妊娠初期の食事、妊娠中の妊婦に魚肉ソーセージは?

妊娠初期の食事

妊娠初期の食事

妊娠初期の食事は、赤ちゃんとママのためにたくさんの栄養素をバランスよく食べるようにしましょう。特に、妊娠中は貧血になりやすいので鉄分を補給することが大切です。

この他にも、色々な栄養素を多く少量ずつ食べるのが理想です。メニューを工夫して栄養をしっかり取るようにしましょう。

妊婦さんが魚肉ソーセージを食べてもいいの?

妊婦さんが魚肉ソーセージを食べてもいいの?

一番検索が多い、妊婦さんが魚肉ソーセージを食べてもいいの?問題ですが、魚肉ソーセージはカルシウムも豊富ですが、加工品なので気になるママは控えたほうがいいと思います。

最近では、DHA入りの魚肉ソーセージもありますが、魚の臭いが強調されているようなので、注意してください。

それでは、妊娠中に必要な栄養素を紹介します。じっくり読んでみてください。

妊娠初期に必要な栄養素

妊娠初期に必要な栄養素

妊娠中の食事で必要な栄養素は、代表的なものとして

・鉄分
・カルシウム
・葉酸
・食物繊維
・ビタミンB群
・ビタミンC

これらの栄養素をバランスよく摂取していくことが必要になります。妊娠中は、つわりもあるので思うように食事ができないかもしれませんが、つわりが終わった後からしっかりと栄養を取っていきましょう。

この次は、必要な栄養素を含んだ食品と、妊娠中は食べないほうがよい栄養素を詳しく紹介します。まだまだ続きます。

妊娠中に必要な食品

妊娠中に必要な食品

妊娠初期から必要な栄養素を含んだ食品を紹介していきます。

妊娠初期から取りたい栄養素は

・鉄分
・カルシウム
・葉酸
・食物繊維
・ビタミンB群
・ビタミンC

です。

鉄分
妊娠初期の鉄分に枝豆

妊婦さんは、血液量が増えるため鉄欠乏性貧血になりやすいと言われています。貧血を改善するために鉄分を補給するようにしましょう。

鉄分を多く含む食品は、枝豆、ほうれん草、モロヘイヤ、サラダ菜、小松菜、サニーレタス、ホワイトアスパラガス、ブロッコリー、にら、カリフラワー、しじみ、はまぐり、ほや、すじこ、いくらなどに含まれます。

妊娠初期には、18~29歳のママで8.5mg/日必要と言われるので、積極的に食事に取り入れるようにしましょう。

カルシウム
妊娠初期の食事に牛乳

カルシウムは、赤ちゃんの骨や歯の成長に必要な栄養素で一日あたり650mg摂取することが推奨されています。血圧を下げる作用もあるので、妊娠高血圧症候群の予防にもなります。しかし、取りすぎには注意しましょう。

カルシウムを多く含む食品は、いわし、煮干し、ししゃも、あゆ、たら、めばる、干しエビ、しじみ、はまぐり、かにかま、たまご、わかめ、昆布、切り干し大根、モロヘイヤ、きんかん、干しぶどうなどに含まれます。

チーズ類にも多く含まれていますが、チーズは止めたほうがいいでしょう。理由は後述します。

葉酸
妊娠初期に葉酸

妊娠前から妊娠初期にかけて十分な量の葉酸を摂ることで、神経管閉鎖障害のリスクを低減することが分かっています。妊娠初期には積極的に取りたい栄養素です。

葉酸を含む食品は、ほうれん草やいちご、ブロッコリーなどに多く含まれます。

葉酸は、食事から必要量を摂取するのは難しいので、サプリからの摂取がおすすめです。厚生労働省もサプリのほうが吸収効率がよいとしてサプリでの摂取を推奨しています。

サプリならつわり中でも無理なく飲むことができます。妊娠に最適なサプリの選び方については失敗しない!葉酸サプリの選び方で詳しく紹介しているので読んでみてください。

食物繊維
妊娠初期の食事にサツマイモ

妊娠中は、ホルモンの変化や作用によって便秘になりやすくなります。便秘対策として食物繊維の多く入った野菜などを食事に取り入れてみましょう。

ビタミンB群
妊娠初期にビタミンB1

ビタミンB群であるB1には糖質をエネルギーに変える作用が、B6はつわりを緩和すると言われています。B12には、葉酸と鉄分の合成をサポートする働きもあります。

ビタミンB群は、豚肉や鮭、さんまなどに多く含まれます。

ビタミンC
妊娠初期にいちご

ビタミンCは、コラーゲンの合成を助け鉄の吸収を高めると言われています。鉄分と一緒に食べたい栄養素です。

ビタミンCは、イチゴやレモン、赤ピーマン、キウイ、柿、パパイヤなどに含まれます。果物に多く含まれますが、糖分の取り過ぎには注意してください。

妊娠中は食べないほうがよい食品

妊娠中は食べないほうがよい食品

妊娠中には、取りすぎると良くない食品があります。

・レバーやうなぎ。
・まぐろ、金目鯛。
・ひじき。
・チーズ。

このような食品に注意しましょう。

レバーやうなぎ。
妊娠初期にうなぎはダメ

レバーやうなぎといった動物性のビタミンAを含んだ食品を食べ過ぎると赤ちゃんの成長に影響が出ると言われています。レバーなどは鉄分も豊富なので、毎日食べるのがよさそうですが、それでは食べ過ぎることになってしまいます。

できれば、妊娠中は食べるのを控えたほうがいいでしょう。

まぐろ、金目鯛。
妊娠初期にマグロはNG

まぐろや金目鯛といった魚には、メチル水銀が含まれています。メチル水銀は、お腹の赤ちゃんに影響すると言われるので食べるのを控えたほうがいいでしょう。

マグロや金目鯛といった他にも、めかじき、メバチマグロ、本マグロ、キダイ、まかじき、ミナミマグロ、クロムツなどにも入っています。注意してください。

チーズ。
妊娠中にチーズはNG

チーズには、細菌がつきやすくママへの影響が心配になります。できるだけ食べなうようにしたほうが無難です。

この他、生の肉や魚には、トキソプラズマという原虫が潜んでいる場合があります。妊娠中は、生ものは控えるようにしましょう。

このように、妊娠初期の食事には食べたほうがいいものと食べないほうがいいものがあります。注意して食事のメニューを考えるようにしてください。

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期のママに知ってほしいことがあります。

それは、妊娠初期に重要な栄養素である葉酸が不足すると、「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなるという事実です。

このことは、世界的な疫学的調査で判明したことで、日本でも2002年より厚生労働省が妊娠初期にママに対して葉酸を積極的に摂取するように通知を出しています。

葉酸は日頃の食事でも摂取できますが、熱に弱く吸収も悪いので妊娠初期のママに必要な量に不足しているのが現状です。

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように注意してください。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

この他、妊娠初期に気をつけることは妊娠初期に気をつけることで、妊娠初期の注意点は妊娠初期の注意点でまとめています。読んでみてください。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 妊娠初期に良い飲み物、妊娠中にダメな飲み物、ミネラルウォーターは大丈夫?
  • 妊娠初期に気を付ける食べ物
  • 妊娠初期のサプリ
  • 妊娠初期の食生活
  • 妊娠初期の食べ物