妊娠費用は保険で?

妊娠費用は保険で?

妊娠費用は保険で?

妊娠に関連する費用は、保険が適用される場合と保険が適用されずに自己負担となる場合があります。

妊娠費用として、大きなものに妊婦健診と出産のための分娩入院があります。どちらも基本的に保険が適用されずに自己負担となりますが、自治体や健康保険組合が支給する一時金である程度補填できます。

これ以外にも様々な費用が発生しますので、余裕も持った計画が大切になります。

妊娠費用で保険が適用される場合

妊娠費用で保険が適用される場合

次のような婦人科疾患になった場合には保険が適用されます。

・妊娠悪阻
・切迫早産・流産
・子宮頸管無力症
・妊娠高血圧症候群
・陣痛促進剤を使った場合
・帝王切開
・吸引や鉗子分娩

このようなときに健康保険が適用になります。詳しくは受診している医療機関に聞いてみてください。

このような費用は、妊娠前に入っている医療保険から給付金が支給されるケースもあります。自分が加入している保険会社に確認してみましょう。

この次は、妊娠費用の総額と費用の内訳について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠費用の総額は?

妊娠費用の総額は?

妊娠費用の総額はいくらぐらいになるのでしょうか?

妊娠費用の総額として約40万円ぐらいが平均のようです。

妊娠にかかる費用は、産院や病院ごとに異なりますが、おおよそ次のような費用に分けることができます。

・妊婦健診の費用
・分娩入院の費用
・里帰り費用
・内祝い
・赤ちゃんの行事費用

このような費用が掛かっていることになります。

どれぐらいの費用になるかというと

・妊婦健診の費用は約5万円
・分娩入院の費用は約10万円
・里帰り費用は約5万円
・内祝いは約8万円
・赤ちゃんの行事費用は約10万円

平均的にこれぐらいの費用が自己負担になっています。

これらの費用にはマタニティ、ベビー用品が入っていません。これとは別に発生する費用です。また、出産して退院直後に必要になるチャイルドシートも用意しておくことが必要になります。

出産する際には、一時金として42万円支給されますがこれでは足りず自己負担金が発生することが多いようです。中には数十万~100万円ぐらいの妊娠費用になったケースもあって事前に確認しておくようにしましょう。

この他、妊娠費用全般の話題は妊娠の費用はいくら?で詳しくまとめました。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 妊娠費用の補助は?
  • 妊婦健診(妊娠検診)の費用
  • 妊娠の初診費用は?出産と妊娠の費用も!
  • 妊娠費用の確定申告と医療費控除
  • 妊娠してもお金がない!?