妊娠中の便秘

妊娠中の便秘

妊娠中の便秘

妊娠中の便秘は、生理的な現象で多くの妊婦さんが悩んでいます。今まで便秘になったことがない人でも便秘になることもあります。

妊娠中に便秘になることは、ある程度仕方のないことなので、生活や食事を見直すことによって改善していくようにしましょう。

妊婦に市販の便秘薬は危険!

妊婦に市販の便秘薬は危険!

市販の便秘薬は、妊婦さんに使うのは危険なのでやめるようにしましょう。

市販の便秘薬の中には、妊婦さんに使ってはいけいない成分が入っていることがあります。特にセンナがダメなので市販の便秘薬は使わないようにしましょう。

どうしても便秘が解消できないときは、妊婦健診や産婦人科受診で便秘薬を処方してもらうようにします。

次は、妊娠中に便秘になる原因と解消法について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠中に便秘になる原因

妊娠中に便秘になる原因

妊娠中に便秘になる原因として、

・ホルモンによる影響
・食事の偏り
・妊娠中の運動不足

このような原因が考えられます。

ホルモンによる影響
妊娠中の便秘はホルモンバランス

妊娠中には、黄体ホルモンや卵胞ホルモンなど様々なホルモンが分泌され体内でダイナミックな変化が起きています。

この中でも黄体ホルモンは、子宮が大きくなるのを助けるため子宮を柔らかくする役目があります。この影響が胃腸まで影響して動きを鈍くします。

胃腸の動きが鈍くなると、胃痛や便秘の原因となります。

食事の偏り
便秘は偏食から

妊娠初期はつわりで食べることができずに水分不足、つわりが明けると食欲が増して好きなものばかり。。。

こんな食生活を続けていると便秘になりやすくなります。

妊娠中の運動不足
妊娠中は運動不足

妊娠中にはつわりで動けなかったりと、つい運動不足になりがちです。

このようなことが便秘になる原因と言われています。

妊娠中の便秘を解消するには

妊娠中の便秘を解消するには

妊娠中の便秘を解消するには、

・食事内容を改善する。
・水分を多く補給する。
・軽い運動を行う。

上記の3点が大切になってきます。

食事内容を改善する。
妊娠中は食事が重要

妊娠中は、ママと赤ちゃんのことを考えて栄養豊富でバランスのよい食事にすることが大切です。脂っこいものや味付けの濃い食事は控えるようにしましょう。

塩分の取りすぎには注意!
妊娠中に塩分を取り過ぎてしまうと、妊娠高血圧症候群になるリスクが高まることが知られています。

妊娠高血圧症候群とは、高血圧で脳卒中になったり痙攣を起こす病気で、ママや赤ちゃんに影響を起こすこともあります。妊娠中はなるべく塩分を控えた食事になるように改善していきましょう。

便秘対策としては、食物繊維を多く含んだ食品を食事に取り入れるようにします。キャベツや大豆、ワカメなどに多く含まれているので積極的に食べるようにしましょう。

妊婦さんが食べない方がいい食品がある!
マグロやメカジキ、金目鯛などは水銀が含まれているため、妊娠中は食べないほうがいいでしょう。また、ひじきにもヒ素が含まれてるので食べないほうがいいです。

また、妊娠初期にはビタミンAの取りすぎが赤ちゃんへ影響することが知られています。鰻やレバーなどを毎日食べずに控えたほうがいいでしょう。

水分を多く補給する。
妊娠中の便秘には水分

妊娠中は、水分が不足がちになります。なるべく水分を補給するように心がけましょう。麦茶などでもいいと思いますが、緑茶には鉄分吸収を阻害する成分があるので注意してください。

補給する水分は、ノンカフェインものを選ぶようにしましょう。

軽い運動を行う。
便秘解消に運動

産婦人科医から運動を止められている、安静を指示されている人以外は、体調を考慮した上で軽い運動を行うようにすると便秘解消になります。

マタニティスイミングやマタニティヨガなどもいいですね。マタニティスイミングは、腰の負担も軽くしてくれるのでおすすめです。

妊娠中の便秘は、食生活や生活習慣を見直すことで改善できます。それでも改善できない場合は、産婦人科を受診して便秘薬を処方してもらうようにしましょう。

妊娠線のケアは早めに。

今、妊娠線のケアをしないと、大変なことに!?

一度妊娠線が出てしまうと、元に戻すのが大変になります。

妊娠線のケアは、早いうちから始めることが大切です。

詳しくは下記から
妊娠線のケアは今!
妊娠線のケアは今!

妊娠中の下痢

妊娠中の下痢で悩む妊婦さんもいます。妊娠すると便秘になる人が多いですが逆に下痢を起こす人もいます。原因は、ホルモンバランスの変化と考えられますが、その他の原因もあります。

お腹の冷えやストレス、脂っこいものをたくさん食べることでも下痢を起こします。下痢が何日も続くようなら、早めに産婦人科を受診して原因を調べるようにしましょう。

下痢の症状は、人によって様々で便秘と下痢を繰り返す人や胃痛や腹痛のあとに下痢になる人もいます。また、鉄分の薬や漢方薬を飲むことで下痢になってしまう人もいるようです。

下痢にならないように対策するには、便秘を解消するようにして、脂っこいものや生もの、賞味期限切れのものは食べないなど、今まで以上に食生活や生活習慣に気を配ることが大切です。詳しくは妊娠中の下痢でまとめています。

この他、妊娠中の注意点については妊娠中の注意点で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいでまとめました。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 妊娠中の下痢、妊娠初期に胃痛や下痢になる原因
  • 妊娠中の腹痛で下痢
  • 妊娠中の胃の痛み
  • 妊娠中の不眠
  • 妊娠中のかゆみ