子宮内膜症

子宮内膜症

子宮内膜症

子宮内膜症は、子宮内膜の組織が異所性(違うところ)に発生する病気で、子宮と直腸の間(ダグラス窩)や子宮を支える靱帯(仙骨子宮靭帯)子宮と膀胱の間(膀胱子宮窩)卵管などにもできる疾患です。

20代から40代の妊娠適齢期に発生することが多く、30代前半でピークを迎えます。

子宮内膜症は卵巣にも

子宮内膜症は卵巣にも

子宮内膜症は、卵巣や卵管といった妊娠する上で重要な器官にもできるので不妊の原因となっています。

生殖可能年齢の約10%が持っているとされ、近年の晩婚化や晩産化により増加傾向にあるとされます。

子宮内膜症の原因
子宮内膜症の原因は、まだよく分かっていません。子宮内膜の組織が何らかの理由で逆流して違うところに定着、増殖していく説があります。

子宮内膜症の症状
子宮内膜症の症状としては、主に痛み(疼痛)と不妊があります。痛みは、月経痛に加えて腰痛、下腹部痛、排便痛や性交痛などがあります。

不妊は、妊娠可能な年齢の人にとって問題となります。子宮内膜症の患者さんのうち約半数が不妊に悩んでいるとの資料もあります。(日本産婦人科学会 子宮内膜症と不妊症)

この次は、子宮内膜症が原因で起こる不妊について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク

子宮内膜症が原因で起こる不妊

子宮内膜症が原因で起こる不妊

日本産婦人科学会「子宮内膜症と不妊症」によると、不妊症の発生機序(しくみ)は下記のようになります。

a.卵巣・卵管機能の障害
1)卵巣・卵管の機械的障害
2)排卵障害
高プロラクチン血症
黄体化非破裂卵胞
3)卵胞発育の異常
卵胞発育遅延
顆粒膜細胞のホルモン産生能低下
顆粒膜細胞のアポトーシス亢進
b.免疫異常
1)液性免疫の亢進
2)抗子宮内膜抗体
c.腹腔内貯留液の影響
1)活性化マクロファージの影響
2)サイトカイン
受精卵発育異常
精子運動能低下
卵管機能の抑制
d.子宮内膜異常
1)着床に必須のサイトカイン産生低下
2)脱落膜化の異常

子宮内膜症が進んでくると、卵巣がチョコレートのう胞になったり内膜症病変が他の臓器との癒着(くっついてしまう)することで卵管などが移動できなくなって不妊を起こすと考えられています。

子宮内膜症の患者さんは、高プロラクチン血症や黄体化未破裂卵胞(LUF)を合併し排卵障害となり不妊の原因になると推測されています。黄体化未破裂卵胞は術後癒着を起こしている患者さんに多くみられ卵巣周囲の癒着が原因と考えられています。

また、子宮内膜症の患者さんは卵胞発育異常があることも多く不妊の原因になっていることもあります。

お腹に溜まっている腹水も不妊に影響があります。腹水があることによって、卵子の卵管への取り込みが妨げられたり、腹腔内のマクロファージやマクロファージが作るプロスタグランジンやサイトカインが妊娠へ影響を及ぼしていると考えられています。

子宮内膜症は、本来の子宮内膜に影響を及ぼして着床を妨げて子宮内膜の機能低下させるのも不妊の原因と提唱されています。

子宮内膜症の治療

子宮内膜症の治療

子宮内膜症の治療は、薬による治療と手術による治療法があります。症状や病気の進行度、年齢や妊娠を希望しているかなどを考慮して治療法が選択されます。

妊娠を希望しない場合は、痛みを和らげるために鎮痛剤が処方されたり低用量ピルによる治療が行われます。これでも症状が続く場合GnRHアゴニストや黄体ホルモン剤などで症状を緩和させます。

妊娠を希望する場合は、チョコレートのう胞(内膜症性のう胞)などがはっきり分かっている場合は、腹腔鏡下による手術も考慮します。

腹腔鏡下手術は、妊娠を希望する場合は病巣だけを取り除いて卵巣や子宮の正常部分を残す手術が行われます。妊娠を希望しない場合は、卵巣や卵管、子宮を取り除く手術が行われます。

子宮内膜症と同じような病気

子宮内膜症と同じような病気

子宮内膜増殖症
子宮内膜症と同じような病気に子宮内膜増殖症があります。子宮内膜増殖症は、無排卵性,エストロゲン優位のホルモン環境に発生する病気で単純型,複雑型,単純型異型,複雑型異型の4つに分類される疾患です。

子宮内膜増殖症で問題のなのは、子宮体癌の前癌病変として認識されていることです。手術とプロゲスチン療法が有効な治療法です。しかし、妊娠を希望する場合には、medroxyprogesterone acetateによる温存療法が施行されることがあります。

子宮内膜症は、様々な不妊の原因となる疾患です。月経痛や生理以外での腰痛や下腹部痛、性交痛がある場合は早めに婦人科を受診することをおすすめします。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


子宮内膜症は、生理不順の原因とも言われています。生理不順については生理不順で詳しく紹介しています。読んでみてください。

子宮の病気と不妊については子宮の病気でまとめています。参考にしてください。妊娠関連の話題は妊娠したいで特集を組んでいます。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 赤ちゃんの障害リスクを劇的に下げる葉酸とは?
  • 赤ちゃんの障害リスクを劇的に下げる葉酸とは?
  • 着床出血の時期の体験談、妊娠経験のあるママに聞いた体験談M.Mさん、S.Oさん、K.Rさんの経験談。
  • 40代の妊娠確率、41歳、46歳、47歳、48歳の妊娠できる確率。
  • 妊娠初期の体験談を募集中です♪