食べつわり
・よだれつわり
・眠りつわり

つわりの種類は、大きく分けて上記のようになります。

吐きつわり
多くの妊婦さんが経験するつわりです。軽い症状では、少しムカムカするぐらいですが、重い症状になると戻したり、全く食べることができなくなって入院してしまう状態(妊娠悪阻)の状態まで様々です。

食べつわり
食べつわりとは、食欲が増して食べたい欲求が大きくなって常に食べ続ける状態です。これとは反対に食べていないと気持ち悪く悪くなるので食べてしまう2種類があります。

食べつわりは、食欲が止まらなくなるので体重増加に注意が必要です。「お腹の赤ちゃんの分まで2人分食べなきゃ!」と言ってどか食いする人もいますが、それは間違いです。

妊娠中の体重増加は7~12kgぐらいが理想と言われます。これは妊娠週数に関わらずこの体重増加を維持することが必要になります。あまりにも体重が増えすぎると大変なことに。。。

妊娠中の体重増加はダメな理由
妊娠中に、過度に体重が増えてしまうと色々なリスクが高まることが知られています。妊娠中の肥満は、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病といった病気のリスクを高めます。

妊娠高血圧症候群とは?
日本産科婦人科学会では、妊娠高血圧症候群を「妊娠20週以降、分娩後12週まで高血圧がみられる場合、または、高血圧に蛋白尿を伴う場合のいずれかで、かつこれらの症状が単なる妊娠の偶発合併症によるものでないもの」と定めています。

つまり様々な症状は、高血圧が元になっていることが分かっています。以前は妊娠中毒症といってひとまとめに考えていましたが、高血圧を原因としたものを妊娠高血圧症候群といって区別するようになっています。

妊娠高血圧症候群の診断
妊娠高血圧症候群の診断は、血圧測定と尿検査で尿中蛋白の測定です。高血圧と診断するには、6時間以上の間隔をあけて2回以上収縮期血圧が140mmHg以上または拡張期血圧が90mmHg以上あるいはその両方の場合に高血圧と診断します。

高血圧症候群になりやすい人
高血圧症候群になりやすい人として、

・35歳以上さらに40歳以上でリスク増加。
・初めて出産を迎える人(初産婦)
・肥満BMI 25以上や非妊娠時体重 55kg以上
・前回妊娠高血圧症候群になった人
・家族が高血圧
・妊娠初期の収縮期血圧が 130~139 mmHgあるいは拡張期血圧 80~89 mmHgでリスクが増える。

高齢と言われる35歳以上の妊婦さんがリスクが高いとされます。初めて出産する人もリスクが増えます。

前回妊娠高血圧症候群と言われた人や家族に高血圧の人がいることもリスクを高めることになります。

妊娠高血圧症候群は、体重増加と関係があると考えられます。過度な体重増加には、気をつけましょう。

妊娠糖尿病とは?
妊娠糖尿病とは、妊娠中に血糖値が高くなる状態のことです。原因は、胎盤から血糖値を上げるホルモンが分泌されるためインスリンの働くが弱くなることが原因と言われています。

元々、糖尿病を持っている人が妊婦健診で初めて分かるケースもあります。

妊娠糖尿病になると、ママとお腹の赤ちゃんの両方に影響が出ることがあります。ママには、妊娠高血圧症候群、羊水過多症など.赤ちゃんには巨大児や低血糖などがあります。

ママが妊娠糖尿病になると、流産しやすい状態になるので注意が必要です。

よだれつわり
よだれつわりは、よだれが出続けて止まらない状態になります。いつもよだれが出るので、気持ち悪い、ムカムカする状態が続くことになります。

眠りつわり
眠りつわりは、いつも眠気があってしかたがない状態です。時々強い眠気があるときがあるので、車を運転したりするときは注意が必要です。

仕事をしている人は、サボっていると思われることもあるので、職場への報告は妊娠10週ぐらいを目処に行うようにしましょう。

妊娠初期のつわりの乗り切り方
妊娠初期はつわりが始まるので、体調が悪くなることが多いです。

吐きつわりいなると、食べることさえ困難になることもあります。

妊娠初期のつわりは「食べられるときに食べられるものを食べる」のが基本です。

つわりのときは、食べられるものが限られてきます。いつもムカムカ気持ちが悪いので、食欲も落ちてきます。

つわり中は、さっぱりしたものや冷たいアイスなどが食べられることがあります。反対にフライドポテトなど脂っこいものを食べたくなる人もいて個人差が大きいです。

自分に合った食べ物を見つけて「食べられるときに食べられるものを食べる」ようにしてください。

どうしてもダメなときは受診を
水分を受け付けなくなったり、おしっこが出ないときは脱水になる可能性があります。症状が進むと自分で動けなくなることもあるので、無理をせずに産婦人科を受診して処置をしてもらいましょう。

妊娠初期のつわりは、妊娠16週頃には治まってくることが多いです。それまで頑張って乗り切るようにしましょう。

悪阻つわり
超妊娠初期症状

やってはいけないこと
車の運転やインフルエンザ

妊娠へ戻る。

■気になる語句を入力してください。■
スポンサードリンク
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前・初期に必要な葉酸
妊娠線のケアは今!
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • つわりの症状で腹痛がある?
  • つわりの原因は分からない?
  • 中間出血の量はどのぐらい?
  • 中間出血の原因は?
  • 生理の中間に出血する?