正常妊娠の症状

正常妊娠の症状

正常妊娠の症状

正常妊娠の症状と異常妊娠の症状は見分けるとことは難しいとされます。症状の違いで妊娠の状態までは判別できないからです。

どちらの症状も一般的な妊娠の症状と同じことが多いので、妊娠検査薬で陽性になったら、産婦人科を受診して正常妊娠の確定診断を受けることが大切です。

一般的な妊娠の症状

一般的な妊娠の症状

一般的には、生理が遅れていることで妊娠に気が付くことが多いのですが、その他にも妊娠の初期症状として様々な症状が現れることがあります。

一般的な妊娠の症状
・頭痛やフラフラ
・微熱、熱っぽい感じ
・クラクラ、めまい
・喉の痛み
・胸が痛い、張る
・胃痛や胸焼け
・食欲がない
・ずっとムカムカ
・チクチクした下腹部痛
・生理のような鈍痛
・腰痛、腰の痛み
・股関節痛、太ももの痛み
・肌荒れやニキビ

上記のような症状が出ることがあります。この正常妊娠の兆候は生理前の症状とよく似ているのが特徴です。

この次は、正常妊娠の確率について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





正常妊娠の確率

正常妊娠の確率

正常妊娠する確率は、約85%と言われています。つまり、6人のうち5人は正常妊娠していることになります。

流産する確率は約15%です。初期の流産は染色体異常が主で、ママが無理をしたりというのは原因にはならないとされています。

正常妊娠できないのは着床障害?

正常妊娠できないのは着床障害?

正常妊娠できない原因の一つに着床障害があります。

着床障害とは、受精卵が着床する過程で何かしら障害があることです。着床障害は原因が多岐に渡っていて一般の不妊検査では分からないことも多いものです。

最近では、着床障害を専門に扱う着床障害(着床不全)外来も新設されるなど注目を集めています。

着床を妨げる原因として、子宮筋腫や子宮内膜ポリープがあります。着床することになる子宮内膜の異常が受精卵を着床させない原因になっていることがあります。

検査の手順として、子宮鏡による検査があります。通常の超音波検査(エコー)では分かりにくいものでも、子宮内膜を直接観察できる子宮鏡なら病変を発見することもできます。

この他にも、染色体異常の検査や夫婦間の染色体の相性など様々な検査を通じて妊娠を妨げている原因を調べます。

まし、不妊治療を受けても中々妊娠できないとしたら、セカンドピニオンとして着床障害外来を受診するのも方法の一つです。

正常妊娠の症状は異常妊娠のときと違いはほとんどないので、きちんと産婦人科で正常妊娠の確定診断を受けることが大切です。

この他、正常妊娠全般の話題は正常な妊娠とは?で妊娠初期に気をつけることは妊娠初期に気をつけることで詳しく紹介しています。

妊娠初期の注意点は妊娠初期の注意点でまとめました。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで解説しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 正常妊娠の尿中hCGの増え方、(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)基準値
  • 正常妊娠の経過、正常な子宮の大きさ。
  • 正常妊娠の心拍は?妊婦と胎児の心拍数の平均、正常値。
  • 正常妊娠しない原因は?全く妊娠しない原因。
  • 正常妊娠はいつわかる?産婦人科に行く時期は?