妊娠7ヶ月

妊娠7ヶ月

妊娠7ヶ月

妊娠7ヶ月にもなれば、子宮が成長してあちこちを圧迫するようになります。胃が圧迫されて胃痛やムカムカ、吐き気が起きたり、腸が圧迫されて便秘になったりします。

胃の不快症状に関しては、食事を数回に分けて食べると症状が改善されます。腸の便秘は、元々ホルモンの影響で便秘になりやすい状態なので、日頃の食事に食物繊維や乳酸菌を取り入れるようにしましょう。

ママのお腹が大きくなることで、仰向けに寝ることが苦しくなってきます。横向きになって左を下にして寝ると楽になります。抱き枕を使うとゆっくり眠ることができます。

妊娠7ヶ月の赤ちゃんの様子

妊娠7ヶ月になると、赤ちゃんが自分で体を制御できるようになってぐるぐると動けるようになってきます。まばたきをすることもあります。皮膚の透明がなくなって血管が透けて見えることも少なくなります。

このころの逆子(骨盤位)は元に戻る確率も高いです。

妊娠25週以降は男女の性別も分かるようになってきます。

里帰り出産どうする?

里帰り出産どうする?

出産まであと3ヶ月ですが、まだ里帰り出産するかどうか迷っているママもいると思います。

里帰り出産といっても、いつかのタイプがあります。

様々な里帰り出産
・妊娠前から実家にお世話になる。
・出産直前に実家に帰る。
・出産後に赤ちゃんを連れて実家に帰る。

このような里帰り出産の方法があります。

この中でも気をつけたいのが、出産直前に里帰りする人です。

事前に分娩予約をしよう

近年の産科医、助産師の不足などで人気がある産婦人科はすぐに予約でいっぱいになります。

産婦人科では、1日あたりのお産の数が決まっているので、予約を受け付けるようになっています。このような理由から、早めに実家の近くの産婦人科に分娩予約を入れるようになりましょう。

里帰り出産のメリット・デメリット

里帰り出産のメリット・デメリット

里帰り出産には、色々なメリットとデメリットがあります。

里帰り出産のメリット
・家族が近くにいるので安心
・家事炊事をしないので楽
・育児を手伝ってもらえる
・産後の休養ができる
・親孝行になる

里帰り出産のデメリット
・パパと離れて暮らすことになる
・楽なので体重が増える
・実母が子育てに口を出してくる
・移動費が高い

このようなメリットとデメリットがあります。パパや両親と十分に話し合って里帰り出産するかどうか決めてください。

妊娠7ヶ月は妊娠線や歯周病に注意!

妊娠線は、お腹が急激に大きくなることでできやすくなります。妊娠線を予防するために妊娠線クリームを塗るようにしましょう。

おっぱいの横や太ももの裏など、ママに見えないところににも妊娠線はできます。ここにもクリームを塗って予防しましょう。

妊娠中は、歯茎のはれや出血が起こりやすくなります。歯周病を甘くみてはいけません。歯周病を放置すると早産のリスクが高まることが分かっています。

妊娠中は、口腔ケアをしっかりと行うようにしましょう。

妊娠線のケアは早めに。

今、妊娠線のケアをしないと、大変なことに!?

一度妊娠線が出てしまうと、元に戻すのが大変になります。

妊娠線のケアは、早いうちから始めることが大切です。

詳しくは下記から
妊娠線のケアは今!
妊娠線のケアは今!

【妊娠週別まとめ】

妊娠24週目(24w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子

妊娠25週目(25w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子

妊娠26週目(26w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子

妊娠27週目(27w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子

この前は、妊娠6ヶ月です。

この次は、妊娠8ヶ月です。

妊娠週のまとめはこちら→ 妊娠周期別まとめ

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 赤ちゃんの障害リスクを劇的に下げる葉酸とは?
  • 赤ちゃんの障害リスクを劇的に下げる葉酸とは?
  • 着床出血の時期の体験談、妊娠経験のあるママに聞いた体験談M.Mさん、S.Oさん、K.Rさんの経験談。
  • 40代の妊娠確率、41歳、46歳、47歳、48歳の妊娠できる確率。
  • 妊娠初期の体験談を募集中です♪