排卵出血の色は?

排卵出血の色は?

排卵出血の色は?

排卵出血の色として多いのが、鮮血の赤、または茶色です。

出血の量は、それほど多くはないごく少量のことが多く、おりものシートでいいぐらいの量が一般的だと言われます。

出血を起こす時期が、ちょうど生理期間の中間ぐらいに起こるので中間期出血と呼ばれることもあります。

生理予定日2週間前ぐらいの期間で出血を起こしているなら、排卵出血の可能性がありますが。

しかし、基本的に生理以外で出血を起こすのは全部不正出血なので、念のために産婦人科を受診して原因を調べることをおすすめします。

排卵出血が起こる原因

排卵出血が起こる原因

排卵する時期には、卵巣から出てくるエストロゲンというホルモンが一時的に減少して、子宮内膜が出血を起こすことがあります。

また、排卵自体が卵巣の殻を破って卵子が飛び出すことなので、この際の出血があることもあります。

このようなことが原因で排卵出血が起こると考えられています。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、排卵出血以外で排卵出血のような出血を起こす無排卵について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





無排卵って何?

無排卵って何?

無排卵とは、排卵が起こっていない状態のことです。

排卵する時期にはエストロゲンが減少します。上の方でもお話しましたが、エストロゲンの減少が出血の原因になることがあります。

通常はこの後起こる排卵によってプロゲステロン(黄体ホルモン)の量が増えて生理へと向かいます。ところが、排卵が起こらない無排卵になるとエストロゲンが減少したままとなって出血が続くことがあります。

排卵ができない無排卵は、妊娠しにくくなる不妊の原因の一つと言われます。生理が月2回来るなど生理不順の場合は、無排卵が原因になっていることもあります。

生理不順が不妊の原因になるので、生理以外に出血があるときは早めに産婦人科を受診して原因を調べるようにしましょう。

排卵出血と妊娠の関係

この時期の出血が排卵出血であると分かったなら、排卵があるので妊娠できる可能性があります。

早く妊娠する方法として、タイミング法があります。

タイミング法とは、排卵が起こる時期に集中的に仲良しして妊娠を目指す不妊治療法です。排卵するときが、精子と卵子が出会える確率が高くなります。

不妊治療の一つとして、産婦人科で最初に指導されることも多いようです。

色々述べてきましたが、排卵出血は色で判断することはできません。生理以外は不正出血なので、排卵出血の可能性が高くても、念のために産婦人科を受診して出血の原因を調べることをおすすめします。

この他、排卵出血全般の話題は排卵と出血で、生理周期については生理周期で詳しくまとめました。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 赤ちゃんの障害リスクを劇的に下げる葉酸とは?
  • 赤ちゃんの障害リスクを劇的に下げる葉酸とは?
  • 着床出血の時期の体験談、妊娠経験のあるママに聞いた体験談M.Mさん、S.Oさん、K.Rさんの経験談。
  • 40代の妊娠確率、41歳、46歳、47歳、48歳の妊娠できる確率。
  • 妊娠初期の体験談を募集中です♪