妊娠費用の補助は?

妊娠費用の補助は?

妊娠費用の補助は?

妊娠費用の補助は、妊婦健診の一部と出産一時金、出産育児一時金、出産手当金、育児休業給付金などがあります。自分が入っている保険(健康保険、国民健康保険など)で補助される金額が違ってくるので注意が必要です。

みんなが補助される費用

みんなが補助される費用

妊娠して母子手帳が交付されている妊婦さん全員が補助される費用として「妊婦健診」「出産一時金」があります。どちらも、保険の種類に関係なく補助を受けることができます。

妊婦健診の補助
妊婦健診の一部を補助してもらうことができます。

「え?妊婦健診って無料じゃないの?」と思うかもしれませんが、実際の妊婦健診は1回あたり3000~5000円、場合によっては1万円ぐらいの自己負担が発生します。

国が妊婦健診の無料化を掲げているため、健診費用が全部無料になると錯覚しますが、実際には自己負担が発生することが多いです。

中には、自治体によって独自に健診費用を補助している市町村もあるので、自治体の窓口に問い合わせてみましょう。

出産一時金
分娩費用の補助として、出産一時金が支給されます。出産一時金は、健康保険、国民健康保険どちらでも補助が出ます。

出産一時金の補助は、一人あたり42万円です。双子なら84万円支給されることになります。

以前は一度自分が全額立替しなければならなかったのですが、現在では直接支払制度があるため自己負担分がかなり軽減されました。

出産一時金も、自己負担が発生する場合や戻ってくることもあります。分娩する産院やクリニックで変わってきますので、分娩入院するまえに費用を確認しておくようにしましょう。

この他に補助が受けられる費用として、健康保険、雇用保険に入っているママだけが補助を受けられる出産手当金、育児休業給付金があります。

この次は出産手当金、育児休業給付金について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





出産手当金と育児休業給付金

出産手当金と育児休業給付金

仕事をしているママに関連がある出産手当金と育児休業給付金について紹介します。

出産手当金
健康保険を支払っているママが対象の補助で、産後も仕事を継続することが前提です。業主婦や自営業、フリーランスのママは対象外です。

支給されるのが、申請後の1~2ヶ月後なので注意しましょう。

育児休業給付金
育児休業給付金も、産後の仕事を続けることが前提になる補助制度で、ママだけでなくパパも受け取ることが可能な制度です。

雇用保険を支払っている人が対象ですので、自営業やフリーランスのひとは対象外です。

このように、妊娠費用の補助は保険の種類や支払っている制度によって違いがあります。妊娠中の落ち着いたときに職場に問い合わせてみましょう。

この他、妊娠費用全般の話題は妊娠の費用はいくら?で詳しく紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 妊娠費用は保険で?
  • 妊婦健診(妊娠検診)の費用
  • 妊娠の初診費用は?出産と妊娠の費用も!
  • 妊娠費用の確定申告と医療費控除
  • 妊娠してもお金がない!?