妊娠しやすい食べ物、不妊で妊娠を希望するときの食事は?男性も改善。

妊娠しやすい食べ物

妊娠しやすい食べ物

妊娠しやすい食べ物で、これさえ食べれば妊娠できるといった食べ物はありません。

ですが、日頃の食事を改善することによって、妊娠しやすい身体を作るようにすれば、妊娠しやすい体質になります。

妊娠しやすい体を作るには、栄養バランスを考えた食事を考えアルコールは控える、たばこは禁煙するといった嗜好品を控えることが大切です。

体を妊娠体質にするには、健康で体調が良く、ストレスがない体作りを目指すことになります。日常生活を改善して妊娠に近づけるようにしていきましょう。

妊娠と食べ物

妊娠と食べ物

妊娠しやすい体質になるためには、体の冷えを改善して代謝を上げて血流を良くすることが大切です。

冷えは妊娠できない理由の一つと考えられるので、冷え症を改善するのが目標になります。

冷えを改善するには、ショウガや唐辛子など体を温めると言われる食材を食事に取れ入れるようにしてください。

根菜類も体の冷えを改善すると言われていますので、シチューや煮込みにして食べるのがおすすめです。

妊娠しやすい食べ物にシチュー

アボカドや玉ねぎも妊娠によい。

妊娠にアボカド

アボカドは、食物繊維も豊富でビタミンE類やミネラル、妊娠初期によいとされる葉酸を多く含んでいる食べ物です。

アボカドは美肌や腸もきれいにしてくれるので食事に取り入れてみましょう。

玉ねぎも体を温めると言われるのでサラダにして一緒に食べるといいでしょう。

男性には牡蠣や山芋

男性の妊娠にカキ

男性も食べ物を改善することで、妊娠へ近づくことができます。牡蠣や山芋には亜鉛などミネラルが豊富に含まれていて妊娠によいとされます。

牡蠣や山芋を食事に取り入れるのもいいでしょう。

妊娠へ向けた食事の注意点

妊娠へ向けた食事の注意点

妊娠しやすい食べ物を食事に取り入れる際にいくつか注意することがあります。

妊娠へ向けた食事の注意点

・食べ過ぎない。
・偏らない。
・3食きちんと食べる。
・入れ込まない。

食べ過ぎない。
いくら妊娠にいいからと言って、食べ過ぎるのは体に良くありません。食べ過ぎてしまうと肥満になったり成人病になったりと体に負担を掛けてしまいます。

何分にも、適量の食事が一番です。過度な食事にならないように気をつけましょう。

偏らない。
妊娠しやすい食べ物ばかり食べていると栄養が偏ってしまいます。いくら妊娠に良くても、そればかり食べていると飽きがきますし栄養が取れなくなります。

こちらも適量、お肉・お魚。野菜をバランスよく食べることが大切になってきます。

妊娠しやすい食べ物はバランスよく

3食きちんと食べる。
普段の食生活の中で、朝食を抜いている人も多くいます。朝食を抜いてしまうと、前日から10時間以上胃の中に食べ物が入っていない状態となるので、体にとって負担となります。

健康な体を作るには、3食きちんと食べるのが基本です。できるだけ同じ時間帯に3食食べるようにしましょう。

入れ込まない。
妊娠に入れ込んでしまうと、妊娠へ向けた行動がストレスになって妊娠できない悪循環になることがあります。あまり入れ込まずにリラックスした気持ちで作ってみましょう。

妊娠したいなら、先天性異常のリスクに注意!

妊娠したいなら、先天性異常のリスクに注意!

妊活中のママに知ってほしいことがあります。

生まれてくる「私の赤ちゃん」の先天性異常のリスクのことです。

厚生労働省によると、妊娠前から妊娠初期にかけて、葉酸が不足すると「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなるということが明らかになりました。

そこで、2002年より妊娠前と妊娠初期の女性に葉酸を積極的に摂取するように通知を出してます。

葉酸は、色々な食品に含まれていて普段の食事でも摂取できますが、熱に弱く吸収率も悪いので妊活中のママに必要な量に不足しているのが現状です。

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように注意してください。

詳しくは、下記ページで解説しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

2年以上妊娠しないなら産婦人科へ

2年以上妊娠しないなら産婦人科へ

2年以上通常の夫婦生活を行って妊娠できないときは産婦人科へ行って妊娠できない理由を調べてください。2年以上妊娠できないなら不妊症になります。

一般的に2年夫婦生活を行えば約8割の人が妊娠すると言われています。この期間で妊娠できないということは、どこかに原因があると考えられます。

現在は晩婚化の影響もあり1年で妊娠できないなら、不妊治療を開始する人も増えています。妊娠できないと感じたらすぐに産婦人科を受診するようにしましょう。

妊娠できない理由はピックアップ障害?
女性、男性ともに不妊の原因がありますが、特に女性の場合は、通常の不妊検査を受けても異常が無いことがあります。このようなときには、ピックアップ障害が起きているかもしれません。

ピックアップ障害があると、正常に排卵していても卵管に卵子がたどり着けないことが多くなります。卵管まで卵子が来ないと受精もできないので妊娠できないことになってしまいます。

また、何かしらの原因で卵管が詰まっているかもしれません。卵管通水検査や子宮卵管造影で卵管の通りを確認することも多く行われているようです。

卵管通水検査や子宮卵管造影は、その後は妊娠しやすくなるゴールデンタイムがあると言われます。この妊娠しやすい期間は約半年続くとされます。

男性は温めない
医学的根拠はありませんが、男性は下半身を冷やして締め付け無いような服装にするといいと言われます。温まると精子が弱ることもあるので、下着は緩いものに変えるといいかもしれません。

ブリーフやボクサーパンツではなくトランクスを履くなど工夫してみましょう。

妊娠しやすい体作り

妊娠しやすい体作り

妊娠しやすい体を作っていくには、添加物や調理済みの食品は避けてできるだけ自然由来の食材を使うようにすることをおすすめします。

コンビニ弁当や外食、調理済みの食べ物は確かに便利なのですが、糖分や塩分が多く、添加物や食材の原産地などが不明なことがあるなど、妊娠には向いていません。

できれば、自宅で調理したものを毎日食べるようにするといいでしょう。

次は、妊娠しやすい体質について紹介します。

妊娠しやすい体質

妊娠しやすい体質

妊娠しやすい体質とは、夫婦ともに健康でストレスもなく体調が良いことをいいます。

女性の場合は、生理周期が正常で不正出血もなく排卵が正常にあってピックアップ障害もない、ストレスがない状態がよいとされます。男性の場合は、ストレスもなく抗精子抗体など精子の製造を妨げる因子がなくストレスもない状態が妊娠しやすいと言われます。

このような体質を目指して生活習慣や食生活を改善していくことになります。

このように、妊娠しやすい食べ物だけでなく生活習慣や食生活まで含めた改善をすると妊娠が期待できる可能性もあります。自分のできるところから始めてみてください。

この他、妊娠しやすい日に関連した話題は妊娠しやすい日で詳しく紹介しています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 2人目を妊娠しやすい方法
  • 妊娠しやすい体作り!最も妊娠しやすい日はいつ?妊娠しやすい身体を作るためには?
  • 簡単に妊娠する方法、妊娠するためには?絶対妊娠する方法はある?
  • 早く妊娠する方法、子供出来やすい人と妊娠しにくい人の特徴
  • 妊娠しやすい日!排卵日前が一番!生理後は妊娠しやすい?