妊娠しやすい体作り!最も妊娠しやすい日はいつ?妊娠しやすい身体を作るためには?

妊娠しやすい体作り

妊娠しやすい体作り

妊娠しやすい体作りとは、日頃の生活習慣や食生活などを見直すことによって作っていきます。体が健康になって体調が良くなってくると、妊娠できる可能性も上がってきます。

また、自分の体が正常なのか調べることも大切です。正常な生理周期になっていないと、妊娠できる可能性も低くなります。生理不順や不正出血が起きていないか確かめてみましょう。

妊娠しやすい体とは?

妊娠しやすい体とは?

妊娠しやすい体とは、健康でストレスがなく生理が順調に来ている状態のことをいいます。男性では、ストレスがなく体調も良好で精子の数も正常であることを示しています。

女性、男性どちらも健康であれば妊娠しやすい環境にあるといえます。正常な夫婦生活を行って2年以内に妊娠できる確率は約9割です。

以前は2年以上妊娠できないなら不妊症と言われていましたが、最近では、晩婚化の影響もあり1年以上妊娠できないなら不妊治療を開始するようになってきています。

赤ちゃんが欲しいと思って、1年以上妊娠できないなら産婦人科を受診して、妊娠できない理由を調べたほうがいいかもしれません。

妊娠しやすい体を作るために

妊娠しやすい体を作るために

妊娠しやすい体を作るためには、生活習慣と食生活の見直しが大切です。不規則な生活と乱れた食生活のままでは、健康で体調が良くなることは難しいかもしれません。

規則正しい生活と食事で健康で体調が良くなる環境を作り出しましょう。

■妊娠しやすくなる生活

妊娠したいなら、夫婦共に健康で体調を良くしていくことが大事です。不規則な生活で睡眠不足になっていませんか?

睡眠不足になると、日中も体がダルくなって本来の体調に戻ってきません。寝る時間がバラバラになると体のリズムが乱れてきます。できるだけ、同じ時間帯に寝るようにして十分な睡眠時間を取るようにしましょう。

妊娠しやすい体は睡眠から

■ストレスを溜め込まずに解消する。

ストレスも妊娠できない原因の一つと言われています。妊娠できる年齢になると社会的責任も大きくなりストレスを溜め込む原因となります。

ストレスは、体調不良の原因になるので溜め込まずに解消することが大切です。軽い運動でも解消できることが多いので、空いた時間に運動するのもいいでしょう。

カラオケやスポーツなどでもいいですね。代謝が上がると体調も良くなってくるのでおすすめです。

カラオケがストレス解消に

■食生活を見直してみる。

自分の好きなものばかり食べたり、外食が多くなると栄養も偏りがちになります。妊娠前には、亜鉛や葉酸、ビタミン類がよいとされますので食事に取り入れるようにしてみましょう。

体の冷えが妊娠できない原因になっていることもあるので、冷えを作らない体にすることも大事です。根菜類やショウガ、唐辛子などが体を温めると言われるのでシチューなどでたっぷりと食べるようにするといいかもしれません。

妊娠にシチュー

■妊娠しやすい体か調べる。

生理不順や不正出血を起こしていると妊娠しにくくなると言われます。自分に正常な生理周期で生理が来ているか確かめてみましょう。

生理周期は、基礎体温を付けると分かるようになります。基礎体温表を付けることで、妊娠しやすい日と言われる排卵日の目安も分かるようになるので記録してみてください。

最近では、スマホのアプリで簡単に記録できますよ。

基礎体温表がジグザグやガタガタの場合は、ホルモンバランスの乱れか何かの婦人病のサインかもしれません。産婦人科を受診するようにしましょう。

不正出血というのは、生理以外の出血全部のことです。生理以外に出血があるならすぐに病院へ行って原因を調べてもらいましょう。排卵がうまくいっていない無排卵や子宮筋腫、子宮ポリープなどの可能性があります。

不正出血は妊娠しにくい

生活環境や食生活を改善することで妊娠しやすい体作りができるようになります。病気出ないのを確かめて生活習慣、食事を改善していきましょう。

妊娠したいなら、先天性異常のリスクに注意!

妊娠したいなら、先天性異常のリスクに注意!

妊活中のママに知ってほしいことがあります。

それは、妊娠前に重要な栄養素の葉酸が不足してしまうと、「無脳症」や「二分脊椎」といった先天性異常のリスクが高くなるということです。

これは、世界的な疫学調査で判明していることで、日本でも2002年に厚生労働省が妊娠前の方に葉酸を積極的に摂取するように通知を出しています。

葉酸は、普段の食事でも摂取できるものですが、妊活中に必要な量に足りていないのが現状です。

葉酸は、絶対必要な栄養素なので、不足しないように十分に気を付けてください。

詳しくは、下記ページで解説しているので読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

妊娠する日

妊娠する日

妊娠する日というのは、最も受精しやすい排卵日付近です。

従来は、排卵日当日が一番妊娠率が高いとされてきましたが、排卵日前やあとの日が受精しやすく妊娠率も高くなることが分かってきました。

妊娠したいと思ったら、まずは排卵日を調べるようにしましょう。

排卵日の調べ方

排卵日の調べ方

排卵日の調べ方で一番簡単なのは、基礎体温を測ってグラフにすることです。基礎体温は、低温期と高温期に分かれていて低温期の一番最後の日が排卵日になるとされます。

実際には、前後に排卵が起こることもあり、排卵日の目安として利用されています。

正確に排卵日を調べる方法は、産婦人科で超音波検査を受けることです。産婦人科では、妊娠しにくい原因なども調べることができるので、中々妊娠できないと思ったら産婦人科を受診するようにしましょう。

最も妊娠しやすい日

最も妊娠しやすい日

もっとも妊娠しやすい日は、排卵日の3日前から1日後までです。この期間に仲良しすることで、妊娠する確率を上げることができます。

妊娠を希望する人は、この期間内に仲良しすると妊娠できる率が上がることが期待できます。

妊活はパパと二人で

妊娠したいのに、思ったように妊娠できないことで不安やイライラが募ることもありますよね。

妊娠に関しては、女性のほうが頑張っているケースが多いです。あまりパパが協力してくれないこともあります。

妊娠は、パパと二人で行うものです。パパも積極的に妊活に参加してもらうように、夫婦やパートナー間でよく話し合うことが大切です。

排卵日はパパの残業が多い?
今日このタイミングで妊娠できる確率がアップする!っていうときに限ってパパが残業や飲み会が入っていませんか?

また、疲れたといって先に寝てしまうこともあるようです。

こんなケースは、妊活がパパにとってプレッシャーになっていることが多いです。

パパは「今日が排卵日よ!早く帰ってきて」と聞くと、それがプレッシャーに感じるようです。なので、残業したり飲み会に行ってしまうことが多くなってきます。

妊活だけの仲良しを続けていると、こんなケースになることが多くなる印象です。

ある不妊治療の専門医は、妊娠できないときは毎日仲良しすることを勧めています。仲良ししないと妊娠できないので、毎日仲良しするように勧めています。

パパがプレッシャーを受けると、精子の数が減少するという報告もあります。日頃から、排卵日を意識しない仲良しをすることが大切なのかもしれません。

妊娠しやすい体作りのコラム

今月の妊娠しやすい体作りのコラム

■妊娠しやすい体作りと外食(21014/12/11)
妊娠しやすい体を作るには、健康的な生活を目指すことが必要になります。自宅で調理して、バランスの取れた食事にすると体調も改善していきます。

でも、仕事を持っているママも多いと思います。共働きで残業が続くと、中々自宅で調理する時間が取れないことも多くなります。

そこで、夕食は外食やコンビニ弁当になるのですが、ちょっとした注意点があります。

外食やお弁当を選ぶときの注意点
・野菜が多めのものを選ぶ
・たれや醤油の少ないものを。
・ごはんは残す。
・丼ものは副菜をプラス。
・和食中心のメニューに。

このような点に注意して選ぶようにしましょう。

特に塩分と脂質に注意してメニューを選ぶようにします。揚げ物より蒸すか茹でたもの、野菜を意識して選ぶようにするとバランスも整ってきます。

丼ものは、良質のタンパク質が多く摂取できますが、副菜としてサラダや野菜の小鉢を付け加えるといいでしょう。

外食は、自分の好きなメニューを選びがちなので、塩分と脂質に注意して選ぶようにしましょう。

コンビニ弁当でも同じです。コンビニでは、おにぎりと自分の好きなおかずだけ買ってしまうことが多いので、野菜が多く入ったサラダなどを付け加えるといいかもしれません。

妊娠しやすい体を作るには、食事だけでなく体を動かすことも必要です。オフィスワーク続けていると、どうしても運動不足になりがちです。

通勤で一駅前に降りて歩く、エレベーターを使わずに階段を使う、家事をテキパキこなすだけでも随分と違ってきます。

最近は寒い日が多くなっているので、体を動かす機会も減ってきています。できるなら、ヨガ教室やスポーツクラブに通うになると、体の調子もよくなってきますよ。

ヨガ教室では、入会してすぐに妊娠して退会していく人も多いと聞きます。代謝を上げることが妊娠しやすい体作りになるようですね。

女性は冷え症の人が多いので、冷えを改善することも大切です。寒いこの季節では、温まった体を冷やさないように工夫しましょう。

最近では、1年間妊娠しないと不妊症の治療を始める施設も増えています。中々妊娠できないと思ったら、不妊外来を受診することも選択肢の一つです。

この他、妊娠したい人向けの情報は妊娠したいにまとめて紹介しています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 2人目を妊娠しやすい方法
  • 妊娠しやすい食べ物、不妊で妊娠を希望するときの食事は?男性も改善。
  • 簡単に妊娠する方法、妊娠するためには?絶対妊娠する方法はある?
  • 早く妊娠する方法、子供出来やすい人と妊娠しにくい人の特徴
  • 妊娠しやすい日!排卵日前が一番!生理後は妊娠しやすい?