2人目を妊娠しやすい方法

妊娠しやすい方法

2人目を妊娠しやすい方法

妊娠しやすい方法とは、自分の妊娠しやすい日を調べてその日付近で仲良しすることです。

夫婦共に健康で、自分の生理周期が安定していれば妊娠する確率を上げることができます。

妊娠しやすい日とは、排卵日のことです。自分の排卵日を調べるようにすれば、妊娠へ一歩近づくことができます。

今回は、2人目を妊娠しやすい方法を中心に紹介します。

二人目を妊娠しやすい方法

二人目を妊娠しやすい方法

二人目を妊娠する方法は、一人目と同じように排卵日付近で仲良しすることです。

生理が来ていれば、基礎体温表を付けてみて、排卵日を予測する方法がありますが、出産後はガタガタになって目安にならないかもしれません。

いつ排卵があるか分からないので、定期的に仲良しするほうが妊娠できる確率も上がります。

■母乳を止めると妊娠しやすい?

母乳育児を続けていると、妊娠しにくいという説があります。

母乳が出ることで、排卵を抑制するプロラクチンというホルモンが分泌されるからです。

妊娠したいと思ったら、母乳をミルクに変えてくることも方法の一つです。

二人目の妊娠はよく考えて。

二人目の妊娠はよく考えて。

一人目と違って二人目を妊娠することはちょっと事情が違ってきます。

二人目を考える時期は年齢が進んでいて、環境が変わってきています。ママは卵子の老化が進み、子宮筋腫などのリスクも高まってきます。

また、育児と仕事の両立でストレスも大きくなってきます。

パパは、仕事の責任が大きくなり、身体的にも精神的にも負担が大きくなってくる時期です。

卵子の老化やストレスは、妊娠できない原因の一つですので、一人目より妊娠しにくい状況になってくることが多くなってきます。

残念ながら卵子が若返る方法はないので、自分の体を健康にして、ストレスのないリラックスした環境を作ることが大切になります。

これは、ママだけでなくパパにも言えることです。

ストレスは、精子の運動率を下げたり数を減少させたりします。不規則な生活は体にストレスを与えます。

栄養バランスのよい食事に改善して、1日3食たべるようにします。十分な睡眠を取るようにしましょう。

ストレスは、上手に解消して溜め込まないようにします。

二人目の妊娠となると、パパの育児参加とサポートが不可欠です。

妊娠する前に、夫婦でよく相談しておくことが大切です。

産後は妊娠しやすい?

産後は妊娠しやすい?

産後は妊娠しやすいと言われますが、妊娠しやすいという意見と妊娠しにくいという意見に分かれています。

本来、授乳中はプロラクチンというホルモンが分泌されて排卵は起こりません。

育児中には、子宮と卵巣を休ませるようになっています。ですので、妊娠しにくいと言われます。

しかし、産後生理も来ていないのに、妊娠したという人も多くいます。母乳だから妊娠しないというわけでもないようです。

一人目の育児をしながら妊娠するとかなり大変なことになります。

育児と妊娠を両立することは大変なので、パパとよく話し合っておくことが大切です。

2人目妊娠を考えるなら、先天性異常のリスクに注意!

2人目妊娠を考えるなら、先天性異常のリスクに注意!

2人目の妊娠を考えているなら、生まれてくる赤ちゃんの先天性異常のリスクに注意してください。

妊娠前から妊娠初期にかけて、大事な栄養素である葉酸が不足すると、「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなることが分かっています。

このことは、世界的な疫学的調査で判明したことで、日本でも2002年より厚生労働省が妊活中や妊娠初期の女性に葉酸を積極的に摂取するように勧告を出しています。

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように注意してください。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

排卵日を調べる方法

排卵日を調べる方法

排卵日を調べる方法は、次のようなものがあります。

・基礎体温表を付ける。
・産婦人科で診てもらう。
・排卵検査薬を使う。

以上のような方法があります。

この方法は、生理周期が安定している人の方法です。

生理不順の人は、排卵日を見つけることが難しくなるので、生理不順を治療してから妊活を始めることをおすすめします。

次は、各項目について詳しく紹介していきます。

スポンサードリンク

排卵日を調べる3つの方法

排卵日を調べるには、3つの方法があります。

基礎体温表を付ける。

妊娠しやすい方法と基礎体温

生理周期が正常な人は、基礎体温を測ってグラフにすると低温期と高温期の2相に分かれます。この低温期の一番最後の日が排卵日だと言われています。

排卵前には、LH(黄体ホルモン)が急激に上昇するLHサージという現象が起こります。LHサージの変化をみても低温期の最後に一致しているので、この日が排卵日と言われるわけです。

ですが、実際にはちょっと違っていて、実際に排卵が起こるのは低温期最後の次の日、高温期へ移行する第一日目が多いことが分かってきました。

妊娠を望むなら、排卵日当日が一番妊娠する確率が高くなるので、この時期に仲良しするといいでしょう。

排卵日当日でなくても、排卵日を挟んだ前3日、あと1日が妊娠しやすい期間です。この時期に仲良しすれば、妊娠へ一歩近づけます。

産婦人科で診てもらう。

妊娠しやすい方法と超音波検査

産婦人科で超音波検査を受けることで、正確な排卵日を予測できます。正確な排卵日を知りたいなら、産婦人科を受診して診断してもらうといいでしょう。

妊娠を希望しているのに、中々妊娠できないという人は、産婦人科で赤ちゃんができない理由を調べてみることをおすすめします。

2年間普通の夫婦生活を行って妊娠できる確率は80%と言われています。2年以上妊娠できないなら不妊症になります。今は結婚する年齢も上がってきているので1年妊娠できないなら不妊症の治療を開始したほうがいいかもしれません。

排卵検査薬を使う。
排卵検査薬は、自宅で簡単に排卵日を予測できる便利な検査薬です。産婦人科や通販で購入することができます。

生理予定日の10日ぐらい前から検査を始めることが多いようです。

通販で買って自分で検査することもできますが、産婦人科を受診すれば、仲良しのタイミングや妊娠できない原因も調べることができるので産婦人科受診をおすすめします。

この他、妊娠しやすい時期については妊娠しやすい時期で、妊娠しやすい日の全般的な話題は妊娠しやすい日で詳しく紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしていください。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 妊娠しやすい食べ物、不妊で妊娠を希望するときの食事は?男性も改善。
  • 妊娠しやすい体作り!最も妊娠しやすい日はいつ?妊娠しやすい身体を作るためには?
  • 簡単に妊娠する方法、妊娠するためには?絶対妊娠する方法はある?
  • 早く妊娠する方法、子供出来やすい人と妊娠しにくい人の特徴
  • 妊娠しやすい日!排卵日前が一番!生理後は妊娠しやすい?