人工授精の費用は?

人工授精の費用は?

人工授精の費用

人工授精の費用は、手技や排卵誘発剤の有無などによって変わってきますが、おおよそ1回あたり1万円~2万円程度です。人工授精を行う施設によって変わりますが、1回あたりの妊娠率は約20%と自然妊娠と変わらない確率です。

「人工」という言葉に抵抗がある人もいると思いますが、人工授精といっても自然妊娠に近い形での治療となります。自然妊娠をサポートする治療法というと分かりやすいかもしれません。

1回で妊娠することもありますが、数回(3~5回程度)施行することも多いです。人工授精に妊娠率は3回目で約77%、5回目で91%の人が妊娠するというデータもあります。

5回以上回数を重ねても妊娠率があまりよくないことから、5回を目安に体外受精へステップアップすることが検討されます。

人工授精の対象となる人

人工授精の対象となる人

個人差がありますが、人工授精の対象となる人は

・EDやレスの場合
・早く妊娠したいと希望
・子宮頸管に問題がある場合
・男性不妊
・抗精子抗体が陽性

このような場合に人工授精が適用となることが多いです。

この次は、人工授精のリスクについて詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





<div style="clear:both;"></div>

人工授精のリスク

人工授精には様々メリットもありますが、リスクも存在します。

人工授精のメリット
・自然に近い形で妊娠できる。
・費用が比較的安い。
・繰り返し治療が行える。
・痛みがほとんどない。

人工授精のリスク
・精子の採取に抵抗があることが。
・自由診療で保険適用外。
・排卵誘発剤の副作用。

このようなリスクがあります。

精子の採取に抵抗があることが。
人工授精を行うには、新鮮な精子が必要になります。新鮮な精子を採取するために治療を行っている産婦人科で採取することもあります。このことに抵抗を感じている男性もいます。

自由診療で保険適用外。
不妊治療は検査の一部を除いて自由診療となります。費用は施設ごとに違ってきます。

排卵誘発剤の副作用。
人工授精と排卵誘発を組み合わせることで妊娠率が向上することが分かっています。しかしリスクもあってOHSS(卵巣過剰刺激症候群)や多胎(双子など)の副作用が起こることがあります。

人工授精は5回で約90%の人が妊娠します。5回目で妊娠できたとして費用は5万円~15万円になります。体外受精になると1回あたり30万円~50万円の費用が掛かります。

ステップアップするときは費用面も含めて産婦人科医と十分に相談することが大切です。

この他、人工授精全般については人工授精(AIH)とは?で、不妊治療については不妊治療の種類で詳しく紹介しています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 人工授精(AIH)とは?
  • 人工授精の妊娠確率は?
  • 人工授精で痛みがある?