妊娠中の腰痛対策

妊娠中の腰痛対策

妊娠中の腰痛対策

妊娠中は、しっかり腰痛対策を行って、痛みが出ないように予防していくことが大切です。

妊婦さんは、どうしても腰痛になりやすくなっています。妊娠前は腰痛がなかった人でも症状が出ることがあります。

日頃から、しっかり対策をして予防していくことが大切です。

妊婦さんが腰痛になる原因

妊婦さんが腰痛になる原因

妊娠中は、ホルモンのの関係やお腹が大きくなるなど重心が変わってくることで腰痛になりやすいとされます。また、運動不足も加わって筋力が低下することも腰痛の原因の一つと言われます。

腰や骨盤付近の痛みは、お腹が目立たない妊娠初期から起こります。妊娠中期なると、お腹も目立ってきて体の重心位置が変わってくるため痛みが発生します。

横になることができない、痛みで起き上がれないなど症状が重い場合には、産婦人科の医師に相談するようにしましょう。

この次は、具体的な腰痛対策と妊娠中の腰痛と湿布について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





具体的な腰痛対策

妊婦さんの腰痛対策はいくつかあります。

・敷き布団は硬め。
・痛いときは四つん這い。
・ベルトや腹帯を使用。
・重いものは家族に頼む。

敷き布団は硬め。
敷き布団が柔らかいと、腰の痛みの原因になります。敷き布団を選ぶときは、硬めのものを選ぶようにしましょう。腰痛に対応した布団もあるので使ってみるのもいいでしょう。

痛いときは四つん這い。
腰が痛むときは、四つん這いの姿勢をとると痛みが軽減します。長い間は無理ですが、短時間でも痛みを軽減することが期待できます。

ベルトや腹帯を使用。
腰が痛いときには、ベルトや腹帯をすると楽になります。骨盤ベルトは産婦人科でも取り扱っていることがあるので、産婦人科に聞いてみるといいでしょう。

市販の骨盤ベルトは、「トコちゃんベルト」が有名です。

重いものは家族に頼む。
重いものを持つときは家族に頼むようにしましょう。

キッチンで料理をするときも腰に負担が掛かります。立って料理を作ると腰に負担が掛かるのでイスに座って料理を作るのもいいでしょう。

動くのが辛いときは、家族に代わってもらうのも方法の一つです。

妊娠中の腰痛に湿布

妊娠中の腰痛に湿布

妊娠中の腰痛に湿布を貼るのは控えたほうがいいでしょう。湿布を貼っていいかどうかは産婦人科医に相談してみましょう。

市販の湿布薬の中には、妊婦さんには禁忌になっている成分が入っていることがあります。

具体的には、ボルタレン、インドメタシン、インデバン、モービックなどです。これらの解熱鎮痛剤は妊娠中は禁忌となっています。

また、飲み薬でもロキソニンやポンタールなどが禁忌となっているので、自己判断で貼ったり飲んだりするのではなく、必ず産婦人科医に相談するようにしましょう。

腰痛は、症状が重くなると動けなくなるぐらい痛みがでます。妊娠中の腰痛対策をしっかり行って腰痛を予防しましょう。

この他、妊娠と腰痛解消法については妊娠と腰痛で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 妊娠中の気管支炎や風邪、お腹の張りや腰痛などの注意点
  • 妊娠初期に気づかずお寿司を食べたけど大丈夫?妊娠中期や安定期ならOK?
  • 妊娠中のアロマ
  • 妊娠中の海外旅行
  • 妊娠中のダイエット