妊娠初期にPMS

妊娠初期にPMS

妊娠初期にPMS

妊娠初期にPMSと同じように、頭痛や腹痛、腰痛やにきびなどの症状が出ることがあります。しかし、妊娠初期症状とPMSの症状に違いを見つけることは難しいので、妊娠に気が付かない人も多いようです。

中には、微妙な違いがあるという人もいます。喉の渇きがなかった、子宮のあたりがチクチクしたという症状を感じている人もいるようです。

一般的には、見分けることが難しく後から考えると妊娠の兆候だったという人が多い印象です。

妊娠初期と頭痛とイライラ

妊娠初期と頭痛・イライラ

妊娠初期には、PMSと同じように頭痛やイライラがある人も多いです。頭が痛いけど生理かな?と思ったら妊娠していたということもあります。

しかし、頭痛だけでは妊娠しているか分かりません。妊娠しているかどうか調べるには、生理予定日の1週間後に妊娠検査薬で検査することで分かるようになります。

妊娠検査薬は、必ず使用法に書いている生理予定日の1週間後(最近は当日でも分かる検査薬がある)に検査するようにしてください。

それより前にフライング検査すると、正確な判定ができなくなります。注意してください。

この他にも、基礎体温表で高温期が続いていると妊娠していることが分かります。でも、生理が遅れているときも高温期が続くことがあるため判断が難しいです。

一番確実なのは、妊娠検査薬で陽性反応が出ていれば妊娠していると考えてほぼ間違いありません。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、妊娠前と妊娠初期に必要な栄養素などについて紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠前と妊娠初期に必要な栄養素

妊娠前と妊娠初期に必要な栄養素

妊娠前や妊娠中には、鉄分やカルシウム、食物繊維やビタミンなど必要な栄養素を積極的に摂取することが必要ですが、その中でも葉酸を摂取することが推奨されています。

葉酸は、その名前の通りほうれん草の葉っぱから発見された栄養素で、ほうれん草の他にもモロヘイヤやアスパラガス、イチゴにも多く含まれている栄養素です。

葉酸が不足すると、お腹の赤ちゃんに二分脊椎などの神経管閉鎖障害のリスクが高まるとされます。葉酸を摂取することで、神経管閉鎖障害のリスクを軽減できることが分かっています。

ほうれん草には、鉄分も含まれているのでビタミンCやカルシウムと一緒に食事に取り入れるようにしてみましょう。しかし、ほうれん草を約200g毎日食べないといけません。

葉酸は、食事から必要量を摂取するのは難しいので、サプリからの摂取がおすすめです。厚生労働省もサプリのほうが吸収効率がよいとしてサプリでの摂取を推奨しています。

サプリならつわり中でも無理なく飲むことができます。妊娠に最適なサプリの選び方については失敗しない!葉酸サプリの選び方で詳しく紹介しているので読んでみてください。

妊娠初期の注意事項

妊娠初期の注意事項

妊娠初期の注意事項として、

・体を冷やさないこと。
・ストレスを溜めないこと。
・食事を見直すこと。

赤ちゃんをお迎えするために、体調を整えていきましょう。

体を冷やさないこと。
妊娠初期は体を冷やさない

体が冷えていると、血行が悪くなり体調も優れなくなることが多いです。なるべく代謝を良くして体を冷やさないようにしましょう。

体が冷えないためには、服装から見直していきましょう。肌の露出の多いものは避けて、冷えないように工夫します。ハイヒールは、下半身に負担をかけるため、かかとの低い靴を選ぶようにしましょう。

ストレスを溜めないこと。
妊娠初期にストレス溜めない

ストレスを溜めると、体調や精神面に影響が出てきます。また、この時期にはつわりも始まるのでますます体調が悪くなっていくこともあります。

できるだけ、リラックスできる環境を作ってストレスを上手に解消していきましょう。

食事を見直すこと。
妊娠初期は食事が大切

妊娠中は、ママと赤ちゃんのために栄養のある食材をたくさん食べるようにしましょう。鉄分やカルシウム、食物繊維やビタミンB・Cなどを取り入れた食事に改善していきます。

とはいえ、この時期はつわりも始まっている頃です。つわり中は、食べられないことが多いので「食べられるものを食べられるときに食べる」ことを基本にしましょう。

つわりは、臭いがダメになることが多いので、冷やして食べると食べやすいです。また、炭酸水もスッキリして飲みやすいですよ。

食べられるものは、個人によって違うので自分にあったものを見つけてみてください。

この他、妊娠初期に気をつけることは妊娠初期に気をつけることで、妊娠初期の注意点は妊娠初期の注意点でまとめています。読んでみてください。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 赤ちゃんの障害リスクを劇的に下げる葉酸とは?
  • 赤ちゃんの障害リスクを劇的に下げる葉酸とは?
  • 着床出血の時期の体験談、妊娠経験のあるママに聞いた体験談M.Mさん、S.Oさん、K.Rさんの経験談。
  • 40代の妊娠確率、41歳、46歳、47歳、48歳の妊娠できる確率。
  • 妊娠初期の体験談を募集中です♪