妊娠初期症状で風邪

妊娠初期症状で風邪

妊娠初期症状で風邪

妊娠初期症状で風邪に似たような症状があるときがあります。

妊娠初期症状と普通の風邪のときとでは、症状自体があまり変わらないので妊娠に気が付かない人もいます。

妊娠の症状は、風邪の症状とよく似ていると言っても、あまり高い熱などはでないので、高熱や関節が痛いなど症状があるときは、病院を受診するようにしましょう。

主な妊娠初期症状

主な妊娠初期症状

妊娠初期症状は風邪のような症状の他にも色々な症状があります。

しかし、妊娠の症状と普段の生理前の症状がよく似ているため違いが分からないこともあります。

生理予定日を過ぎても生理が始まらない時は、妊娠検査薬を使って妊娠していないか検査してみましょう。

次は、症状を詳しく紹介していきます。

スポンサードリンク

妊娠初期の症状

妊娠初期の症状

妊娠初期の症状は、頭から足まで様々症状が出ます。

妊娠初期の症状
・頭痛
・吐き気
・めまい
・頭がキンキン
・鼻水
・くしゃみ
・鼻づまり
・風邪の症状

妊娠初期の症状

・胸が張る
・胸が痛い
・胃が痛い
・胃がキリキリ
・腹痛
・腰痛
・下腹部痛
・下腹部がチクチク
・股関節が痛い
・足の付け根が痛い
・足がむくむ

妊娠初期症状で腹痛

このような症状が妊娠初期に現れることが多いようです。

妊娠前・妊娠初期に絶対必要な葉酸

妊娠初期に葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


妊娠を確かめよう

妊娠を確かめよう

上記のような症状が出て「妊娠かも?」と思ったら、妊娠検査薬で妊娠していないか確かめてみましょう。

通常の妊娠検査薬の使用時期は生理予定日の1週間後ですが、生理予定日当日でも判定できる検査薬があります。(商品名:チェックワンファスト)

検査薬で陽性が出たら、すぐに産婦人科を受診して正常な妊娠かどうか診察してもらいます。妊娠検査薬では、妊娠は分かるものの正常な妊娠かどうかまでは分かりません。

子宮外妊娠(異所性妊娠)など、正常な妊娠でない場合もありますので、検査薬で陽性ならすぐに病院を受診してください。

妊娠検査薬の精度はほぼ100%です。陽性なら妊娠していると思ってください。(ごく一部の症例を除く)

子宮外妊娠は、後に重大な結果をもたらすことがあるので、早期に診断するすることが大切です。

妊娠が分かったら?

妊娠が分かったら?

産婦人科に行って正常な妊娠が分かったら、日頃の生活と食事を見直して安産体質を目指しましょう。

安産体質になるポイント
・ストレスを溜めない。
・体の冷えを改善する。
・食事はバランスよく。
・1日三食きちんと食べる。
・軽い運動で体力を維持。

このような点に注意して安産体質になりましょう。

ストレスを溜めない。
妊娠中はストレスを溜めない。

妊娠初期はホルモンバランスが大きく変化して体調も優れないことが多くなってきます。つわりも始まって食べることができないことも。

ストレスも体調不良の原因になるので、妊娠中はストレスを溜めないようにすることが大切です。

体の冷えを改善する。
妊娠初期には冷えないように

妊娠中の体の冷えは、ママと赤ちゃんにとってよくありません。ママの体が冷えるとお腹が張りやすくなります。お腹が張ると言うことは血行が悪くなっているので、体を冷やさないような服装にチェンジすることが必要です。

でも、カイロなどで直接お腹を温めるようなことはNGです。また、サウナもダメですので気をつけてください。

食事はバランスよく。
妊娠中の食事はバランスよく

妊娠中は、ママと赤ちゃんのことを考えて栄養バランスを考えてた食事に改善していきましょう。妊娠初期には葉酸がよいと言われるので、ほうれん草やいちごを積極的に食べるようにしましょう。

葉酸は、食事から必要量を摂取するのは難しいので、サプリからの摂取がおすすめです。厚生労働省もサプリのほうが吸収効率がよいとしてサプリでの摂取を推奨しています。

サプリならつわり中でも無理なく飲むことができます。妊娠に最適なサプリの選び方については失敗しない!葉酸サプリの選び方で詳しく紹介しているので読んでみてください。

妊婦さんの食事は、一つの食材を食べ続けるのではなく少しずつたくさんの種類の食材を食べるようにしましょう。

1日三食きちんと食べる。
妊娠中の食事は1日三食きちんと食べる。

妊娠中は、1日三食きちんと食べることが大切です。朝食を抜く人も多いと思いますが、朝食を抜いてしまうと栄養不足になる可能性があります。

朝食は、一日の元気の素なので、しっかり食べるようにしてください。

軽い運動で体力を維持。
妊婦の体力維持に運動

妊娠でお腹が大きくなると、どうしても運動不足になりがちです。切迫早産、切迫流産、安静を指示されている人以外は、軽い運動を行って体力の維持に努めましょう。

ウォーキングをすると、周りの景色も楽しめて気分転換にもなります。おすすめです。

話は戻りますが、高熱や体の節々が痛いなどのような症状は、妊娠初期症状ではないかもしれません。インフルエンザでも同様の症状になるので、早めに病院を受診するようにしましょう。

【関連記事】
妊娠初期の注意点や気を付けることをまとめています。下記のページを読んでみてください。

妊娠初期の注意点

妊娠したい人におすすめの記事は下記のページで、詳しく紹介しています。おすすめです。

妊娠したい

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 妊娠初期の咳、咳が止まらないのは咳喘息?妊婦さんは増加傾向。
  • 妊娠初期、超初期のインフルエンザ感染の影響、リレンザの胎児に対する影響は?
  • 妊娠初期のくしゃみ
  • 妊娠初期の微熱
  • 妊娠初期の寒気