妊娠する確率

妊娠する確率

妊娠する確率

妊娠する確率は、年齢によって変わってきます。若い世代が妊娠する確率が大きく、年齢を重ねるごとに低下していき35歳を過ぎる頃から急激に低下していきます。

一般的には、普通の夫婦生活を行って2年以内に妊娠できる確率は約80%です。約8割のカップルが2年以内に妊娠していることになります。

また、最近の晩婚化で初産の年齢も上がってきています。俗に言う高齢妊娠(35歳以上)では確率が急激に下がることが分かっています。

厚生労働省によると、40歳以上で不妊治療を行っている人で妊娠から出産に至る確率は100人で2人つまり約2%しかなかったという報告があります。

妊娠を希望するなら、早く妊活を始めることが大切になってきます。今までは2年の不妊で不妊症と言われていましたが、今は高齢化もあり1年以内で不妊治療を開始する施設も増えてきています。

この次は、妊娠の確率を上げるにはどうしたらよいかを詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク

妊娠の確率を上げるには

妊娠の確率を上げるには

妊娠の確率を上げるには、早い時期に妊活を開始することが大切です。

妊娠できない理由の一つとして、卵子の老化があります。今の医学では、卵子の老化や質の低下が止めることができないので、できるだけ早い時期に妊娠を目指すことが大事です。

経験的に、不妊治療にみえる患者さんは極端に痩せた人や太った人が多い傾向があるようです。冷え症で血流が悪い人の割合も大きいと聞きます。

極端な痩せや肥満は、生理不順になったり排卵が止まったりします。肥満は糖尿病や成人病にもなりやすいので注意が必要です。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


今から妊娠を目指すなら、冷え症を改善して体調を良くして妊活を行うようにしましょう。不妊の原因の半分は男性にあるので、男性も生活習慣の改善などで妊娠しやすい体作りを目指すようにしましょう。

妊娠とストレス

妊娠とストレス

妊娠とストレスには、深い関係があります。ストレスを受けると生理が止まったり排卵できなかったりします。生理不順は不妊の原因とも言われるので、ストレスを上手に解消して妊活するのがいいでしょう。

男性も同様です。強いストレスを受けると、精子の数が減少したり運動率が落ちたりします。女性も男性もストレスを受けると、血流が悪くなったり体調が優れなくなったりするので、うまくストレスを解消していきましょう。

ストレスを解消するには、スポーツやヨガを行うのがおすすめです。ストレス解消と同時に代謝が上がってくるので体を動かすようにしたほうがいいでしょう。

妊娠にヨガ

妊活がストレスになる?
赤ちゃんが欲しいと思って、妊活を開始するのですが、妊娠を望む行動がストレスになってしまうことがあります。

妊娠の確率を上げるために、一番妊娠しやすい日と言われる排卵日付近で仲良しするのですが、それがストレスとなってしまうケースが多くあります。

ストレスを受けるのはパパも同様で、ママから「今日は排卵日だから早く帰ってきて」と言われのがストレスになることがあるのです。この日に限って残業だったり急な飲み会が帰りが遅くなることになるのです。

妊活は夫婦で行うものです。1人では妊娠できません。普段から排卵日を意識しなくて済む夫婦関係を作るのも大切です。

妊娠するために体調を整える

妊娠するために体調を整える

冷え症だったり体調が悪いままでは妊娠が難しくなってきます。夫婦で体調を整えていきましょう。体調を整えるには、生活習慣の改善と食生活の見直しが必要なってきます。

不規則な生活をしていると体にストレスになるので、なるべく規則正しい生活を送れるように生活を改善していきましょう。

食生活の改善も大切です。冷え症を改善するには、体を温める食べ物を食べるといいでしょう。ショウガや唐辛子などもいいですね。玉ねぎや人参など根菜類も体を温めると言われるので食事に取り入れてみましょう。

冷え症の改善に根菜類

妊娠前や妊娠初期には葉酸摂取が大事!

妊娠前や妊娠初期に葉酸が不足することで、無脳症や二分脊椎といった先天性障害のリスクが高くなることが分かっています。

妊娠前や妊娠初期に葉酸が不足しないように気を付けましょう。

食事から必要量を摂取するのは難しいので、サプリからの摂取がおすすめです。厚生労働省もサプリのほうが吸収効率がよいとしてサプリでの摂取を推奨しています。

サプリならつわり中でも無理なく飲むことができます。サプリでの葉酸摂取がおすすめです。妊娠に最適なサプリの選び方については失敗しない!葉酸サプリの選び方で詳しく紹介しているので読んでみてください。

妊娠する確率を上げるには、体調を整え代謝を上げることが大切です。軽い運動と栄養バランスの取れた食事を生活に取り入れてみましょう。

この他、妊活に欠かせない妊娠しやすい日については妊娠しやすい日で詳しく説明しています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 赤ちゃんの障害リスクを劇的に下げる葉酸とは?
  • 赤ちゃんの障害リスクを劇的に下げる葉酸とは?
  • 着床出血の時期の体験談、妊娠経験のあるママに聞いた体験談M.Mさん、S.Oさん、K.Rさんの経験談。
  • 40代の妊娠確率、41歳、46歳、47歳、48歳の妊娠できる確率。
  • 妊娠初期の体験談を募集中です♪