妊娠したかも?妊娠初期には、右下腹部痛やおしりが痛い、顔のほてりがあることも。

妊娠したかも

妊娠したかも

妊娠したかも?と思われる症状は、妊娠初期症状または超妊娠初期症状と呼ばれるものになります。

このような症状は、普通の生理前の症状と変わらないことも多いので気が付かない人もいます。

ここでは、妊娠初期に多い症状をまとめています。妊娠したかも?と思ったらチェックしてみてください。

妊娠したかも?と思われる症状

妊娠したかも?と思われる症状

妊娠したかも?と思われる症状は、頭痛やほてり、腰痛や下腹部痛など生理前の症状と変わらないものが多くあります。具体的な症状をまとめてみました。

妊娠初期の症状

妊娠初期の症状は、右下腹部痛やおしりが痛い、顔のほてりなど

妊娠初期には、右下腹部痛やおしりが痛い、顔のほてり意外にも様々な症状が出てくることもあります。

妊娠したかも?症状一覧

・頭痛、頭が痛い。
・顔のほてり、顔が熱い。
・めまい、フラフラする。
・ずっとイライラ、不満。
・気分が落ち込む。
・漠然と不安が大きくなる。
・体が冷える、悪寒がする。
・口内炎ができる、口がヒリヒリ。
・せき、くしゃみ、鼻水、喉の痛み。
・微熱、風邪に似た症状がある。
・不眠、眠たい、眠気が取れない。
・眠れない、浅い眠り。

妊娠したかも?症状に頭痛

・胸が痛い、胸が張る。
・動悸、ドキドキが止まらない。
・息が苦しい、息切れがある。
・胃痛がある、キリキリ痛い。
・ムカムカする、ゲップが出る。
・食欲不振、食欲がない。
・便秘になる、下痢がひどい。
・下腹痛、右下腹部痛。
・子宮が痛い、違和感がある。
・全身がだるい、倦怠感。
・お腹が張っている、ガスが溜まる。
・お腹がチクチク痛い。
・足がむくむ、だるい。
・足の付け根が痛い、股関節が痛い。
・おしりが痛い、尾てい骨に痛み。

妊娠したかも?お腹が痛い

・おりものが増える、白くなる。
・にきびができる、吹き出物がでる。

妊娠してるかも?と感じるときは、このような症状が出ていることがあります。また、全く感じない人もいて個人差が大きいようです。

妊娠初期は食欲がない?食欲がある?

妊娠初期には、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが放出され、卵胞ホルモンや黄体ホルモンのバランスが急激に変化する時期です。

妊娠を維持するために、黄体ホルモンが活性化して子宮を柔らかくする作用が出てきます。この黄体ホルモンの影響で、胃腸の働きが影響が出て便秘になったり下痢になったりすることがあります。

胃腸に作用するので食欲にも影響が出て食欲不振になることがあります。これとは反対に食欲が増して食欲増進になったります。

食欲不振はつわりの影響があるかもしれません。胃のムカムカや吐き気などの症状があるときはつわりが始まった可能性もあります。

どちらにしろ、食欲不振は妊娠12~16週ごろまでに治まっていることが多いです。つわりは妊娠の症状なので、しっかりとつわり対策をして乗り切るようにしましょう。

この他、妊娠超初期の他の症状については、妊娠超初期の食欲で詳しく説明しました。読んでみてください。

妊娠の可能性があるなら、先天性異常のリスクに注意!

妊娠の可能性があるなら、先天性異常のリスクに注意!

妊娠の可能性があるなら、赤ちゃんの先天性異常のリスクにも注意しましょう。

妊娠前の時期から妊娠初期にかけて、葉酸が不足していると、「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなることが分かっています。

これは、世界的な疫学的調査で分かっていることで、日本でも、2002年から厚生労働省が妊活中や妊娠初期のママに積極的に摂取するように通知を出しています。

葉酸は、色々な食品に含まれていて、日頃の食事で摂取できますが、不足しているのが現状です。

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように十分に気を付けましょう。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

この次は、妊娠しているか確かめるには?について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

妊娠しているか確かめるには?

妊娠しているか確かめるには?

妊娠したかどうかを確かめるには、生理予定日まで(できれば生理予定日より1週間後まで)待って妊娠検査薬を使うと妊娠かどうか分かります。

あまり早い時期、例えば超妊娠初期と呼ばれる時期に妊娠検査薬を使っても判定できないことが多いです。より確実に知りたいなら、生理予定日を過ぎてから産婦人科を受診すれば分かるようになります。

日頃から基礎体温を付けていないと、生理予定日が分からないこともあります。基礎体温を測っていない人は、今すぐ測るようにしましょう。

妊娠が分かったら

妊娠が分かったら

妊娠が分かったら、日頃の服装や食事に気をつけるようにしましょう。体を締め付けるのは良くないので、スパッツやスキニーは避けてゆったりした服装に替えるようにします。

からだを冷やすような服装も避けたほうがよいでしょう。露出の多い服装は止めて体を冷やさないような服装に変えてみましょう。

食事内容にも気を配りたいところです。妊娠初期には葉酸が良いとされますので、葉酸を摂取するようにしましょう。

妊娠前や妊娠初期には葉酸摂取が大事!

妊娠前や妊娠初期に葉酸が不足することで、無脳症や二分脊椎といった先天性障害のリスクが高くなることが分かっています。

妊娠前や妊娠初期に葉酸が不足しないように気を付けましょう。

食事から必要量を摂取するのは難しいので、サプリからの摂取がおすすめです。厚生労働省もサプリのほうが吸収効率がよいとしてサプリでの摂取を推奨しています。

サプリならつわり中でも無理なく飲むことができます。サプリでの葉酸摂取がおすすめです。妊娠に最適なサプリの選び方については失敗しない!葉酸サプリの選び方で詳しく紹介しているので読んでみてください。

妊娠初期は、鉄分の不足しがちになります。レバーやほうれん草など鉄分の多い食品も摂ってみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


妊娠したかも?なら食事から

生活習慣も規則正しいものにしましょう。朝食を抜いている人は、朝食を食べるようにしましょう。

妊娠したかも?と思ったら、妊娠検査薬などで検査をして陽性ならすぐに産婦人科を受診するようにしてください。正常な妊娠かどうか確かめるためです。

子宮外妊娠など体に重大な影響がることがあるので、はやく受診することが大切です。

この他の、妊娠に関わる話題は妊娠したいで紹介しています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 妊娠希望
  • 妊娠したら
  • 妊娠かも?と思ったら
  • 赤ちゃんが欲しい
  • 妊娠と生理