ストレスを解消する重要性

ストレスを緩和する重要性

ストレスを解消する重要性

ストレスの解消は、生きていく上でとても重要な課題です。人間はストレスとは切っても切れない関係にあるからです。

ストレスはただ有害なものとして扱われがちですが、そうではありません。

ストレスの原因(ストレッサー)には様々なものがあります。

人間関係の悪化や仕事上の失敗など「一般的に悪いこと」はもちろんですが、結婚や昇進といった「一般的に良いこと」もストレッサーになります。

試験や仕事の締切りなど、適度な刺激が良いストレスとして働けば、仕事や勉強の能率をアップしてくれます。逆にストレスが全くない状態が続くと、「生きがいがない」「何をしたらいいか分からない」といった空虚感を抱えることになったりします。

スポンサードリンク

ストレスの症状

ストレスの症状

ストレスはどうやっても付き合っていかなければならないものですが、この対処を上手にしないとさまざまな心身の不調を引き起こす原因になります。

精神面ではイライラや不安、身体面では自律神経失調症、頭痛、食欲不振、肩こり、といった症状が貯まったストレスによって引き起こされます。

上手にストレスを解消

上手にストレスを解消

ストレスの解消にはビタミンB群やビタミンC、カルシウムなどの栄養素をとることも重要です。

食生活を整えたり、睡眠時間を十分にとって生活習慣を整えることでストレスが解消されることもあります。

腹式呼吸や散歩、ヒーリングミュージックやアロマテラピー、趣味の時間といった気分転換も大きな効果があるといわれています。

ストレスに散歩

必要な栄養素は手軽なサプリメントで補ってもよいでしょう。

「ストレスが溜まっているな」と感じたら、気分転換できる方法を自分で用意しておくことが重要です。上手な対処法を見つけて、ストレスといいお付き合いをしていきましょう。

ストレスが病気の原因に?

ストレスが病気の原因に?

ストレスは色々な病気の原因になると考えられています。例えば片頭痛やメニエル病、過敏性腸症候群などです。これらの病気の原因の一つにストレスがあると言われます。

ストレスを受けやすい人の特徴として

・まじめ
・神経質
・熱心に取り組む
・物事に積極的
・完璧主義

このような人がストレスを溜め込みやすいとされます。

ストレスを解消するには、心身共にリラックスできる環境を作ることが大切です。仕事や学校から離れた環境を作ることで徐々に解消させることが期待できます。

ストレスを解消するには

ストレスを解消するには?

ストレスを解消するには、自分の気持ちをリフレッシュできるようにすることが大事です。

おしゃべりが好きなら、女子会で思いっきり喋るのもいいでしょう。体を動かすのが好きな人やテニスやゴルフをするのもいいですね。

ストレスに女子会

趣味に没頭するのもストレス解消につながります。編み物やガーデニングも気分転換になります。温泉や旅行をすることもストレス解消になるでしょう。

お風呂にゆっくり入ると体も温まって血行もよくなります。体を温めることでぐっすり眠ることができるので一石二鳥ですね。

ストレスにお風呂

心も体もリフレッシュすることで、ストレス解消が期待できます。忙しいとは思いますが、時間を見つけてうまく解消していきましょう。

この他には、女性の生理前については生理前の症状で詳しく解説しています。

ストレスとも関係のある生理周期は生理周期でまとめています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 赤ちゃんの障害リスクを劇的に下げる葉酸とは?
  • 赤ちゃんの障害リスクを劇的に下げる葉酸とは?
  • 着床出血の時期の体験談、妊娠経験のあるママに聞いた体験談M.Mさん、S.Oさん、K.Rさんの経験談。
  • 40代の妊娠確率、41歳、46歳、47歳、48歳の妊娠できる確率。
  • 妊娠初期の体験談を募集中です♪