多嚢胞性卵巣症候群とピル

多嚢胞性卵巣症候群とピル

多嚢胞性卵巣症候群とピル

多嚢胞性卵巣症候群の治療として低用量ピル(OC)を使う治療法があります。無月経や月経不順の治療法であるカウフマン療法と基本的に同じですが、ホルモン製剤の代わりにピルを使うものです。

POCSとピル

POCSとピル

正常な月経周期に戻し排卵できる状態に近づけるピル療法ですが、正常な月経周期に近づける以外にも様々なものが改善することが期待されています。

特にPOCSと診断された人に対して高LHを正常に近づける働きも期待されていています。

その他にも
・卵巣がん
・卵巣がん
・骨盤内の感染症
・乳房の良性疾患

などの予防効果も期待されています。

ピルを服用することで、ひどい月経痛などがあるPMS(月経前症候群)の軽減もできるとの報告もあります。また、ピルは避妊効果もあるので妊娠を希望するときまで服用を続けるといった使い方もできるようです。

スポンサードリンク

今のピルは副作用も少ない

今のピルは副作用も少ない

以前のピルはホルモンの濃度が高すぎて、副作用として血栓症や心臓病のリスク増大、太るなどがありましたが、低容量ピルを使うことによって大幅にリスクを軽減したとされます。

POCSの人で妊娠を希望する場合はピル療法を行わず、排卵を促す療法が行われます。POCSでも妊娠できた人はたくさんいますので、しっかりと治療を受けるようにしましょう。

POCSについては多嚢胞性卵巣症候群でまとめています。参考にしてください。

不妊に関係する病気は妊娠しにくい病気で詳しく紹介しています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS:たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)の症状と治療
  • 高熱と無精子症
  • 無精子症とは?
  • 無月経でも排卵がある?
  • 子宮頸管炎