妊娠中期の腰痛

妊娠中期の腰痛

妊娠中期の腰痛

妊娠中期の腰痛は、妊娠中に分泌されるホルモンの影響やお腹が大きくなってくることでの重心の変化が原因となると言われています。

症状がひどい場合は、寝ても痛みが治まらないこともあります。

腰痛が重くなってきたときは、病院を受診して治療をしてもらいましょう。

自己判断で腰痛に薬を使ってはダメ

自己判断で腰痛に薬を使ってはダメ

自分の判断で勝手に薬を飲んだり湿布を貼ったりしないようにしてください。

薬の成分によっては、お腹の赤ちゃんに影響がある場合があります。妊娠中はどんな薬でも(便秘薬や風邪薬などでも)自己判断で飲むのは危険です。

必ず産婦人科の医師に薬の内容を確認してから飲むようにしてください。

妊娠線のケアは早めに。

今、妊娠線のケアをしないと、大変なことに!?

一度妊娠線が出てしまうと、元に戻すのが大変になります。

妊娠線のケアは、早いうちから始めることが大切です。

詳しくは下記から
妊娠線のケアは今!
妊娠線のケアは今!

次は、腰痛の薬を勝手に使えない理由と、妊娠中の腰痛対策について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





腰痛の薬を勝手に使えない理由

腰痛の薬を勝手に使えない理由

腰痛を軽くする薬は、飲み薬と貼り薬がありますがどちらも自分の判断で使うのは絶対にダメです。

薬には、腰痛を鎮めるために消炎鎮痛成分が入っていますが、この成分が赤ちゃんに影響を及ぼすことが知られています。

成分としては、ボルタレンやインドメタシンが妊娠中に使ってはいけない薬に指定されいます。

最近では法律が改正されて、薬局でも医療用成分と同じものが入った薬を購入できるようになっています。ボルタレンやインドメタシンも湿布に入っている成分です。

商品名としては、フェイタスZ、ジクロテクト、ボルタレンACなどが該当します。このような湿布は、妊娠中には絶対に使わないようにしましょう。

ボルタレンやインドメタシンのような成分は、鎮痛作用も強力ですがお腹の赤ちゃんに繋がっている動脈管という血管が収縮して血液を遅れなくなった事例が報告され使用禁止になりました。

もし、このような成分が入った湿布や薬を使ってしまった場合には産婦人科の医師に相談するようにしてください。

妊娠して腰痛になる原因

妊娠して腰痛になる原因

妊娠してから腰痛になってしまう原因として

・妊娠中のホルモンによる影響
・体型の変化による重心移動
・運動不足による筋力低下

以上の3つが原因として考えられます。

妊娠中は、出産のために骨盤の靱帯を柔らかくするホルモン「リラキシン」が分泌されます。このリラキシンは、妊娠の維持と出産の補助に必要不可欠なホルモンです。

リラキシンが作用することで、関節が緩くなってしまうことがあります。関節が緩くなると周りの筋肉が緊張して腰痛が起こるというわけです。

また、お腹が大きくなってくるとどうしても、腰を反らした姿勢を取りがちになります。こういった姿勢の変化も腰痛の原因となります。

妊娠中は、動くのが大変なので運動不足になりがちです。運動不足からくる筋力低下も腰痛の原因になります。

妊娠中の腰痛対策

妊娠中の腰痛対策

今からできる妊娠中の腰痛対策として

・軽い運動をする。
・重いものは持たないようにする。
・腰を温める。
・腰を休ませる。イスに座る。
・起きるときは一度横になってから。
・妊婦さん用のベルト、さらし、帯。

軽い運動をする。
腰痛になると、腰の周りの血行が悪くなります。血流が悪くなると疲労回復も遅れるので、軽い運動をして筋肉を動かすようにしましょう。

マタニティヨガやマタニティスイミングなどもおすすめです。特にマタニティスイミングは腰の負担も軽くしてくれるので利用している妊婦さんも多いです。

重いものは持たないようにする。
なるべく重たいものを持たないようにしましょう。重たいものを運ぶときは、家族に協力してもらって運ぶようにしましょう。

ミネラルウォーターなど重たい買い物には、パパや家族についてきてもらって買い物をするようにします。

腰を温める。
腰を温めることによって、筋肉の疲労が軽減されます。カイロなどでゆっくり温めるといいようです。

腰を休ませる。イスに座る。
長時間立ちっぱなしだと、腰に負担が掛かります。まめに休憩を取るようにして腰を休ませるようにしましょう。少しの間でもイスに座ることでも随分と違ってきます。

起きるときは一度横になってから。
寝た状態から起きるときは、一度横になってから起きるようにすると腰の負担が減らせます。いきなり起き上がるのは避けるようにしましょう。

妊婦さん用のベルト、さらし、帯。
産婦人科でも妊婦さん用のベルトや帯を販売しているところがあります。ベルトや帯を使うことでも腰痛を軽くすることができます。

一般に販売されている妊婦さん用のベルトは「トコちゃんベルト」が人気があります。トコちゃんベルトを使うのもいいと思います。

このように、妊娠中期の腰痛は対策することで軽減できるようになります。自分に合った腰痛対策を試してみてください。

この他、妊娠中期の注意点は妊娠中期の注意点で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで詳しく紹介しています。読んでみてください。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 妊娠中期の下腹部痛、出血なし?22週や6ヶ月の中期の痛み。
  • 妊娠中期の体重
  • 妊娠中期の風邪
  • 妊娠中期のむくみ
  • 妊娠中期の頭痛