高齢出産の妊娠初期の過ごし方

高齢出産の妊娠初期の過ごし方

高齢出産の妊娠初期の過ごし方

高齢出産の場合は、25歳から34歳までの若い世代と比べて妊娠におけるリスクが高まることが知られています。

いつも以上に注意して妊娠生活を送るようにしましょう。

高齢出産の過ごし方

高齢出産の過ごし方

産婦人科的には35歳を過ぎると高齢となります。これ以上の妊婦さんは初産婦さんを含む妊婦さんのリスクが高まります。

高齢出産のリスク
・流産や早産のリスクが高くなる。
・妊娠高血圧症候群になる傾向がある。
・染色体異常の割合が多くなる。
・子宮口が固くなる。
・帝王切開になる率が高い。

このようなリスクが高まります。

流産や早産のリスクが高くなる。
年齢が高くなると、流産する確率が上がり、早産のリスクも増えるとされます。

厚生労働省の調査によると、40歳以上で生殖補助医療を受けている人で出産まで継続できた人は100人に2人でした。

不妊治療を受けている受けている人でこれぐらいの確率なので、自然妊娠で考えると、これより低い数値になると推測されます。

妊娠中の出血や腹痛は流産のサインであることも多いので、出血を確認したり腹痛を確認したら、すぐに産婦人科に連絡を取って指示を受けるようにしましょう。

妊娠高血圧症候群になる傾向がある。
年齢を重ねると、妊娠高血圧症候群になるリスクが増えるとされます。また、子宮筋腫など婦人科疾患などのリスクも高まるため出産のリスクが増加傾向にあります。

染色体異常の割合が多くなる。
高齢になると、卵子の老化などで未成熟の卵胞ができやすく染色体異常のリスクも高まります。

子宮口が固くなる。
子宮口が固くなると、難産になる傾向があります。

帝王切開になる率が高い。
35歳以上の初産婦さんは、軟産道強靱や微弱陣痛のリスクが高くなり難産になる傾向があります。

長時間のお産はママやお腹の赤ちゃんに影響を及ぼすことがあるため、帝王切開になる場合があります。

高齢出産には上記のようなリスクが多くなりますが、過度に心配する必要はありません。主治医の指示を守って快適な妊娠生活を送るようにしましょう。

この他、高齢出産全般については高齢出産で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで詳しく紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 出産年齢の平均は?
  • 出産年齢の平均
  • 高齢出産で年齢が40代
  • 高齢出産で二人目のリスク
  • 高齢出産のリスク