不妊治療の種類

不妊治療の種類

不妊治療の種類

不妊治療は、排卵日を測定してその日に受精を目指す方法や薬や注射などを使って排卵を誘発させる治療法、卵子や精子を採取して培養、子宮内に戻すARTがあります。不妊症は、個人によって症状が違うので、個人に合わせた治療法が選択されます。

最近では、晩婚・晩産化の傾向があり途中のステップを飛ばして、体外受精へと進むケースも増え始めました。

タイミング法と不妊治療

タイミング法と不妊治療

女性・男性共に異常がないのに妊娠できないときがあります。こういうときは超音波検査などで排卵日を予測して、その日に夫婦生活を持って妊娠を目指す治療法があります。基礎体温が正常に二相に分かれていて、他に不妊の原因がない人が対象です。

また、クロミフェンなどの排卵誘発剤を使ってタイミングを指導することもあります。タイミング法で妊娠できない場合は、違う排卵誘発方法を選択するか、人工授精を行うことが検討されます。

タイミング法についてはタイミング法で詳しくまとめました。

排卵日付近でタイミング法を行うと妊娠する確率も高まりますが、男性に排卵日を伝えるとプレッシャーになり、その日に限って残業で遅くなったり疲れてると先に休んだりする行動をとるときがあります。

こうならないためににも、排卵日を意識しない夫婦間のコミュニケーションが大切になってきます。日頃から仲良しする習慣をつけるようにしましょう。

スポンサードリンク





薬による不妊治療

薬による不妊治療

クロミフェン療法
排卵誘発剤クロミフェンによって排卵を促し不妊を改善する治療法です。適応となるのは、血中PRL値が正常な無排卵周期症や第1度無月経です。第2度無月経では無効とされます。POCSの人は第1度無月経でも約半分がクロミフェンが無効になるとされます。

排卵誘発率は第1度無月経で70%,無排卵周期症は80%以上と高いものですが、妊娠率は25~30%となっています。OHSSなどの副作用も少なく多胎の発生率も数%程度です。

●第1度無月経
ゲスターゲンテストで消退出血が認められるものを第1度無月経といいます。卵胞ホルモンは分泌されているが月経が来ない状態です。ゲスターゲン単独投与で生理が来たら第1度無月経です。

●第2度無月経
ゲスターゲン単独では消退出血が起きず、エストロゲンを併用投与して消退出血が起こる状態を第2度無月経と言います。治療はカフスマン療法などが用いられます。

クロミフェン単独で排卵が起きない場合は、ゴナドトロピン(Gn)療法やでドーパミン作動薬併用療法などが治療の選択肢となります。

参考:不妊症治療における排卵誘発法

ドーパミン作動薬療法
ドーパミン作動薬療法は、高PRL血症や甲状腺機能低下症、クロミフェン療法では排卵が起きなかった場合に選択肢となります。排卵率は50%以上で機能性高PRL血症に対する排卵率は80~85%、妊娠率は30~40%となっています。

ゴナドトロピン(Gn)療法
ゴナドトロピン(Gn)療法は、クロミフェンが無効・血中FSH値が正常もしくは低値の第2度無月経が適応となります。また、自然に排卵がある人やクロミフェンで排卵が起こっても妊娠できない場合にも適用されます。

ゴナドトロピン(Gn)療法の排卵率は70~80%、妊娠率は30%前後です。しかし、流産率も20%と他の療法と比較して高くなっています。副作用としてOHSSや多胎があります。特にPOCSの人はOHSSになる頻度が高いので注意が必要です。副作用対策として、GnRH アゴニスト併用療法、FSH 漸減投与法、hMG 律動的皮下投与法、FSH-GnRH パルス療法などが行われています。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


ARTによる不妊治療

ARTによる不妊治療

ARTとは、生殖補助技術のことで人の手を借りて妊娠を目指すものです。ART技術の進歩により、今まで難治性の不妊症で妊娠が難しかった例でも妊娠を目指すことができるようになりました。

特に、卵管に原因があって妊娠できない場合や男性不妊場合でも治療が可能になってきています。ARTについてはARTで詳しく述べています。

人工授精
人工授精は、採取した精子をカテーテルなどで子宮内に戻す治療法です。頸管粘液が少ない場合や抗精子抗体が陽性の場合、EDや男性不妊などで子宮内に精子が到達するのが困難な場合に人工授精が選択されます。

また、クロミフェンなどの排卵誘発では妊娠できない場合でも人工授精へのステップアップが検討されます。

体外受精
卵管に不妊の原因があると、人工授精でも妊娠できません。卵管因子の不妊症や重度の男性不妊症などは体外受精を検討します。体外受精は、採取した精子を卵子と受精させ培養したあとに子宮内に戻す方法です。抗精子抗体陽性、子宮内膜症、原因不明不妊(機能性不妊)などにも適応されます。

顕微授精
顕微授精は、重症精子減少症、精子無力症、精子奇形症などの重症男性不妊のときに適応される不妊治療です。卵子に細いガラス管を直接刺して精子を注入するものです。顕微授精を行うには遺伝的・倫理的な問題あり医師・パートナーと十分に話し合いすることが大切です。

子宮内膜再生技術IFCE
子宮内膜再生技術IFCE(Intrauterine Fiberscope & Curettage of the Endometrium)は新しい不妊治療の方法として登場しました。

子宮内膜に専用の器具で傷を付けてそこに受精卵を移植する治療法です。従来、体外受精や着床不全で妊娠できなかった例にも適応でき、従来の治療法と比べて妊娠率も高くなります。詳しい情報は下記を参照してください。

IFCE(子宮内膜再生技術)|大阪 医療法人オーク会

IFCE子宮内膜再生術は、体外受精を何度行っても妊娠反応が出ない人が対象となっています。検査を施行する前に子宮内の検査をして子宮内膜ポリープや子宮筋腫など着床を妨げる原因があれば治療を行います。

治療が完了した次の周期に子宮内膜を傷つけて受精卵を移植します。IFCEを行うことでしない人に比べて妊娠率が3倍になるデータもあります。体外受精を何度行っても妊娠反応がでない人はIFCE 子宮内膜再生術を受けるのも選択肢です。詳しくはIFCE 子宮内膜再生術とは?で紹介しています。

二人目不妊

一人目は自然に妊娠できたのに、二人目が中々できない二人目不妊があります。原因は色々ありますが、二人目不妊の大きな原因に加齢があります。

年齢が進むと、卵子の老化が進み妊娠しにくくなってきます。また、ストレスにより妊娠しにくい状態になっていることもあります。一年以上夫婦生活を行って二人目が妊娠できないなら産婦人科を受診して原因を調べることをおすすめします。

年齢が進めば、子宮筋腫や子宮内膜症など婦人科疾患になることもあります。いずれにしろ、産婦人科を受診して原因を調べるようにしたほうがいいでしょう。詳しくは二人目不妊で説明しています。

不妊治療の病院選び

不妊治療の病院選びは非常に重要です。不妊治療は、内容によっては数年間治療しなければなりません。最初の病院選びが重要になってきます。

治療を受ける施設を選ぶときは、不妊治療専門か?スタッフの対応はどうか?自宅から通えるか?医師との相性はどうか?など細かい点にまで気を配る必要があります。

ネットの口コミや周囲の評判で病院を決めたら、まずは受診することをおすすめします。受診して施設の雰囲気や産科と同じ待合室になっていないかなど確かめてみましょう。

不妊治療外来は、時間が掛かることが多いです。2時間待ちは普通です。これは治療の性質上どうしようもないことなので、本を読むなどして心穏やかに待つようにしましょう。詳しくは不妊治療の病院選びでまとめました。

排卵誘発の方法

排卵誘発の方法は、様々な種類がありますが、大きく分けて薬を飲んで排卵を誘発する方法と注射をして排卵を促す方法の2種類があります。個人の状態によって最適な排卵誘発の方法があります。

内服せずに自然排卵を待つ完全周期法という方法もあります。内服する排卵方法は低刺激排卵誘発として知られておりセキソビット、クロミッド、フェマーラなどの内服薬が用いられることが多いです。

これに対して注射による排卵誘発方法は、内服より強力に排卵を促す方法でFSHやLHといったホルモンを注射して卵胞が育ってきていることを確認してHCGを注射して排卵を促す方法です。

排卵誘発は副作用を起こすことがあります。おもな副作用として卵巣過剰刺激症候群(OHSS)、卵巣茎捻転、多胎妊娠などがあります。これらの副作用は入院しなければならないことがあり注意が必要です。詳しくは排卵誘発の方法で説明しています。

不妊治療で保険適用は?

不妊治療で保険適用は、どれぐらいの範囲で適用になるのでしょうか?一般的には、体外受精や顕微授精など、高度な生殖補助医療になるほど自己負担が増加する傾向にあります。

不妊治療で保険が適用される範囲は、排卵誘発剤などの薬物療法、卵管疎通障害に対する卵管通気法、卵管形成術、精管機能障害に対する精管形成術などの不妊治療に適用されます。

一方、不妊治療に適用されないのは、配偶者間人工授精、非配偶者間人工授精、体外受精、VF-ET(体外受精、胚移植)、GIFT(配偶子卵管内移植)、ICSI(顕微授精。卵細胞質内精子注入法)などです。

不妊治療の高額な医療費を助成する特定不妊治療助成金制度があります。1年度あたり1回15万円、2回までとし、通算5年支給されるものです。これ以外にも自治体が独自に助成を行うこともあります。詳しくは不妊治療で保険適用でまとめました。
不妊の原因については絨毛膜下血腫

不妊治療とホルモン療法

不妊治療の一つとしてホルモン療法があります。ホルモン療法は、黄体ホルモン補充療法と排卵誘発療法に分けることができます。不妊検査の結果から最良な治療法が選択されます。

黄体ホルモン補充療法とは、LHパルスの異常、LHサージレベルピークの低下、黄体期の持続時間、分泌異常、子宮の異常などのときに黄体ホルモンを補充していく治療法です。

排卵誘発療法とは、無排卵や生理不順など排卵に問題がある場合に、薬剤によって排卵を促すことで卵子や子宮内膜の状態を改善して妊娠率の向上を目指す治療法です。副作用もあるので注意しましょう。

不妊治療といえば、タイミング法からスタートすることが多いのですが、35歳以上の高齢になるとタイミング法を飛ばして人工授精へステップアップしたほうがいい結果になることがあります。詳しくは不妊治療とホルモン療法で説明しています。

一般不妊治療とは?

不妊治療にもいくつか種類があって、大きく分けると一般不妊治療と生殖補助医療(ART)に分けることができます。どちらの治療法を選択するかは個人によって身長に決定されます。

一般不妊治療とは、最初に産婦人科を訪れたときに指導されることが多いタイミング法や排卵誘発、人工授精や漢方による不妊治療などです。これに対して生殖補助医療(ART)とは、体外受精や顕微授精などステップアップした不妊治療法です。

どちらの不妊治療を選択するかは治療を受けるクリニックや産婦人科で違ってきますが、最初に一般不妊治療であるタイミング法が指導されることが多いようです。タイミング法を何周期か試すことになります。

タイミング法を行うには、生理不順がないこと、排卵が行われていることを確認しなければなりません。生理不順や無排卵は、基礎体温表で分かるので記録するようにしましょう。詳しくは一般不妊治療とは?で解説しています。

人工授精(AIH)とは?

人工授精(AIH)とは、精子をカテーテルを使って子宮内などに注入して卵子と精子の出会える確率を上げて妊娠を目指す方法です。一般的に行われる不妊治療法です。

人工授精というと、何か人工的なものを想像しますが、実際には精子の動きをサポートして卵子との出会いの確率を上げる方法です。現在では遠心分離にかけて元気のよい精子だけを注入する方法が多くなっています。

人工授精といっても、いくつかの種類に分けられます。配偶者間人工授精、非配偶者間人工授精、頸管内人工授精、子宮内人工授精、子宮鏡下卵管内人工授精などがあります。

この治療を行うメリットとして、痛みがほとんどない、妊娠率が高い、自然に近い形で妊娠できるなどがあります。反対に卵巣過剰刺激症候群(OHSS)が起こりやすいなどのデメリットもあります。詳しくは人工授精(AIH)とは?で説明しています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 顕微授精の妊娠確率
  • IVF-ET(体外受精、胚移植)とは?
  • GIFT(配偶子卵管内移植)とは?
  • 自然周期法と体外受精
  • IFCE 子宮内膜再生術とは?