生理前症候群とは?

生理前症候群とは?

生理前症候群

生理前症候群とは、生理の10日前ぐらいから頭痛や吐き気、イライラや感情の浮き沈み、腹痛や腰痛、全身倦怠感などが起こる病気です。毎月起こるので病気だと気が付かない人もいます。

生理前症候群は、正式には月経前症候群(PMS)と呼ばれるものです。ここではPMSについて詳しく紹介していきます。

体の不調は生理前症候群?

体の不調は生理前症候群

月経のある女性なら誰でもかかる可能性のある病気です。実は、あなたも気づいていないだけで生理前症候群にかかっているかもしれません。

と言うのは、生理前症候群の症状は「これ」といった明確なものがないからです。つまり、生理前に感じる心身の不調を全て含めて生理前症候群と言っています。

この生理前症候群の厄介なところは、原因がホルモンバランスにあることです。ホルモンバランス乱れが生理前症候群の原因として考えられています。

治療は対症療法に

治療は対症療法に

先程も説明したとおり、何しろ症状が様々あるのが特徴です。そのため、生理前症候群の治療は症状を緩和する対症療法になります。

生理前症候群対策として対症療法とあわせて行いたいのが、生活習慣を整えること。バランスの良い食生活、十分な睡眠時間、適度な運動などが重要です。

これで、不快な症状に悩まされることもなくなる!?

では、あなたが生理前症候群なのかチェックしていきましょう。

スポンサードリンク

生理前症候群をチェック

生理前症候群をチェック

自分が生理前症候群かどうかを自己診断してみましょう。

症状には個人差があるものの、中には生活に支障をきたす程ひどくなることもあるので今は症状が軽いからと言って注意しなくてはいけません。

大体生理の10日ぐらい前から症状がでます。自分でチェックをしてみましょう。

生理前症候群の症状
・頭痛がある。ズキンズキン痛い。

生理前症候群と頭痛

・ムカムカがある、吐き気。
・微熱が続く。
・胸が痛い、胸が張る。
・眠い、眠気が続く。
・眠れない・不眠。
・だるい、全身倦怠感がある。
・胃痛、腹痛がある。
・腰痛がある。

生理前症候群と腰痛

・食欲がない,食欲不振になる。
・下腹部痛がある。
・子宮が痛い。
・ニキビや肌荒れが出る。

いくつチェックが付きましたか?

以上のような症状が毎月起こるなら生理前症候群である可能性があります。

一概には言えませんが、傾向としては「負けん気が強く、神経過敏なタイプ」の人は生理前症候群になりやすいようです。

症状としては精神的、身体的の両方の症状が見られます。身体的症状としては、腹痛、頭痛、腰痛、肌荒れ、肩こり、吐き気、めまい、むくみ、体重増加など、精神的症状としては、イライラ、憂鬱、不眠、物忘れ、眠気、人と付き合いたくなくなる、疲労感、倦怠感などです。

一番大事なことは、この症状が生理前の時期に定期的に起こるかどうかという点です。定期的に症状が出る人は生理前症候群の可能性が高いです。

症状がひどいなら産婦人科へ

症状がひどいなら産婦人科へ

生理前症候群の症状がひどく、寝込んで動けない感情が出てしまうなど重くなったときは産婦人科を受診して治療するようにしましょう。

産婦人科を受診して治療することで、症状が全快または軽くなります。日常生活を快適に送ることができるので一度受診してみてください。

生理前症候群のめまい

生理前症候群の症状の一つとしてめまいがあります。めまいや立ちくらみは貧血でも起きるので貧血を持っている人は貧血の治療も行ったほうがいいでしょう。

めまいがひどいときは、貧血などではなく違う病気の可能性もあります。違う病気は重大な影響を及ぼすときもあるので、症状がひどいときは病院を受診するようにしましょう。詳しくは生理前症候群のめまいに掲載しています。

生理前症候群は女性ホルモンが原因?

生理前症候群は、女性ホルモンが原因の一つだと言われます。女性ホルモンの量が急激に減少するときに頭痛や腰痛、下腹部痛などの症状が出ると考えられています。

この時期にむくみやめまいが起こりやすいのも特徴です。体調不良は日常生活や食事を工夫することによって改善できることがあるので、自分ができることから始めてみましょう。体を冷やさないことが大切です。詳しくは生理前症候群は女性ホルモンが原因?で説明しています。

生理前症候群の眠気

生理前に強い眠気を感じている人も多いです。日中に眠気が続くことで仕事や学校に影響がでるといけないので、早めに眠気対策を行いましょう。

眠気を吹き飛ばすには、夜にしっかりと眠ることが大切です。体と心をリラックスさせるようにすると深い眠りにつくことが期待できます。どれも手軽にできることを対策として挙げていますので一度読んでみてください。詳しくは生理前症候群の眠気に掲載しています。

生理前症候群にいい食事!

生理前症候群には、食事内容を見直すことで改善を目指すことができます。日頃の食事を見直して症状を軽減していきましょう。特に炭水化物をしっかり摂ることが大切です。

最近では炭水化物抜きダイエットが流行っていますが、生理前症候群の改善を目指すには不向きです。エネルギーの元になる炭水化物をしっかり摂って改善していきましょう。詳しくは生理前症候群にいい食事!で紹介しています。

生理前の頭痛対策

生理前には、決まって頭痛が起こるという人もいます。これは生理前症候群の症状の一つなのですが、それとは気が付かずに過ごしている人も多くいます。この他にも腰痛や腹痛、吐き気などを伴っているときもあります。

頭痛がひどくなると、立っていられなくなったり寝込んでしまって日常生活にも大きな影響を及ぼしてしまいます。頭痛を改善するために対策を取りましょう。詳しくは生理前の頭痛対策でまとめました。

生理前症候群とピル

生理前症候群の治療薬としてピルが処方されることがあります。ピルを飲むと生理痛が軽くなったり生理周期が正常に戻ったりとメリットがあります。しかし、吐き気や不正出血など副作用もあるので注意しましょう。

ピルを飲むのと一緒に生活習慣を見直すことで生理前症候群の症状を軽減することができます。ちょっとした工夫で不快な症状が改善できるので試してみてください。詳しくは生理前症候群とピルで説明しています。

PMSのストレスを緩和

ストレスを受けるとPMSの症状が強くなることもあります。ストレスは体の血流も悪くするのでなるべく解消するようにしましょう。

ストレスを解消するには、体を動かすようにすると解消できることがあります。ヨガやウォーキングなど手軽にできるものからゴルフのような本格的なスポーツまで、自分にあった方法で体を動かしてみましょう。

夜眠れないときもストレスが溜まりやすい傾向があります。半身浴などでしっかり体を温めてから寝るようにすると良く眠れるようになりますよ。

生理前症候群と腹痛

生理前症候群の症状として腹痛がありますが、生理開始日から2週間後ぐらいに起こる腹痛は排卵痛かもしれません。卵巣から排卵するときに痛みがある場合があるのです。この症状は1日ぐらいで治まってくることが多い症状です。

しかし、激しい痛みがあるときは、排卵痛ではなく子宮内膜症などの病気の可能性もあります。子宮内膜症は不妊に原因とも言われ、将来に影響を及ぼすことも考えられるので、早めに治療しておきましょう。詳しくは生理前症候群と腹痛で解説しています。

生理前症候群のむくみ

生理前にはむくみがあることもあります。このむくみは、生理前症候群からの水分の排出機能の低下からくると考えられています。むくみを改善するには血の巡りを良くして代謝を上げることで改善が期待できます。

冷え症の人もむくみが中々とれないことが多いです。冷え症の改善は体調も良くなってくるので、冷えを改善して快適な生活が送れるように生活を見直していきましょう。

塩分の摂りすぎもよくないので食生活も改善していきましょう。詳しくは生理前症候群のむくみでまとめました。

生理前症候群の不安

生理前症候群の症状の中で不安があります。不安とはいかなくても気分が落ち込む、上がらないという人が多くいます。生理が始まると不思議となくなるのでそのままにしている人も多いようです。

漠然とした不安感、気分の落ち込みを感じたら気分転換をするのがよい対処法となります。ヨガやストレッチ、お風呂や趣味に時間を使うと気分がリラックスして不安も軽減できますよ。詳しくは生理前症候群の不安で説明しています。

生理前症候群の症状

生理前症候群の症状は数十あると言われています。中でも頭痛と腹痛、腰痛が代表的な症状です。毎月決まった時期に症状が現れるのですが、生理が始まると軽快するため放置している人も多くいます。

しかし、症状がひどいと周りの人に迷惑を掛けたり心配されることになります。生理前症候群がちょっとした工夫で改善を目指せるので、日常生活を改善して症状を軽快していきましょう。

症状を改善するには、体調を整えることが大切です。栄養のある食品を食べて体を冷やさないようにしましょう。運動をして代謝を上げましょう。詳しくは生理前症候群の症状にまとめています。

生理前症候群をチェック

生理前症候群かどうかをチェックできるチェック表を作ってみました。これに該当すると必ず生理前症候群というわけでなく可能性が高くなるということです。

このチェック表で自分が当てはまるかどうかチェックしてみてください。一般的に症状は一つではなく複数が重なって現れると言われています。いくつか当てはまって日常生活に支障がでるような重いものだったら産婦人科を受診したほうがいいでしょう。

そこまでないなら、生活習慣を見直すことで症状を和らげることが期待できます。食べ物や日頃のちょっとしたことに気をつけるだけで症状が緩和されることも多くあります。詳しくは生理前症候群をチェックを読んでみてください。

この他の生理前の症状については生理前の症状でまとめました。生理周期では生理周期全般のことについて解説しています。参考にしてください。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 赤ちゃんの障害リスクを劇的に下げる葉酸とは?
  • 赤ちゃんの障害リスクを劇的に下げる葉酸とは?
  • 着床出血の時期の体験談、妊娠経験のあるママに聞いた体験談M.Mさん、S.Oさん、K.Rさんの経験談。
  • 40代の妊娠確率、41歳、46歳、47歳、48歳の妊娠できる確率。
  • 妊娠初期の体験談を募集中です♪