妊娠線ができる前兆

妊娠線ができる前兆

妊娠線ができる前兆

妊娠線ができる前兆とは、肌にかゆみが出てきたときです。かゆみが出てきたらすぐに妊娠線のケアをしないと、あとあと隠すのに大変苦労することになります。

妊娠線ができる前からケアをすることが大切です。

妊娠線ってどんなもの?

妊娠線ってどんなもの?

妊娠線ってどんなものでしょうか?

妊娠線とは、妊娠による皮膚の引っ張りに真皮や皮下組織がついていけずに肉割れを起こす状態のことです。表面の表皮はある程度の引っ張りに強いのですが、真皮や皮下組織は柔軟性に欠けるため断裂を起こしてしまいます。

妊娠線とは、真皮や皮下組織が断裂した状態なので、できたあとに完全に元に戻すのは難しいと言われています。肉割れになる前に適切なケアを行うことが最も大切なことです。

妊娠線ができやすい場所

妊娠線ができやすい場所はお腹だけではありません。バストの側面や太ももの裏側など自分では気がつきにくい場所にできることがあります。

妊娠線は突然できることがあるので、日頃から鏡などでチェックしならがらケアすることが大切です。

この次は、妊娠線の予防方法とケアを詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠線の予防方法

妊娠線の予防方法

妊娠線を予防する方法として、常に皮膚を潤すように保湿ケアを行うようにすることが大切です。皮膚に水分を補給したらそれを閉じ込めるように表面を油膜で覆って保湿するようにします。

皮膚を保湿するのは、ローション、クリーム、オイルの3種類ありますがおすすめはクリームです。ローションは水分は補給できますが油膜で覆うことができません。オイルは油膜はできますが、水分を補給することが弱くなります。

この点クリームなら両方の特性を併せ持つので、クリームで妊娠線をケアすることが効率がよいことになります。

妊娠線はつわりが明けた妊娠5ヶ月ごろとお腹が急激に大きくなる8~9ヶ月ごろができやすいとされます。この時期に限らず早めに保湿ケアすることが妊娠線予防になります。

妊娠線ができる前兆としてかゆみが出たらすぐに保湿するようにしましょう。

この他、妊娠線全般については妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで詳しくまとめています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。読んでみてください。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 妊娠中期の注意点、16週5ヶ月で吐き気や頭痛、腹痛?
  • 妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
  • 産後の妊娠線は消えない?
  • 妊娠線を消す方法はない!?