卵胞ホルモン、エストロゲン

卵胞ホルモン、エストロゲン

卵胞ホルモン、エストロゲン

卵胞ホルモン(エストロゲン・卵胞刺激ホルモン)は黄体ホルモン(プロゲステロン)ともに女性ホルモンと呼ばれる物質です。ホルモンの分泌は、脳の下垂体や視床下部でコントロールされ卵巣から分泌されます。

この二つのホルモンは相関関係がありバランスを保っています。このバランスが崩れると体調不良の原因となると言われています。

ここでは、卵胞ホルモンについて詳しく解説していきます。

卵胞ホルモンとは

卵胞ホルモンとは

卵胞ホルモンとは、卵巣から分泌されるホルモンのことで、子宮内膜を厚くしたりお肌の張りやたるみを改善する働きがあると言われています。35歳頃から低下していき更年期と呼ばれる45歳から55歳ごろに急激に低下します。

急激にホルモン量が変化するために、更年期の症状と呼ばれる様々な深いな症状が現れます。また、更年期でなくても生理前にホルモン量が急激に変化するためPMS・月経前症候群と呼ばれる症状を引き起こすことがあります。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの関係について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク

卵胞ホルモンと黄体ホルモン

卵胞ホルモンと黄体ホルモン

卵胞ホルモンと黄体ホルモンは、互いに相関関係があります。卵胞ホルモンは排卵期の前に、黄体ホルモンは排卵期のあと1週間前後に分泌のピークを迎えます。

卵胞ホルモン、黄体ホルモンどちらも適切な量が分泌されないとバランスが崩れ、体調不良や不妊の原因となってしまいます。生理前に必ず体調が悪くなるときはホルモンバランスの乱れが原因かもしれません。

ホルモンバランスを整える

ホルモンバランスを整える

卵胞ホルモンの分泌を正常に戻しホルモンバランスを整えて行くには、生活習慣の見直しと食生活の改善、ストレスの解消することが大切です。

卵胞ホルモンや黄体ホルモンなどの女性ホルモンをコントロールしている下垂体や視床下部は自律神経の影響を受けやすい器官です。大きなストレスを受けるとそれを回復させるために排卵への指令が後回しとなり結果的に分泌量に影響が出たり止まったりします。

これを改善するには、ストレスを解消して高ぶった自律神経をリラックスさせることが必要になってきます。とは言っても、難しいことはありません。

不規則な生活を改めたり、食生活を栄養のあるものへと変更したり、寝る前にリラックスするための行動を取ることでホルモンバランスの改善が期待できます。

不規則な生活を改める

ホルモンバランスと生活リズム

食事の時間が不規則だったり、睡眠時間がバラバラだと、それだけで体へのストレスとなってしまいます。できるだけ規則正しい生活が送れるように生活習慣を見直していきましょう。

生活が不規則だと運動不足になりがちです。エレベーターは使わず階段を使う、歩く距離を伸ばしてみる、ウォーキングやヨガをやってみるなど自分のできるところから始めてみてください。

食生活を栄養のあるものへと変更する。

ホルモンバランス改善にシチュー

外食やお弁当中心の食事では、自分の好きなものばかり食べて栄養が偏りがちになります。栄養が不足すると体の冷えの原因になることがあるので、バランスの良い食事になるよう食生活を見直しましょう。

最近では、炭水化物抜きダイエットが流行っていますが、炭水化物は体を動かすのに必要なエネルギーです。体調管理のためにも止めたほうがいいでしょう。

ポイントは、特定の食品を摂るのではなく少量ずつバランスよく食べることが大切です。体を冷やすような食品は抑えて、体を温めるような玉ねぎや人参など根菜類を多く摂るように心がけましょう。

寝る前にリラックス

精神をリラックスさせる読書

神経が高ぶったまま寝てしまうと、十分な睡眠が得られず眠りも浅いものとなってしまいます。寝る前は読書や音楽、アロマなど気分を落ち着かせるようにするとぐっすり眠ることができます。

寝る前のTVやスマホは神経を刺激するので控えるようにしましょう。

このように、ホルモンバランスの乱れは日常生活の見直しで改善できることもあります。体調不良を感じたら生活環境を見直してみましょう。

卵胞ホルモンと関係が深いホルモンバランスについてはホルモンバランスで、関連する生理周期については生理周期で詳しく説明しています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 赤ちゃんの障害リスクを劇的に下げる葉酸とは?
  • 赤ちゃんの障害リスクを劇的に下げる葉酸とは?
  • 着床出血の時期の体験談、妊娠経験のあるママに聞いた体験談M.Mさん、S.Oさん、K.Rさんの経験談。
  • 40代の妊娠確率、41歳、46歳、47歳、48歳の妊娠できる確率。
  • 妊娠初期の体験談を募集中です♪