妊娠初期に気づかずお寿司を食べたけど大丈夫?妊娠中期や安定期ならOK?

妊娠初期に気づかずお寿司を食べたけど大丈夫?妊娠中期や安定期ならOK?

妊娠中のお寿司は大丈夫?

妊娠初期は、妊娠に気が付いていないことも多く、知らずにお寿司を食べてしまうことがあります。

妊娠中にお寿司を食べることが大丈夫なのか、詳しく調べてみました。

妊娠中にお寿司を食べてもいい?

結論か言うと、妊娠初期に限らず、妊娠中期、安定期に入ったあともお寿司を食べるのは控えたほうがいいでしょう。

お寿司を食べないほうがいい理由は3つあります。

お寿司を食べないほうがいい理由

妊娠中にお寿司を食べないほうがいい理由として、

・生肉や生魚にはトキソプラズマ原虫がいる。
・抵抗力が低下しているので細菌に感染しやすい。
・マグロや金目鯛など食べないほうがいい食品も。

このような理由があります。

生肉や生魚にはトキソプラズマ原虫がいる。
加熱していない生肉や生魚には、トキソプラズマ原虫が潜んでいる可能性があります。

妊娠中にトキソプラズマ原虫に感染すると、お腹の赤ちゃんの発達に影響がでることがあるので注意が必要です。

抵抗力が低下しているので細菌に感染しやすい。
妊娠中は体の抵抗力が低下しているので、細菌などの感染症になりやすくなっています。

生魚には、アニサキスなどの原虫がいることがあり、様々な細菌が付着している可能性が高くなります。

妊娠初期に限らず、生ものを食べることを控えたほうが無難です。

マグロや金目鯛など食べないほうがいい食品も。
マグロや金目鯛といった食品には、メチル水銀が蓄積されています。メチル水銀は、お腹の赤ちゃんの中枢神経に影響を及ぼすことが指摘されているので、妊娠中は食べないほうがいいでしょう。

厳密に食事を管理することができれば、食べられないことはないのですが、計算しながら食事を摂ることになるので難しいのではないでしょうか?

お寿司以外にも食べないほうがいい食品がある。

お寿司以外にも食べないほうがいい食品として

・チーズ
・ウナギやレバー
・ひじき

上記のような食品も妊娠中に控えたほうが無難です。

妊娠中の食事は、上記の食品に注意して栄養があるものをバランス良く食べることが大切です。

多くの食品から、少しずつ食べるようにして、バランス良く栄養を摂取するようにしましょう。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 妊娠中の気管支炎や風邪、お腹の張りや腰痛などの注意点
  • 妊娠中のアロマ
  • 妊娠中の腰痛対策
  • 妊娠中の海外旅行
  • 妊娠中のダイエット