ママの出産準備

ママの出産準備

ママの出産準備は早めに

出産予定日が近くなると、いつお産が始まってもおかしくありません。臨月になると買い物するのも大変なので、妊娠中期の体調のいいときに準備しておきましょう。

ママの出産準備リスト

ママの出産準備リスト

ママの出産入院に必要なものをリストにしてみました。

ママの入院準備リスト
□健康保険証・母子手帳
□財布
□パジャマ
□タオル・バスタオル
□携帯
□コップ・歯ブラシ・洗面用具
□ティッシュ
□カーディガン・靴下
□陣痛を和らげるアイテム

(産院に無いなら持参)
□産褥ショーツ
□生理用ナプキン
□母乳パッド
□スリッパ
□お箸
□時計

健康保険証と母子手帳は必ず持参しましょう。お財布も必要なときがあるので持っていきます。パジャマは授乳口が付いたものが退院後も使えるのでおすすめです。

タオルやバスタオルは数枚用意しましょう。出産後もシャワーはOKなので、しっかり吸水するタオルを選んで準備しましょう。携帯は院内では使用禁止のところもありますが、写真を撮影するときや電話帳代わりになるので持って行きましょう。

コップや歯ブラシ、洗面用具も準備しておきます。100均で新しいものを揃えるのもいいですね。ティッシュはボックスを1箱用意します。カーディガン・靴下は寒いときに重宝しますので準備しましょう。

産褥ショーツ・生理用ナプキン・母乳パッド・スリッパ・お箸・時計などは産院で準備していることがあります。入院する前にどんなものがあるのか確認してみるといいでしょう。

なるべくコンパクトにまとめてスグに持ち出せるようにしておくと安心です。赤ちゃんの出産準備品は別のバッグに分けて、入院後に家族やパパに持ってきてもらうのがいいと思います。

赤ちゃんの出産準備

赤ちゃんの出産準備は、つわりが治まった妊娠中期に準備するのがおすすめです。妊娠後期になってくると買い物も大変なので、妊娠中期に少しずつ準備していきましょう。

出産準備のベビー用品

出産準備のベビー用品

赤ちゃんのベビー用品は色々ありますが、出産後退院するときにスグに必要になるものがあります。これがないと困ることが多いので、しっかり準備しておきましょう。

最低限必要なものをリストにしてみました。

赤ちゃんの出産準備品リスト
□紙おむつ(布おむつ)
□おしりふき 柔らかいもの
□低刺激の石けん
□ガーゼ
□バスタオル
□綿棒
□爪切り
□ベビーバス 温度計はいらない
□ふた付きのバケツ
□肌着
□おくるみ
□哺乳びん
□粉ミルク(状況によって)
□ベビー布団
□ベビーベッド
□チャイルドシート

以上が出産準備に最低限必要なベビー用品です。ベビー布団、ベビーベッドはママと添い寝ができないときに購入すればよいでしょう。

チャイルドシートは、自家用車でママと赤ちゃんをお迎えに行くときに絶対必要となります。自家用車でお迎えに行く人は、退院前までに準備しておきましょう。

紙おむつ(布おむつ)
おむつは絶対に必要です。今は紙おむつが主流ですが、エコブームで布おむつを使う人も増えてきています。

紙おむつは、新生児用のものを選びましょう。最近ではメッシュ素材の紙おむつもあり、生まれたての赤ちゃんの肌に優しくなっています。

うちでは、「パンパースのはじめての肌へのいちばん スーパージャンボ」を使いました。肌に付く部分がメッシュになっていてかぶれも少なかったです。ゆるいうんちもしっかりキャッチしてました。

この銘柄は、病院でも使っているので安心して使用できます。

紙おむつの価格について。

よく売り出しで安い紙おむつが売られていますが、価格の安いおむつは枚数が少ないことが多いのです。一枚当たりに換算すると大差ない時も。おむつを買うときは一枚当たりの価格を計算してから買うとお得ですよ。

枚数はできるだけ多いのを選ぶようにしましょう。生まれたての赤ちゃんは一日に15回ぐらいおむつを替えます。枚数が少ないと頻繁に買わないといけなくなります。枚数を確認してから買うようにしてください。

●布おむつ
布おむつのメリットはゴミを減らして環境に優しいことです。布おむつを使っている人も外出や夜間には紙おむつを使うなど使い分けているようです。

枚数はおむつが30枚ぐらい、おむつカバーを5枚ぐらい用意するといいようです。また、漬け置き洗い用にバケツを2個用意すると洗濯が楽になります。

スポンサードリンク

おしりふき
おしりふきは使い捨てが主流です。おしりふきにも色々あって、カシミヤのような柔らかい素材を使ったものやトイレに流せるタイプなどがあります。

うちは、柔らかい素材の「ムーニー おしりふきやわらか素材」を使っています。こちらも病院で使っていたものと同じものを使っています。

赤ちゃんが生まれる前に、トイレに流せるタイプを買っていましたが、素材が固く赤ちゃんの肌に合わなそうなので今も使っていません。

紙おむつやおしりふきは、病院で使っている銘柄を使うのもいいですね。

低刺激の石けん
赤ちゃんを沐浴するときに使います。肌への負担が少ない低刺激の石けんを選ぶといいでしょう。

うちは、ポンプタイプの「ピジョン 全身ベビーソープ (泡タイプ) 」を使っています。泡で出てくるので素早く使えて便利です。価格は通常のボディソープより高めですが、使う量が少ないのでお得かも?

ポンプタイプは、泡立てる必要がないのでスグに使えて助かっています。

ガーゼ
ガーゼも数枚あったほうが便利です。お風呂の時に濡れたガーゼを胸に当てると落ち着く時もあり体も優しく洗えるので数枚買っておきましょう。

西松屋など赤ちゃん用品専門店で買うとそんなに高くないです。

バスタオル
バスタオルは、赤ちゃん用の正方形のタオルが使いやすいです。長方形のバスタオルは、赤ちゃんの体を拭くときに拭きにくいときがあります。

正方形ならおくるみみたいに使えて使い勝手がいいです。

綿棒
赤ちゃんの耳は大人より汚れやすいです。まめに耳掃除をしてあげましょう。綿棒は細い軸のものが使いやすいですよ。粘着するタイプもあり耳垢をキャッチできます。

爪切り
赤ちゃんの爪は、スグに伸びてきます。普通の爪切りでは切ることができないので、赤ちゃん用の爪切りを準備しましょう。爪切りの先が丸く反っているものが安心して使えます。

ベビーバス
ベビーバスは、シンクタイプとエアータイプがあります。シンクタイプはスグに使えるのですが、置き場所を取るのが難点です。エアータイプはたためばコンパクトになり場所を取りませんが、乾かしたり空気を入れたりする手間があります。

うちでは、シンクタイプを使いました。シンクタイプが価格も安く、ベビー用品専門店で800円程度で購入できます。実際に使うのは1・2ヶ月ぐらいです。赤ちゃんは小さいので、新生児のときは一緒にお風呂に入るのは現実的ではありません。

短期間しか使いませんが、必要になるので準備しましょう。

温度計は必要ないです。手でお湯を触ってきてちょっとぬるいかな?ぐらいが適温です。

ふた付きのバケツ
ふた付きのバケツは、おむつを捨てるときに使用します。できれば、密封できるものがいいのですが、普通のふた付きのバケツでも代用できます。

普通のバケツを使うときは、うんちが付いたおむつはビニール袋に入れて捨てるとニオイを軽減できます。

うちは、「ピジョン 専用カセット不要! らくらくおむつポットン 片手でポイ」を使っています。専用カートリッジはいらなくて市販のビニール袋が使えるので経済的です。

トイレに置いているのでニオイも気になりませんが、ニオイが気になる人はカートリッジ式の「アップリカ におわなくてポイ」などがいいのではないでしょうか。

肌着
肌着も数枚用意しておきましょう。春生まれ・夏生まれの赤ちゃんは肌着を多めに、秋生まれ・冬生まれの赤ちゃんは重ね着する短い肌着を多めに用意します。

赤ちゃんはスグに大きくなるので、準備するのは4・5枚程度でいいと思います。

肌着は、長肌着・コンビ肌着・ロンパースなどがありますが、正直どれがいいのか分かりません。うちは、頂き物とコンビ肌着・長肌着を用意しました。

おくるみ
おくるみは、ママと赤ちゃんが退院するときから必要になります。生まれたての赤ちゃんは柔らかいので、おくるみを使うことで抱きやすくなります。

また、肌掛けになったりママの膝掛けにも使えるので便利ですよ。

哺乳びん
哺乳びんは、小さい方が使いやすいです。新生児のうちは飲む量が多くないので150mlも入ればいいと思います。乳首は新生児用のものを選びましょう。

哺乳びんは病院からもらえるときもあります。新生児は2・3時間おきにミルクを飲むので3本ぐらい準備したほうが余裕があると思います。

最近では、母乳とミルクを合わせている人も多いようです。うちも母乳とミルクを合わせています。

粉ミルク
粉ミルクも状況に合わせて購入しましょう。銘柄は病院で使っていた粉ミルクを選ぶのがいいと思います。他の銘柄を選ぶ場合は、徐々に変えていくのが赤ちゃんもビックリしないのではないでしょうか。

うちでは、母乳に近いと言われている明治「ほほえみ」を使っています。

まとめ買いは安くていいのですが賞味期限があったり、開封後長く置くとカビが生えたりしますので、ちょっとずつ買い足していくのがいいでしょう。

ベビー布団
ベビー布団も必要なら購入します。保育園に預けるときに必要になるので買っておいてもいいでしょう。

しばらくはママと添い寝すると思いますので、あとから購入してもいいと思います。

ベビーベッド
ベビーベッドも状況に応じて購入するようにしましょう。最近では、ベッドと同じ高さになるベビーベッドもありベッドで添い寝できるタイプもあります。

うちも退院前に購入しましたが、まだ使っていません。(^^;

でも、おむつやおしりふきを収納できるので、部屋が片付きますよ。

チャイルドシート
チャイルドシートは、自家用車でママと赤ちゃんをお迎えに行くときに絶対に必要になります。なので、退院前までに車に装着しておく必要があります。

チャイルドシートは、ベッドみたいに水平近くまでリクライニングできるタイプと、イスのようなタイプがあります。価格も1万円前後から10万円ぐらいまで幅広いです。

うちでは、アップリカのベッドになるタイプを購入しました。

こうやって赤ちゃんの出産準備品をリストにしてみると結構数がありますね。臨月になると買い物するのも大変なので、妊娠中期にちょっとずつ揃えるようにすると楽です。

買い物する時間がない人は通販大手のアマゾンのファミリー会員が便利で割安です。年会費を払うことで当日便を使うこともできます。時間がないときは利用してみてください。

スポンサードリンク

出産準備リストを作る前に

出産準備リストを作る前に

パパや家族の連絡先を把握する。
いざ出産となるときに慌てなくていいようにパパや家族への連絡先を把握しておくといいでしょう。特に里帰り出産の人はパパへ連絡が繋がる手段をよく話し合っておく必要があります。

連絡先は携帯に登録しておくと便利です。

産院までの交通手段を確認。
お産が始まったときにどの交通手段で移動するのか確認しておきます。車は自分で運転せずに家族に代わってもらいましょう。タクシーを使う場合は、24時間配車してくれるか確認を。タクシーの連絡先も携帯へ登録しておきます。

産院の夜間入口を確認。
産院の夜間入口は、通常の玄関とは違った位置にあることが多いです。明るいうちに夜間入口がどこなのかしっかり確認しておきましょう。

お産が始まってから慌てないように、しっかりと出産準備をすることが大切です。早めに少しずつ準備するようにしてください。

全般的な出産準備品については出産準備でまとめています。よかったら読んでみてください。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。参考にどうぞ。

妊娠初期のママにおすすめの記事一覧

妊娠中期のママにおすすめの記事一覧

妊娠したいママにおすすめの記事一覧

妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 妊娠症状チェック、生理前妊娠診断テスト
  • 出産費用はいくらぐらい?
  • 出産までにかかる費用
  • 妊娠後期の体重
  • 破水したら