生理が3日遅れ?4日遅れなら妊娠検査薬を。

生理が3日遅れ?4日遅れなら妊娠検査薬を。

生理の遅れ

生理が3日遅れ?4日遅れなら妊娠検査薬を。

生理の遅れが気になってますか?

通常の生理周期は25日以上38日以下と言われています。この間に生理周期が入っていれば問題はないということになります。2日3日の遅れは正常の範囲内と考えていいです。

ですが、妊娠に心あたりがあるなら妊娠検査薬を使って妊娠しているか調べるようにしましょう。

4日遅れになると、妊娠している可能性が出てきます。

生理の遅れは妊娠かも

生理の遅れは妊娠

健常な女性でも、2.3日の遅れはあるといわれています。

でも、4日遅れになると、妊娠している可能性があります。

生理の遅れで産婦人科を受診すると、一番先に妊娠していないか調べます。生理が遅れていると妊娠している可能性が高いからです。

遅れていると感じたら、妊娠していないか確認してみましょう。

市販の妊娠検査薬を使ってもいいと思います。

妊娠検査薬は、生理予定日の1週間後から使用できるようになっていますので、2.3日待って妊娠検査してみましょう。

最近では生理予定日から使用できる妊娠検査薬「チェックワンファスト」もあります。こちらを使うと早く結果が分かりますよ。

妊娠検査薬で陽性が出たら、正常な妊娠を確かめるために産婦人科を受診してください。産婦人科を受診すれば、妊娠しているかハッキリ分かります。

本当に生理が遅れてる?

本当に生理が遅れてる?

先月の生理日を確実に覚えていますか?

産婦人科を受診した人に、前の生理日を尋ねると正確に答えられない人が多いそうです。それと生理日の数え方も大切です。生理が始まった日を1と数え、次に生理が来た日の前日までが生理周期です。

生理周期を確実に覚えるには、基礎体温を付けるといいでしょう。基礎体温を付けると次の生理日が分かりやすくなり、予定も立てやすくなります。また、排卵日の目安も分かるため妊娠しやすい日も分かります。

基礎体温を付けることで病気が分かることもあります。体温が2相に分かれますが、これが1相だったりジグザクだったりすれば、無排卵やホルモンバランスが崩れて生理不順になっているかもしれません。

基礎体温表が一相だったりギザギザの場合、妊娠検査薬を使って陰性なら無月経や無排卵の可能性があります。

毎日、基礎体温を付けるのは面倒ですが、今はスマホのアプリで簡単に記録できるので、アプリを使って基礎体温を付けてみましょう。

この他にも、妊娠を考えるなら先天性異常のリスクに注意することが大切ですよ。

妊娠を考えるなら、先天性異常のリスクに注意!

妊娠を考えるなら、先天性異常のリスクに注意!

妊娠を考えているママに知ってほしいことがあります。

それは、妊娠前から初期にかけて、重要な栄養素である葉酸が不足すると、無脳症や二分脊椎などの先天性異常のリスクが高くなるという事実です。

このことは、世界的な疫学的調査で判明したことで、日本でも2002年より、厚生労働省が妊娠可能な女性に対して葉酸を積極的に摂取するように通知を出しています。

葉酸は、日頃の食事でも摂取できますが・・・
妊娠初期は葉酸を摂取が大事

葉酸は、母子手帳に記載されるぐらい重要な栄養素です。

葉酸は母子手帳に掲載されています。

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように注意してください。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

妊娠したら気を付けること、注意点

妊娠したら気を付けること、注意点をまとめてみました。下記ページを読んでみてください。

妊娠初期、超初期の注意点
妊娠初期の注意点

妊娠初期にやるべきこと、することをまとめました。じっくり読んでみてくださいね。

妊娠初期にやるべきこと、すること
妊娠初期にやるべきこと、やること、することまとめ。

生理が10日遅れなら病院を受診

生理が10日遅れなら病院を受診

生理が10日遅れているなら、妊娠しているか無排卵になっている可能性があります。10日も遅れると、妊娠の可能性も高いので妊娠検査薬を使って調べるようにしてください。

妊娠以外で10日以上生理が遅れるようなら、生理不順となり無排卵の可能性があります。

90日生理が来ないと無月経という深刻な事態となります。90日以上生理が来ていないときは、すぐに産婦人科を受診してください。

生理の遅れはストレス?

生理の遅れはストレス

ストレスは、生理の遅れの原因の一つです。

ストレスと行っても仕事や学校、人間関係や引越などの生活環境の変化など様々です。ストレスをうまく解消するのも生理を正常に戻すのに役立ちます。

なぜストレスを受けると生理が遅れるの?
生理をコントロールしているのは、脳にある視床下部と下垂体です。ここが女性ホルモンを出すように指示をして正常な生理周期を作っていきます。

視床下部は、自律神経もコントロールしていて、ストレスの影響を受けやすい器官です。強いストレスを受けると体を守ることに集中して、生理のことが後回しとなり遅れてしまいます。

強いストレスを受けると、生理が止まったままになる無月経となることもあります。生理が来ない無月経は、治療にも時間が掛かると言われていて、早く治療を開始することが大切になります。詳しくは生理遅れとストレスでまとめました。

無月経とは?

無月経とは?

無月経とは、90日以上生理来ない状態のことで排卵が起きない無排卵となります。

無排卵周期症とも言われる無月経は、妊娠や授乳中でも起こりますが、通常の状態で生理が止まってしまうことが問題となります。

長く無月経が続いてしまうと、骨粗しょう症・のぼせ・イライラなどの更年期の様な症状が出てくるようになります。

無月経の原因
無月経になる原因は、過度なダイエットや激しい運動、生活環境の変化によるストレス・などがあります。こうした精神的な原因だけでなく、卵巣の機能が低下したりホルモンバランスが崩れたりしても無月経となります。

服用している薬によっても起こります。胃薬や病院から処方される薬の中には、生理を遅らせる成分が入ったものがあります。

この他にも脳の視床下部・下垂体や甲状腺に異常・早発閉経があっても無月経となってしまいます。早発閉経については生理不順と早発閉経・早発卵巣不全で詳しく紹介しています。

無月経の治療
まずは血液検査などによってホルモンの状態を検査します。そのあと、症状に合わせて治療していきます。

無月経の治療は、ホルモン剤によって生理を起こさせるカフスマン療法や漢方を使って治療していきます。薬が原因の時は薬を変更するなどして様子を見ます。

正常な人でも2・3日の生理の遅れはあると思います。ストレスがあったり生活環境が変わったり人間関係で悩んだりしても生理が遅れることがあります。

しかし、90日以上生理が遅れることは問題です。生理の遅れはあとで不妊の原因ともなるかもしれないので、はやく産婦人科へ行って治療を行いましょう。

生理の遅れとも関係が深い生理不順については生理不順で、正常な生理周期については生理周期でまとめています。読んでみてください。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。

妊娠初期のママにおすすめの記事一覧

妊娠中期のママにおすすめの記事一覧

妊娠したいママにおすすめの記事一覧

妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 妊娠初期に絶対必要な葉酸
  • 不育症の症状
  • 40代の妊娠確率、41歳、46歳、47歳、48歳の妊娠できる確率。
  • 子どもを作る方法とは?早く妊娠する方法、妊娠しにくい人の特徴とは?
  • 妊娠しにくい病気