子宮卵管造影(HSG)|不妊検査一覧、卵管造影の費用、検査後の期間はゴールデンタイムで妊娠確率もUP!

子宮卵管造影

子宮卵管造影(HSG)

子宮卵管造影は、不妊検査の中でもスタンダードな検査です。

造影検査なのですが、造影剤が通過すると卵管の通りがよくなるため治療も兼ねているものです。

同じような検査で卵管通気法(Rubin test)と卵管通水法(Hydrotubation)があります。

子宮卵管造影の画像

子宮卵管造影

子宮卵管造影001

子宮卵管造影はどんな検査?

子宮卵管造影は、子宮の中に油性の造影剤または水性の造影剤を注入して子宮の状態や卵管の通り具合、詰まっていないかなどをみる検査です。検査時期としては月経終了後の数日に行われます。

通常、麻酔などは無しで検査が行われますが、検査前に筋痙攣による卵管の機能的閉塞を予防するために鎮痙剤(ブスコパン)が投与されることがあります。

検査にはX線を使用しますので、月経が始まって検査が終了するまで必ず避妊することが前提となります。受精卵が被爆しないための措置で必ず守ることが必要になります。

注入直後と24時間後にレントゲンを撮影して卵管や子宮の位置、形状を画像で確認して異常が無いか判定します。レントゲンには通常子宮は写りませんが、造影剤を使うことで白くなって分かるようになります。

■卵管造影の費用

子宮卵管造影の費用は、6000円~15000円前後です。施設や検査を受ける状況によって費用に差があります。この他にも血液検査や超音波検査などもあり自費の部分もあるので、個人によって費用に差が出ているようです。

■子宮卵管造影で分かる病気

卵管閉塞・粘膜下子宮筋腫・子宮内膜ポリープ・子宮内癒着・子宮奇形などが分かります。卵管閉塞は不妊の原因でも多くの割合を占めますので有意義な検査であると言えます。

■検査に痛みはあるの?

造影剤を注入するときに、生理痛のような鈍痛を感じることがあります。検査終了後も続くことがあり、翌日や2・3日痛みが続いたという人もいます。反対に下痢の時のような痛みを感じた後その後は大丈夫だったという人もいます。

検査に使用する造影剤が油性か水溶性かでも痛みが違ってくるようです。特に卵管に癒着があったり閉塞している場合だと痛みを感じる度合いが強い傾向があります。

子宮卵管造影002

卵管造影検査の流れ

・検査は通常2日間行われます。

・X線装置の台の上で行われ、通常仰向けの状態で検査が行われます。

・膣を消毒後、カニューレまたはバルーンカテーテルを挿入し、レントゲンを見ながら造影剤が注入されます。

・その後レントゲン写真を撮って1日目の検査が終了となります。

・2日目はレントゲンを撮影するだけで終了です。

検査時間は全部で30分~1時間ほどで終了します。造影剤の注入は2~3分程度です。この間が一番痛みを感じるようです。

■卵管造影の費用後の注意

検査後の痛みが強い場合はベッドでの安静後に帰宅となります。検査後、茶色のおりものや少量の出血を伴うこともあるので、生理用のナプキンを持参したほうがいいと思います。

検査当日の性交、入浴は禁止のところが多いです。シャワーはOK。

痛み止めに座薬と飲み薬、感染症予防に抗生剤が処方されることが多いです。あまり痛みが続くようであれば、再度受診しましょう。

子宮卵管造影003

子宮卵管造影後はゴールデンタイム

一般的に子宮卵管造影後は妊娠しやすい時期・ゴールデンタイムがあると言われています。検査後約半年間はm妊娠する確率が上がって妊娠しやすい時期が続くようです。

ゴールデンタイムがある理由として、卵管が粘液などで詰まっている状態が造影剤が通ることによって開通し卵子が通りやすくなったためと考えられています。また、卵管のつまりや癒着が解消されることで、卵管の繊毛の動きが良くなり卵子が子宮へ運ばれやすくなるためとも言われます。

実際に、HSG後に妊娠した人も多いので都市伝説やウワサだけではないようですね。油性の造影剤のほうが妊娠率が高いという説もありますが、詳しい研究はなされていないようです。

■油性造影剤と水性造影剤の違い

検査で使用される造影剤は油性と水性がありそれぞれ特徴があります。昔は油性造影剤(リピオドール)が主でしたが、水性造影剤(イソビスト)も多く用いられるようになってきました。

油性造影剤のほうが妊娠率が優れているとの報告もありますが、油性造影剤は体内に吸収されるまでの時間が水性より長いため炎症の原因となることもあります。リピオドールはヨード系なので希にヨードアレルギーを起こす可能性もあるようです。

水性の場合は、写りが悪いものの油性より痛みが少なく吸収も早いのが特徴です。検査時間も短く1日で済むということから選ばれることが多いようです。デメリットとして薬剤が高い(油性の約8倍)などがあります。

このように油性・水性ともメリットやデメリットがあります。実際に使用する時は、施設や医師の方針に従って実施されます。

■油性と水性どちらがいいのか?

HSGに使用する造影剤は、油性と水性どちらがいいのかは医師でも意見が分かれています。油性のメリットは、はっきり写って妊娠率も良いということから使われます。水性は、痛みが少なく吸収も早い、検査も短いなどの理由で使用する施設も多いようです。

どちらを使用するかは担当する医師の判断に任せられます。子宮卵管造影はオーダーメイドの検査ではないので、検査前に医師とよく話し合うことが大切です。

妊活中と妊娠前は、先天性異常のリスクに注意!

妊活中と妊娠前は、先天性異常のリスクに注意!

妊活中と妊娠前のママに知ってほしいことがあります。

妊娠前から妊娠初期に、重要な栄養素である葉酸が不足すると、「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなることが研究で明らかになっています。

世界的な疫学的調査で判明したことで、日本の厚生労働省も妊娠前と妊娠初期の女性に積極的に摂取するように通知を出しています。

葉酸は、日頃の食事からも摂取できますが、現状で不足していることが分かっています。

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように気を付けましょう。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

スポンサードリンク

その他の卵管の検査

その他の卵管の検査

その他の卵管疎通性検査(卵管の通りを見る検査)は次のようなものがあります。

■卵管通気法(Rubin test)

外子宮口より炭酸ガスを注入して圧力の変化を記録して閉塞があるかどうか確認します。閉塞があるかどうかは分かりますが、左右どちらが詰まっているかは分かりません。また、偽陽性・偽陰性の結果が多くでることもあります。

卵管通気法については、卵管通気検査で説明しています。参考にしてください。

■卵管通水法

外子宮口より生理食塩水を注入し、超音波機器(エコー)で通水を確認する検査です。生理食塩水ではなく水性造影剤(レボビスト)を用いて通水を確認する検査も行われるようになってきています。

■超音波子宮卵管造影検査(HyCoSy)

子宮卵管造影では、X線で検査を行いますが、超音波子宮卵管造影検査では水性造影剤(レボビスト)などを用いて卵管の通水を確認します。診断も即日で可能でX線による被爆もなくヨードアレルギーの人でも可能です。画像解析に熟練を要します。

■腹腔鏡下色素通水法

腹腔鏡下で色素(インジゴカルミン)を通水して卵管の通りを確認する方法です。腹腔鏡下で行うため診断能が高いのが特徴です。そのまま卵管形成術が行われることもあります。

■卵管鏡 (Falloposcope)

卵管に直接ファイバースコープを挿入して病態の観察・治療を行う検査です。直接見ることが可能なため従来の卵管検査法ではできなかった卵管全域の病態を観察することができます。閉塞部位の癒着も剥離させることができて、通水回復性も高いとされています。

検査をするだけで妊娠するの?

検査をするだけで妊娠するの?

なぜ子宮卵管造影検査をするだけで妊娠する確率があがるのでしょうか?

子宮卵管造影後は、妊娠しやすくなる期間ゴールデンタイムがあります。学会の報告なでどでもHSG 施行後原因不明不妊症の約40%に妊娠が成立。HSG 施行後6カ月以内で妊娠し,約80%が1年以内で妊娠するというデータもあります。(日本産婦人科学会より)

これは、卵管通過性が改善され通りが良くなったことや組織の動き(例えば繊毛)が回復して妊娠しやすくなるものと考えられています。

子宮卵管造影は、治療の側面もあるので検査するかどうかよく医師と相談してしてみるといいと思います。どうしても納得いかない場合はセカンド・オピニオン(他の医師・施設に相談)も考えてみてもいいかもしれません。

不妊の原因については不妊の原因で特集を組んでいます。参考にしてください。

不妊検査へ戻る。
妊娠へ戻る。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 卵管通水検査の費用と時期|不妊検査一覧
  • 不妊検査
  • ソノヒステログラフィーとは?費用と痛み、保険は適用される?
  • 卵管通気検査、通気検査で痛みはあるの?|不妊検査一覧
  • 血中ホルモン検査、プロゲステロン基準値、正常値|不妊検査一覧