生理前症候群のめまい

生理前症候群のめまい

生理前症候群のめまい

めまいは生理前症候群の症状の中では、あまり多い例ではありませんが、ひどい人は倒れてしまったり、日常生活に支障をきたすこともあります。

これは女性ホルモンバランスの乱れが原因で体内に水分貯留が生じ、その水分が内耳の組織に貯まるためだと言われています。

めまいを改善する

めまいを改善する

生理前症候群のめまいの症状は、貧血が原因になっていることも多いので、一概にホルモンバランスの乱れが原因とは言い切れません。健康診断で貧血と言われた人は、まず貧血を改善することから始めましょう。

貧血は、週に一度でもレバーを摂取するなどすれば、かなり改善されます。苦手な人は貝類やホウレンソウでも貧血改善効果が期待できるので、代用してもよいでしょう。

貧血が改善すると、めまいはかなりラクになる人が多いと思います。

しかしそれでもめまいがひどい場合は、やはり食生活のバランスを整えたり適度な運動を取り入れる、低用量ピルを服用する、サプリメントを摂るなどして改善しましょう。

あまりにひどいめまいがするときは、他の病気の可能性もあるので病院を受診するようにしましょう。

女性ホルモンの分泌バランスを整えれば、めまいの改善が期待できます。

スポンサードリンク

生理前症候群を改善

生理前症候群は、めまい以外にも頭痛や腹痛、腰痛などがあり不快に思っている人も多いと思います。

生理前症候群は、はっきりと原因が特定されていないため、根治は難しいとされていますが、対処療法で症状を軽くすることで、身体的、肉体的負担を軽くすることは可能です。

また、原因として有力だとされている女性ホルモンの分泌バランスを整えることで劇的に生理前症候群が改善することもあります。

自分でできる生理前症候群改善の方法として主なものには、

1. 食生活のバランスを整える
2. 適度な運動を取り入れる
3. ストレスマネジメント

などがあります。

生理前症候群は特定のビタミンやミネラルが不足していることで女性ホルモンの分泌バランスが崩れることで引き起こされることもあります。

バランスの良い食事をしている人は生理前症候群になりにくい傾向があるようです。

生理前症候群を食事で改善

また、むくまないよう塩分を控えたり、症状が現れる時期には血糖値が安定するよう少量の食事を多数回に分けて摂ることも効果的とされています。

適度な運動で血行を良くしてやると、むくみの解消にも効果があり、生理前症候群の改善が期待できます。また適度な運動は、ストレスの解消にもつながるのでおススメです。

生理前症候群の改善にはストレスの解消も有効とされているのでリラックスを心がけることが大切。

ハーブなどを上手に取り入れたり、趣味に打ち込む時間を作る、友人とおしゃべりをする、カラオケで思い切り歌ってみるなどして、ストレスを発散しましょう。

生理前症候群で女子会で改善

婦人科に相談すれば、女性ホルモンのバランスそのものに働きかける、低用量ピルの服用という方法もあります。症状の改善以外にも他の病気のリスクを減らすことが期待できるので、ひどいときには産婦人科受診するようにしましょう。

生理前症候群については生理前症候群とは?で、生理前の症状については生理前の症状で詳しく紹介しています。

女性に関係が深い生理周期については生理周期で解説しています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 赤ちゃんの障害リスクを劇的に下げる葉酸とは?
  • 赤ちゃんの障害リスクを劇的に下げる葉酸とは?
  • 着床出血の時期の体験談、妊娠経験のあるママに聞いた体験談M.Mさん、S.Oさん、K.Rさんの経験談。
  • 40代の妊娠確率、41歳、46歳、47歳、48歳の妊娠できる確率。
  • 妊娠初期の体験談を募集中です♪