妊娠の高温期はいつまで続く?高い体温は4ヶ月、12週~15週頃まで。

妊娠と体温

妊娠と体温

妊娠と体温には深い関係があります。妊娠した時の基礎体温は、高温期が持続しているのが分かります。

高温期の体温が持続する期間が16~18日では妊娠している可能性があり、体温が高温期で21日以上続いていると妊娠の可能性が大きくなります。

生理予定日を過ぎても生理が来ないときは、妊娠検査薬で検査して確認してみましょう。

妊娠初期の体温はいつまで続く?

妊娠初期の体温はいつまで続く?

妊娠初期から高温期の体温が続きますが、一般的には胎盤が完成する4ヶ月、12週~15週頃には通常の体温へと下がります。

しかし、個人差が大きく8週や11週で下がったという人もいます。

体温が下がって一番心配なのは切迫流産ですが、切迫流産の場合は腹痛や出血を伴うことが多いようです。

基礎体温が下がって心配なら産婦人科を受診するようにしてください。

もし、基礎体温を測ることがストレスになるなら、医師と相談して計測を止めてしまうのも選択肢の一つです。

妊娠で体温が高くなる?

妊娠で体温が高くなる?

妊娠すると黄体ホルモンの影響で高温期が持続していきますが、急激に体温が上昇するわけではありません。基礎体温を測っていると分かりますが、低温期と高温期の差は0.3°程度とあまり大きくありません。

ネットなどでは、37°以上になったというお話もありますが、そこまで体温が上がらない人も多いようです。

高温期が21日以上続いていると妊娠している可能性が高くなります。21日後というと生理予定日より1週間後ぐらいになりますので、普通の妊娠検査薬が使える時期です。

妊娠検査薬が陽性になれば、ほぼ100%妊娠しています。

ですが、妊娠検査薬では正常な妊娠どうか分かりません。

陽性の場合は、すぐに産婦人科を受診して確定診断を受けて子宮外妊娠など異常妊娠でないか確認してください。

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期の時期は、先天性異常のリスクに注意が必要です。

妊娠前から妊娠初期にかけて、大事な栄養素である葉酸が不足してしまうと、「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなることが分かっています。

このことは、世界的な疫学的調査で判明したことで、日本でも2002年より厚生労働省が妊娠初期のママに対して葉酸を積極的に摂取するように通知を出しています。

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように注意してください。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

妊娠が分かってからの生活

妊娠が分かってからの生活

妊娠が分かったら、赤ちゃんをお迎えするために生活習慣や食生活を見直してみましょう。

妊娠後の服装
妊婦さんに冷えは禁物です。妊婦さんで冷えがあると血流が悪くなって子宮の働きが悪くなってきます。

冷えを改善するためにも、服装に気を遣っていきましょう。袖の短いシャツや肩が出てるものは避けて袖付きのものに着替えます。素足や肌の露出が多い服装も避けましょう。夏でも冷房などで冷えますので、上に羽織るものを持参するようにしてください。

スキニーやハイヒールも下半身の血流が悪くなる服装です。ゆったりしたパンツを選び、ヒールのないパンプスを履くようにしましょう。ヒールは腰痛やむくみの原因にになり、子宮周りの下半身に負担を掛けるのでヒールのないものを選びましょう。

おしゃれを我慢する必要はありませんが、冷えない服装を心がけるようにしてください。

妊娠後の食事
妊娠が分かったら、食事にも気を配りましょう。妊娠初期、12週までの間に葉酸を摂ると赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを減らすと言われます。

葉酸の推奨摂取量は1日あたり480μgです。葉酸は菜の花、モロヘイヤ、ほうれん草、ブロッコリー、アスパラガス、枝豆、パセリ、イチゴ、エリンギ、クレソン、サニーレタスなどに多く含まれます。

妊娠が分かった日から葉酸を積極的に摂るようにしましょう。

しかし、葉酸は食事から必要量を摂取するのは難しいので、サプリからの摂取がおすすめです。厚生労働省もサプリのほうが吸収効率がよいとしてサプリでの摂取を推奨しています。

サプリなら無理なく飲むことができます。妊娠に最適なサプリの選び方については失敗しない!葉酸サプリの選び方で詳しく紹介しているので読んでみてください。

妊娠には葉酸

バランスよく1日3食きちんと食べる。
妊娠してからは、ママと赤ちゃんが健康になるように、バランスよく1日3食きちんと食べることが必要です。

ファストフードやコンビニ弁当は控えて、おうちごはんにしましょう。体の冷えを取る根菜類を摂るのもいいですね。朝食を抜いている人も多いので、しっかりバランスよく食べることが必要です。

妊娠にストレスは大敵!

妊娠にストレスは大敵!

ストレスを受けると女性ホルモンのバランスがおかしくなり頭痛や肩こりなど体調不良を起こすことがあります。ストレスは十分に発散して溜めないようにしましょう。

睡眠不足も体にはよくありません。赤ちゃんのためにも一日最低6時間は眠るようにしましょう。

妊娠には睡眠

このように、妊娠と体温は非常に密接な関係があります。妊娠が分かったら生活習慣と食生活の見直し、ストレスを溜めないようにして赤ちゃんをお迎えする準備をしましょう。

妊娠の高温期は?

妊娠すると、高温期が持続して妊娠を継続できるようにします。高温期は11~16日ぐらいあるのが普通で、16日以上で妊娠の見込みがあって21日以上継続することで妊娠の可能性が高くなります。

この時期は、生理予定日の1週間後になるので妊娠検査薬が使える時期になっています。妊娠を感じたら、検査薬を使って陽性になるか確かめてみましょう。

陽性が出たら、すぐに産婦人科を受診して正常妊娠しているか確認するようにします。子宮外妊娠(異所性妊娠)や胞状奇胎などの異常な妊娠を除外するためです。

基礎体温を付けていると、どこから高温期か分からないことがあります。こんなときは、低温期の最後を基準に数えてみるようにしましょう。詳しくは妊娠の高温期は?で紹介しています。

この他、基礎体温と妊娠の話題については基礎体温と妊娠で詳しく紹介しています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 赤ちゃんの障害リスクを劇的に下げる葉酸とは?
  • 赤ちゃんの障害リスクを劇的に下げる葉酸とは?
  • 着床出血の時期の体験談、妊娠経験のあるママに聞いた体験談M.Mさん、S.Oさん、K.Rさんの経験談。
  • 40代の妊娠確率、41歳、46歳、47歳、48歳の妊娠できる確率。
  • 妊娠初期の体験談を募集中です♪