排卵出血の量

排卵出血の量

排卵出血の量

排卵出血の量は多いものではなく、ごく少量で数日のうち2・3日ぐらいで治まってくることが多いものです。

排卵出血量が多い

これよりも多い量、例えば生理が始まって2日目ぐらいの量になると排卵出血ではない可能性が高くなります。

どちらにしろ、生理以外の出血は全て不正出血ですので、初めて出血を確認したときはすぐに産婦人科を受診して原因を調べるようにしましょう。

排卵出血があれば妊娠?

排卵出血があれば妊娠?

排卵出血があれば妊娠しているか?ですが、排卵出血があるからといって妊娠している証拠にはなりません。

出血だけで妊娠を判断することはできません。妊娠しているかどうか確認するには、生理予定日または生理予定日1週間後まで待って妊娠検査薬を使うのが一番簡単で確実な方法です。

逆に言うと、排卵出血と確認できれば排卵があるので妊娠できる可能性があるということです。今の出血が排卵出血か不正出血かを確認するためにも、産婦人科を受診して原因を調べるようにしてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、排卵出血が止まらないときについて詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





排卵出血が止まらないとき

排卵出血が止まらないとき

出血がダラダラと1週間ぐらい続くときは、それは排卵出血ではなく排卵できていない卵巣機能低下かもしれません。

排卵がうまく起こらないと妊娠できないので、不妊の原因となることがあります。

生理後2週間ぐらいで少量の出血が続くことがあれば卵巣の機能低下で排卵できていない可能性があります。

しかし、自分では排卵出血か卵巣機能低下での出血か、その他の原因で出血を起こしているかを見分けることができません。

生理以外に出血がるときは、ほかの重大な原因があるかもしれないので産婦人科受診をおすすめします。

出血のある病気

排卵出血以外にも、出血を起こす病気があります。不正出血がある病気は将来に重大な栄養を及ぼすこともあるので、きちんと原因を調べることが大切です。

出血で産婦人科を受診する目安
出血を見つけても、一体どの時期に受診すればいいのか分からないこともありますよね。

産婦人科を受診する目安は「出血を見つけたらすぐに受診」です。たとえそれがピンク色したおりもの程度でもすぐに産婦人科を受診するようにしてください。

出血が多い病気として

・子宮頸管ポリープ
・膣部びらん
・子宮筋腫
・子宮内膜増殖症
・子宮頸がん
・子宮体がん

など多岐に渡ります。

この中でも注意したいのが、子宮頸がん、子宮体がんです。特に子宮頸がんは、20代後半から40代までと発症する年齢が妊娠年齢と重なっていることが特徴です。

若いから大丈夫ということはないので、早期発見・治療を行う上でも出血をみたらすぐに産婦人科を受診することが大切です。

排卵出血の量はごく少量です。それより多いときは早めに産婦人科を受診するようにしてください。

この他、排卵出血全般の話題は排卵と出血で、生理周期については生理周期で詳しく紹介しています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 赤ちゃんの障害リスクを劇的に下げる葉酸とは?
  • 赤ちゃんの障害リスクを劇的に下げる葉酸とは?
  • 着床出血の時期の体験談、妊娠経験のあるママに聞いた体験談M.Mさん、S.Oさん、K.Rさんの経験談。
  • 40代の妊娠確率、41歳、46歳、47歳、48歳の妊娠できる確率。
  • 妊娠初期の体験談を募集中です♪