PMSは女性ホルモンの変化が原因?

PMSと女性ホルモン

PMSと女性ホルモン

PMSと女性ホルモンには大きな関係があると言われています。

PMSとは、月経前に起こる女性特有の身体の不調のことで「月経前症候群」とも呼ばれているものです。一言でPMSと言っても原因や症状は一人一人の生活環境などで大きく変わってきますが、女性ホルモンの変化が大きな要因の一つと考えられています。

PMSが起こる原因

PMSが起こる原因

排卵から次の月経がはじまるまでの時期には、女性の身体の中では女性ホルモンである「プロゲステロン」の分泌量が増え、そのことで身体にいろいろな変化が起こるのです。

例えば、基礎体温をつけている方なら体温が上がることを実感しているでしょうし、体調を崩しやすかったりするのもこの時期です。他にも、頭痛や腹痛、便秘に腰痛、イライラしたり、落ち込みやすくなったり、無気力になったり。。。

こういった症状は、特に人間関係や仕事などでストレスを強く感じている人には出やすいみたいです。この体調の変化や気分の浮き沈みで自己嫌悪に陥る女性も少なくありませんが、これはPMSと女性ホルモンが原因だということを、まずは理解しましょう!

PMSの悩み

つらいPMSの悩みを改善する方法があります。

妊娠前・初期に必要な葉酸
ninsinnsyoki3343

この次は、PMSと女性ホルモンについて詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク

PMSであきらめる?

PMSであきらめる?

女性ホルモンがPMSの原因だとすれば、これはどんな女性にも起こりうる症状です。じゃあ、仕方ないと言ってあきらめますか?

月経前の2週間、1ヶ月のうち約半分を嫌な気持ちで過ごすのはもったいない!ということでPMSを改善する方法をいくつか紹介していきます。

PMSを改善する方法

PMSを改善する方法

PMSを改善する方法として

・軽い運動をする。
・ストレスを溜め込まない。
・血行をよくする。
・体を温める、冷やさない。
・炭水化物やカルシウムを摂る。

PMSになっているときは、血の巡りが悪くなっていることがあります。日頃からヨガやストレッチ、ウォーキングなどで体の代謝を良くしておくことで改善が期待できます。

ストレスも体に負担を掛けるので、ストレスを溜め込まないことが必要です。女子会を開いたりカラオケに行く、クロスワードなど趣味に打ち込むなどしてうまくストレスを解消するようにしましょう。

また、血行が悪いと痛みを強く感じることあるので、血の巡りをよくすることを考えましょう。足湯や半身浴などで体を温めるようにするといいですよ。

PMSと足湯

日頃から体を冷やさない工夫も必要です。冷房に当たりすぎない、下半身を温める服装にするなど冷えに注意してください。

食事は炭水化物やカルシウムを摂ると良いとされています。ご飯やパンなど炭水化物が多い食品を食べて、牛乳やチーズなど乳製品も食事に取り入れてみましょう。

これでも改善できないときには、我慢しないで産婦人科を受診して、症状を軽くする治療を受けるようにしまそしょう。自分のできるところから始めて楽しい生活を送るようにしましょう。

この他のPMSについての話題はPMS、月経前症候群で、生理前の症状については生理前の症状でまとめています。参考にしてください。

生理周期全般については生理周期で詳しく解説しています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 赤ちゃんの障害リスクを劇的に下げる葉酸とは?
  • 赤ちゃんの障害リスクを劇的に下げる葉酸とは?
  • 着床出血の時期の体験談、妊娠経験のあるママに聞いた体験談M.Mさん、S.Oさん、K.Rさんの経験談。
  • 40代の妊娠確率、41歳、46歳、47歳、48歳の妊娠できる確率。
  • 妊娠初期の体験談を募集中です♪