PMSでピルの服用をするのは危険??

PMSでピル

PMSでピル

PMSでピルを処方するということはよくあることです。

ピルは避妊薬として有名ですよね。でも、その仕組みはよく知られていないと思います。

ピルはエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが含まれている薬です。つまり、人工的に女性ホルモンをコントロールする薬というわけです。

ピルを服用している間は生理が来ないので治療の他にも生理日を移動させるときにも使われます。この他にもホルモンバランスが崩れている時、生理不順の時、または、子宮内膜症、月経困難症などでも処方され、それぞれの症状の改善を目指します。

それは、PMSも例外ではありません。PMSでピルを使用することもあります。

PMSの悩み

つらいPMSの悩みを改善する方法があります。

妊娠前・初期に必要な葉酸
ninsinnsyoki3343

この次は、ピルを飲むのは危険?について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク

ピルを飲むのは危険?

ピルを飲むのは危険?

最近の治療で用いられているピルは低用量ピルと呼ばれるものです。この低用量ピルは、従来のピルよりホルモンの量を減らすことにより副作用を少なくしているのが特徴です。

用法・用量をきちんと守って飲めば危険ではなく治療によるメリットを受けることができるのです。

ピルを飲むメリット
ピルを飲むメリットとしては

・PMSが改善できる。
・生理痛が軽減できる。
・月経困難症を軽減、出血量の減少する。
・子宮内膜症の治療に有効。
・卵巣がん、子宮体がんのリスクを減少させる。
・骨粗鬆症の予防。

ピルを服用することで色々なメリットを受けることができます。治療や予防に改善が期待できるのがポイントです。

ピルのデメリット
ピルのデメリットとしては、

・乳がんリスクの増加。
・子宮頸がんリスクの増加。
・血栓症リスクの増加。

特に血栓症リスクの増加が一番懸念されています。家族で血栓症や心臓病などがあるときは医師と相談してから服用するようにしましょう。

ピルがダメなら漢方も

ピルがダメなら漢方も

PMSの治療でピルがどうしてもダメなときは漢方で治療するのも一つの方法です。

最近では産婦人科でも漢方を処方している施設も増えてきているので、かかりつけの病院で相談してみるものいいでしょう。PMSの治療に用いられる漢方は当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、加味逍遥散、桃核承気湯、女神散などが用いられています。

漢方は個人や症状によって処方が変わってきますので、かならず産婦人科医か漢方専門薬局で相談してから服用するようにしてください。

PMSがひどいなら病院へ

PMSがひどいなら病院へ

PMSの症状がひどくて仕事や学校を休んだり一日中動けない状態になるなら、すぐに産婦人科を受診して治療を受けましょう。

PMSは、生理が来ると症状が治まるので放置している人が多いのですが毎月やってくるのできちんと治療すると楽に過ごすことができますよ。

PMS・月経前症候群についてはPMS、月経前症候群で、生理前の症状全般については生理前の症状でまとめています。参考にしてください。

生理周期全般については生理周期で詳しく解説しています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 赤ちゃんの障害リスクを劇的に下げる葉酸とは?
  • 赤ちゃんの障害リスクを劇的に下げる葉酸とは?
  • 着床出血の時期の体験談、妊娠経験のあるママに聞いた体験談M.Mさん、S.Oさん、K.Rさんの経験談。
  • 40代の妊娠確率、41歳、46歳、47歳、48歳の妊娠できる確率。
  • 妊娠初期の体験談を募集中です♪