排卵日の症状@排卵日前はどうなるの?排卵痛は?

排卵日の症状

排卵日の症状

排卵日の症状として、おりものが変化と痛みである排卵痛、出血があります。この中で自分で実感できるものが、おりものの変化です。

しかし、おりものの変化だけで排卵日を特定することはできません。基礎体温表を作るとことでもある程度の目安は予測できますが、排卵日当日を特定することは難しいとされます。

正確な排卵日予測するには、産婦人科受診して検査するか、自宅で排卵検査薬を使うことで分かるようになります。

具体的な排卵日の症状

具体的な排卵日前の症状や排卵痛の症状

具体的な排卵日の症状としては、

・おりものが伸びる。
・子宮がチクチク痛い、下腹部痛。
・排卵出血。
・胸が張る、胸痛い
・頭痛
・眠い、だるい。
・吐き気。
・お腹の張り、胃痛。
・下痢。
・足の付け根が痛い。
・イライラ。

上記のような症状があります。

この中で排卵痛と呼ばれる症状は、子宮の周りや卵巣付近がチクチク痛い、左右どちらか片方の下腹部痛などになります。

自覚症状として感じやすいのが、排卵日のおりものの変化です。

排卵日には、おりものが伸びる。

普段はトロッとしているおりものが、排卵日近くになると卵白のようなさらっとした伸びの良いおりものに変化していきます。ビヨーンと伸びが良くなります。

どのぐらい伸びるかというと、個人差がありますが、約10Cmぐらい伸びるようになります。おりものが伸びる症状は、精子の動きを助けるためで子宮内に入るのをサポートする役目があると言われています。

体感的には、おりものがサラッとなってきたら排卵日が近づいていると考えていいようです。

子宮がチクチク痛い、下腹部痛。

排卵日近くになると、お腹がチクチク痛かったり下腹部痛を感じることがあります。これは排卵痛と呼ばれるもので、下腹部全体に痛みを感じる人や右左どちらか片方に痛みを感じる人がいます。

排卵痛を感じる原因として、卵胞から卵子が飛び出す際に出血を起こし、その出血が腹膜を刺激して痛みを感じるとされます。

排卵痛は感じる人と感じない人がいるようです。

排卵出血。

卵胞から卵子が飛び出すときには出血を伴いますが、排卵日に少量の出血があることがあります。この出血を排卵時出血と呼びます。

ちょうど生理開始日から2週間前後に起こる出血です。

排卵時出血は正常と考えられるのですが、子宮内膜症や子宮頸管ポリープなどの他の病気でも出血を起こすことがあるので、出血を感じたら産婦人科を受診して原因を調べるようにしましょう。

妊娠前から先天性異常のリスクに注意!

妊娠前から先天性異常のリスクに注意!

妊娠前から初期にかけて、葉酸が不足すると、「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなることが、世界的な疫学的調査で明らかになっています。

日本でも、2002年から厚生労働省が妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取するように通知を出しています。

葉酸は、食事から摂取できる栄養素ですが、妊活中のママに必要な量が不足しているのが現状です。

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないようにしましょう。

詳しくは、下記ページで紹介しているので読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

葉酸は絶対に必要な栄養素

排卵日の症状はいつからいつまで?

排卵日の症状はいつからいつまで?

排卵日の症状は、いつからいつまで続くのでしょうか?

排卵日は、生理開始日から12~16日前に起こることが多いです。(体調や精神面の変化で2.3日ズレることがある。)

低温期は変動しますが、高温期は一定に期間であるため、生理開始から12~16日前に排卵が起こると推定されます。

ですので、この日を挟んだ2.3日ぐらいの期間に排卵日の症状が現れるようになります。

排卵日は低温期の一番最後じゃない?

基礎体温表でいうと、低温期の一番最後ということになりますが、実は排卵するのが、一番最後の日ではなく、排卵日を挟んだ前3日、後1日に起こることがあります。

個人差がありますが、この期間に排卵が起こることが多いようです。

タイミング法を試すなら、この期間に。
妊娠する方法として一般的なタイミング法を試すには、上記の期間である排卵日を挟んだ排卵日を挟んだ前3日、後1日の期間に仲良しすれば妊娠できる確率もアップします。

妊娠したいなら、排卵日を挟んだ前3日、後1日の期間に集中的に仲良ししましょう。

この次は、症状で排卵日を特定するのは無理?について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

症状で排卵日を特定するのは無理?

症状で排卵日を特定するのは無理?

おりものの変化や排卵痛、排卵時出血など症状だけで排卵日を特定することは困難です。基礎体温表でもある程度の目安しか分かりません。

正確な排卵日を予想するには、、排卵検査薬で調べるか産婦人科を受診して超音波検査を受けるしか方法はありません。

排卵検査薬は、自宅で排卵日を調べることができる便利な検査薬ですが、自分で検査してもうまくいかない場合があります。

正確な排卵日を調べるには、産婦人科を受診することが一番です。産婦人科を受診すれば妊娠しやすい体質かどうか分かり、正確な排卵日も予測できるため妊娠のタイミングを取りやすいメリットがあります。

産婦人科を受診するのは少し勇気がいることですが、受診するメリットのほうが大きいので勇気を出して受診してみてください。

排卵日の体温はどのぐらい?

排卵日の体温はどのぐらい?

排卵日の体温がどのぐらいになるかというと、個人差があって一概には言えません。排卵日は基礎体温表でいう低温期の最後付近の前3日、あと1日ぐらいに起こることが多いので、低温期の体温か高温期の最初の体温ぐらいに当たります。

一般的に、低温期は36.4度から36.7度、高温期の体温が36.7度から37度前後だと言われています。

しかし、基礎体温は個人差があって、低温期が36.4度から低いからといって異常というわけではありません。まずは、自分の低温期と高温期の体温を調べるために基礎体温を測って表にしてみましょう。

最近では、スマホのアプリでカンタンに記録できるので記録してみてください。

体温からは排卵日を特定できない。
体温は日々変化しています。体温の変化だけで排卵日を特定することはできません。

妊娠したなら、排卵日付近で仲良しすることが大切です。しかし、正常な生理周期の人でも2.3日のズレがあるとされます。

排卵日当日だけでなく、排卵を含めた前3日、あと1日の期間に仲良しできるようにしましょう。

排卵日の症状と産婦人科

排卵日予測で受診する時期は、生理が終わった直後がいいです。この時期なら次のタイミングを逃さず見つけることができます。受診するときには、基礎体温表を持って行くとスムーズに進みます。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


頭痛や吐き気、腰痛は生理前症候群かも?

頭痛や吐き気、腰痛は生理前症候群かも?

排卵日の症状として、頭痛や吐き気、眠たい、腰痛、腹痛、胃痛、気持ち悪い、ムカムカ、にきび、寒気などを訴える人もいますが、こんな症状は生理前症候群かもしれません。

生理前症候群とは、生理予定日の10日ぐらい前から起こる様々な症状で、頭痛や吐き気、めまい、胃痛や腰痛を感じる病気です。

生理予定日の10日前ということは、ちょうど排卵日近くということになります。このような症状は、排卵日の症状とは違うので症状が重いときは治療が必要なこともあります。

詳しくは生理前症候群とは?で説明しているので読んでみてください。

このように、排卵日の症状だけで排卵日を特定することはできません。正確な排卵日を調べたいなら産婦人科を受診してみましょう。

今月の排卵日コラム

今月の排卵日コラム

■排卵日もズレることがある
毎月決まった周期で来ていると思われている排卵日ですが、実は日にちがズレることがあります。生理周期と同じで排卵日がズレてくることがあるのです。

健常な女性でも、2・3日生理が遅れたりすることがあります。これと同じで生理周期もズレることになって排卵日もズレてくることがあるのです。

排卵日がズレることで影響があるのが、タイミング法です。タイミング法とは、排卵日付近で集中的に仲良しをして妊娠を目指すものです。産婦人科でも指導されている妊娠法です。

この妊娠法は、排卵日を中心に行うので、排卵日が違うとタイミングも違ってくることになります。正しいタイミング法を行うには排卵日の特定が大切になります。

排卵日を正確に知るには、産婦人科を受診して超音波検査を受けることで分かります。妊娠したくても中々妊娠しない人は、産婦人科を受診してタイミング法を指導してもらうことも選択肢の一つです。

排卵日当日が妊娠しやすいと言われていますが、前3日、後1日の期間が最も妊娠しやすいと言われています。この期間をカバーすれば、排卵日が多少ズレていてもタイミングは合うことになります。

排卵日は、基礎体温表からも推定できますので、基礎体温表を記録してもいいでしょう。

タイミング法を成功させるには?
タイミング法を成功させるには、排卵日を調べることと、もう一つ大切なことがあります。

それは、パパに排卵日を教えないことです。男性は意外にプレッシャーに弱いようです。「今日は排卵日だから早く帰ってきて」と言われることで、プレッシャ-を感じてしまうのです。

男性がプレッシャーを受けることで、精子の数が減少したり運動率が落ちることが分かっています。

タイミング法を実践しても中々妊娠できないときは、なるべくプレッシャーを掛けなうようにするといいかもしれません。このことを回避するには、日頃から定期的に仲良しをすると成功率が上がるかもしれません。

あるデータでは、排卵日だけ仲良しをするよりも、毎日あるいは週2・3回仲良しをするほうが妊娠率が高いという報告もあります。

妊娠を目指すなら、頻繁に仲良しすることも方法の一つだと思います。

■排卵日が間違ってる?
排卵日の症状は出血やおりものがびよーんと伸びるなど体調などの変化で分かることもあります。生理周期が規則正しく来ている人は排卵日が予測しやすいとされます。

ですが、生理周期が正しく来ている人でも排卵日にズレが生じることもあるのです。また、生理周期が規則正しい人でも2・3日のズレが生じることがあります。このズレは異常ではなく正常の範囲です。機械ではないのでゆらぎがあります。

排卵日にズレがあると、タイミング法などを行っている人に影響が出ることがあります。目安となる排卵日が予測よりズレてしまうので妊娠しにくい可能性が出てきます。

排卵日の症状に頼らずに排卵日を特定するには基礎体温表を使うか、産婦人科で超音波検査を受ける、排卵検査薬を使うなどの方法があります。

この中でも確実に排卵日を特定できる方法は、産婦人科で超音波検査を受けることです。これなら正確な排卵日が予測できるのでタイミングもとりやすくなります。

これ以外には排卵検査薬を使って排卵日を特定する方法もあります。自分が試しやすい方法から始めるようにしましょう。

排卵日も分かってタイミング法も行っているけど、中々妊娠できないこともあります。不妊で悩んでいる人も多くいます。

不妊の原因としては、生理が正常でも排卵ができていないこともあります。毎月決まった時期に生理が来ても排卵ができていない状態もあります。

このようなときは、基礎体温表を作ればある程度分かるようになります。健常な人の基礎体温表は2相に分かれますが、排卵がないとジグザグやガタガタの表になります。

妊娠を目指すなら、排卵日症状とともに基礎体温表をつけることから始めてみましょう。

■排卵日の症状とおりもの
排卵日の主な症状に出血とおりものの変化があります。排卵出血のほうは、出血を起こす人がそんなに多くないので、今回は排卵日のおりものについて紹介します。

排卵日が近づくとおりものにも変化が現れます。排卵日に近づくにつれておりものの量が増えていきます。

この時期のおりものは、受精を円滑に行うためにさらっとした伸びのよいおりものに変化します。量も増えるので家庭医学的に排卵日が近いサインとなります。

ここで、おりものについておさらいしましょう。

おりものの役目
おりものは、子宮頸管や膣から分泌される内容物で、外部からの雑菌の侵入を防ぐ大事な役目を持っています。

おりものは、女性ホルモンの分泌量に大きく関係していて、女性ホルモン(卵胞ホルモンと黄体ホルモン)の分泌量の変化でおりものにも変化が現れます。

洗いすぎに注意!
ウォシュレットなどには、ビデ機能が付いているものがほとんどです。日頃から利用している人も多いと思いますが、洗いすぎには注意してください。

デリケートゾーンを洗いすぎてしまうと、おりものまで洗い流すことになり自浄作用が低下して雑菌が侵入しやすくなります。雑菌が入ると細菌性膣炎やカンジダ症になりやすくなります。

妊娠中に細菌性膣炎になると、早産や流産、低体重児の出産などリスクが高くなることが知られています。

おりものの臭いがキツくなったり、黄色になる、血液が混じる、下腹部に不快感などの症状が出た場合には、すぐに産婦人科を受診して治療を行うようにしましょう。

おりものの出過ぎは異常?
排卵日が近づくと、おりものの量が増えてきますが、中には下着まで届くような量が出て「何かの病気?」と不安になることもあります。

ありものの量が多いのは異常ではありません。女性ホルモンが活発になっている証拠ですので心配はありません。

ですが、黄色や黄緑、ピンクや茶色、茶褐色など色が付いているときは炎症や出血のサインですので、産婦人科を受診するようにしましょう。

おりものの変化でタイミング法
妊娠しやすい方法として、排卵日付近で仲良しするタイミング法があります。

タイミング法を行う目安としておりものの変化を見つけるものがあります。排卵日が近づくと、おりものがビヨーンと伸びがよくなります。

伸びがよくなったところで仲良しするようにすると妊娠しやすくなります。

この方法は、自分で試すことができますが正確性では今ひとつです。自分が20代なら試していいかもしれません。

ですが、30代になると妊娠そのものがしにくくなるので、自然に妊娠できないときは不妊外来を夫婦で受診して指導してもらうことをおすすめします。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この他、排卵日全体のことについては排卵日でまとめています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしていください。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 赤ちゃんの障害リスクを劇的に下げる葉酸とは?
  • 赤ちゃんの障害リスクを劇的に下げる葉酸とは?
  • 着床出血の時期の体験談、妊娠経験のあるママに聞いた体験談M.Mさん、S.Oさん、K.Rさんの経験談。
  • 40代の妊娠確率、41歳、46歳、47歳、48歳の妊娠できる確率。
  • 妊娠初期の体験談を募集中です♪