つわりの症状で腹痛がある?

つわりの症状で腹痛がある?

つわりで腹痛

つわりで腹痛

つわりの症状で腹痛

つわりの時期に腹痛が起こるとすると、つわりの症状で腹痛というよりも妊娠初期症状に起こる腹痛と考えたほうがいいかもしれません。

妊娠初期に起こる腹痛は、生理的なものから流産などお腹の赤ちゃんに関わる重大なものまであります。

腹痛が続いたり不安がある場合には、間違いでもいいので産婦人科に連絡して指示を仰ぐようにしましょう。

つわりの時期の腹痛の原因は?

つわりの時期の腹痛の原因

つわりの時期である妊娠初期に腹痛が起こる原因として

・子宮の成長に関するもの
・靱帯の引きつりやけいれん
・便秘
・切迫流産、流産
・膀胱炎や尿管結石

このような原因が考えられます。

子宮の成長に関するもの

お腹の赤ちゃんの成長に伴って子宮も大きくなってきます。子宮が大きくなるスピードが速いので組織を引っ張ったり圧迫することで痛みが発生します。

靱帯の引きつりやけいれん

子宮は骨盤内に靱帯によって支えられていますが、靱帯の引きつりやけいれんが原因で腹痛を起こすことがあります。

便秘

妊娠初期は、女性ホルモンの影響で便秘になりやすくなっています。子宮を成長させるために、柔らかくする作用がありますが、これが腸にまで作用して腸の動きを悪くすることがあります。

2.3日出ていないなら、便秘からの腹痛も考えられます。

切迫流産、流産

腹痛が起こって一番気になるのが切迫流産、流産だと思います。特に妊娠初期には流産する確率が約15%とリスクが高くなる妊娠最大の合併症だと言われています。

切迫流産や流産の兆候として、強い腹痛、出血があります。断続的に痛みがくる場合や強い痛みがある腹痛があるときは、産婦人科へ連絡してどうしたらよいか指示を仰ぐようにしてください。

膀胱炎や尿管結石

膀胱炎や尿管結石でも、腹痛を感じることがあります。妊娠するとおしっこが近くなったりするので我慢する機会も多くなってきます。あまり我慢しすぎると膀胱炎になります。

妊娠初期の腹痛は、問題ないこともありますが切迫流産や流産など、お腹の赤ちゃんの将来に重大な影響を及ぼすことがあります。

たとえ間違いでもいいので、産婦人科へ連絡して指示を仰ぐようにしましょう。

妊娠初期の腹痛とお腹の張りの違い

妊娠初期の腹痛とお腹の張りの違い

妊娠初期の症状として、腹痛やお腹のお張りといった症状があります。

お腹の張りとは、どんな感じになるのでしょうか?

妊娠初期のお腹の張りとは、子宮が収縮したときに起こる症状です。

妊娠すると、子宮が急激に引き伸ばされて成長します。このときに反射的に子宮が収縮してきゅーっと固くなります。

お腹の張りの目安として、力こぶぐらいの硬さです。

子宮の収縮でお腹の張りは生理的な症状ですが、出血や強い腹痛が起こるなら流産の可能性があります。

すぐに病院へ連絡して、指示を受けるようにしてください。

この他にも、妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意することが大切ですよ。

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期のママに知ってほしいことがあります。

妊娠初期は、赤ちゃんにとって神経や心臓、背骨など重要な器官を形成する時期です。

この時期に、葉酸が不足すると、無脳症や二分脊椎などの先天性異常のリスクが高くなるという事実です。

このことは、世界的な疫学的調査で判明したことで、日本でも、2002年より厚生労働省が妊娠初期の女性に対して葉酸を積極的に摂取するように通知を出しています。

葉酸は、日頃の食事でも摂取できますが・・・
妊娠初期は葉酸を摂取が大事

葉酸は、母子手帳に記載されるぐらい重要な栄養素です。

葉酸は母子手帳に掲載されています。

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように注意してください。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

妊娠したら気を付けること、注意点

妊娠したら気を付けること、注意点をまとめてみました。下記ページを読んでみてください。

妊娠初期、超初期の注意点
妊娠初期の注意点

妊娠初期にやるべきこと、することをまとめました。じっくり読んでみてくださいね。

妊娠初期にやるべきこと、すること
妊娠初期にやるべきこと、やること、することまとめ。

この次は、この他のつわりの症状について、詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





この他のつわりの症状

この他のつわりの症状

この他のつわりの症状

つわりは、様々な症状が出ることが知られています。この中でいくつか紹介したいと思います。

つわりの症状は

・吐きつわり
・食べつわり
・眠りつわり
・ヨダレつわり

主にこのような症状が出てきます。

吐きつわりや食べつわりは、周りにも経験している人が多いので知っている人も多いと思いますが、眠りつわりやヨダレつわりなどは、つわりの症状としてあるのは知っている人は少ないと思います。

つわりはお腹の目立たない妊娠初期から現れることが多いです。特に眠りつわりになると、非常に強い眠気があるのが辛いです。

仕事をしている人は、サボっていると思われることもあります。でも、自分でもどうしようもないので、周りの人に妊娠を報告して理解を得るようにするといいでしょう。

つわりは、妊娠16週ごろには治まってくる人が多いです。つわりを治す薬はないので頑張って乗り越えるように、しっかりと対策を立てるようにしましょう。

この他、つわり全般の話題はつわり・悪阻のまとめで詳しくまとめています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠初期のママにおすすめの記事一覧

妊娠中期のママにおすすめの記事一覧

妊娠したいママにおすすめの記事一覧

妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • つわりの症状で腰痛?
  • つわりの症状で性別が分かる?女の子?男の子?
  • 朝つわり、午前中だけつわり?朝ご飯はどうする?
  • つわりみたいな症状がある病気、吐き気は生理前症候群?
  • 妊娠初期につわりがこない?不安や心配?悪阻が来ないと障害の原因?