不正出血の原因

不正出血の原因

不正出血の原因

不正出血の原因は様々なものがあり、生理的に起こす場合と病気が原因で出血する場合があります。出血量や茶色や鮮血などの色だけでは判断できません。

また、生理周期に合わせて出血を起こす疾患もあり、どの時期に出血を起こすのか調べるのが大事です。まずは、基礎体温表を付けるようにして自分の生理周期を把握してみましょう。

急に鮮血が大量に出るときは、異常がある場合が多くあります。急いで産婦人科を受診するようにしてください。

不正出血を起こす病気

不正出血を起こす病気

不正出血を原因となる病気は、脳の下垂体、視床下部の異常、子宮筋腫、子宮頸管ポリープ、子宮頸管びらん、子宮内膜症、子宮体がん、子宮頸がん、クラミジア・カンジタなどの感染症があります。

生理と生理の間に起こる着床時出血や妊娠初期に起こる出血は、病気ではないので除外しています。

月経(生理)以外で起こる出血は全部不正出血と考えます。生理が安定しない生理不順の人も不正出血と考えていいでしょう。いづれにしろ、不正出血の後ろには重大な病気が隠れているかもしれません。

閉経後に出血するようなら、それは子宮がんの可能性があります。出血をみたらすぐに産婦人科を受診して原因を調べるようにしてください。

スポンサードリンク

ピルの副作用でも不正出血

ピルの副作用でも不正出血

女性ホルモン剤であるピルを服用したときに副作用として不正出血を起こすことがあります。これは中用量ピル、低用量ピル、アフターピル、モーニングアフターピルでも同様です。

中用量ピルは、ソフィアC、ルテジオン、プラノバール、ビホープAなどの商品名で処方されています。低用量ピルは、トリキュラー、アンジュ 、ラベルフィーユ、オーソ777、シンフェーズT、ファボアール、ラベルフィーユなどの商品名です。

ピルの飲み始めに不正出血が続くことがあります。服用を続けているうちに治まってくるようです。しかし、出血が続く場合には産婦人科医の診察を受けるようにしましょう。

ピルは複数の種類がありますので、薬を変えると出血が治まることがあります。医師とよく相談してから使うようにしましょう。

ストレスが不正出血の原因にも

ストレスが不正出血の原因にも

大きなストレスがあったり激しいダイエットをすると不正出血を起こすことがあります。引っ越しや転校など環境が大きく変わった時にも出血がある場合があります。

これは、女性ホルモンを司る脳の視床下部や下垂体が自律神経の影響を受けるためだと考えられています。強いストレスを受けるとホルモンバランスが乱れて出血を起こします。

ホルモンバランスが乱れると過少月経、頻発月経、過多月経、無月経など生理不順の原因になります。生理不順も不正出血と考えられますから早めに産婦人科を受診するようにしてください。

出血が分かったら産婦人科へ

出血が分かったら産婦人科へ

不正出血を確認したら、すぐに産婦人科を受診するようにしましょう。出血の量が少ないとか、色が茶色だからという理由で放置しておくことは良くないことです。

生理前にも同様の症状を起こす人もいますが、いつもと違うと感じたらすぐに産婦人科を受診して診察を受けることが大切です。自己判断で納得するのはやめましょう。

この他の不正出血全般の話題は不正出血で、不正出血とも関係のある生理周期については生理周期で詳しく紹介しています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 赤ちゃんの障害リスクを劇的に下げる葉酸とは?
  • 赤ちゃんの障害リスクを劇的に下げる葉酸とは?
  • 着床出血の時期の体験談、妊娠経験のあるママに聞いた体験談M.Mさん、S.Oさん、K.Rさんの経験談。
  • 40代の妊娠確率、41歳、46歳、47歳、48歳の妊娠できる確率。
  • 妊娠初期の体験談を募集中です♪