妊娠してもお金がない!?

妊娠してもお金がない

妊娠してもお金がない

妊娠してもお金がないときは、全国健康保険協会の出産育児一時金の出産費貸付制度を利用することもできます。

しかし、これは前借りするだけなので、実際に出産するときに困ったことになります。

妊娠、出産費用の一部を公的に補助・助成してくれる制度もあるので、自治体の窓口に問い合わせてみてください。

妊娠、出産で貰える公的な補助、助成金

妊娠、出産で貰える公的な補助、助成金

妊娠、出産することで貰える公的な補助金や助成金をまとめてみました。

・出産育児一時金
・出産手当金
・育児休業給付金
・医療費控除
・失業給付受給期間の延長

このような補助金、助成金があります。

出産育児一時金
被保険者及びその被扶養者が出産した時に全国健康保険協会から支給されるお金です。1児につき42万円支給されます。

多胎(双子以上)の場合は、その人数分支給されます。双子なら42万円×2=84万円支給されることになります。

出産手当金
健康保険の支払いをしているママが対象になるお金です。産前42日、産後56日の産休中の給与の3分の2がもらえます。

国民健康保険やフリーランスの人は貰えないお金なので注意してください。

育児休業給付金
雇用保険を支払っているママやパパが対象で、正社員でなく派遣社員でも貰える場合があります。

医療費控除
年間10万円以上医療費を支払った場合に、その一部が戻ってくる制度です。

失業給付受給期間の延長
雇用保険に加入していて、離職する2年前に11日以上12ヶ月間働いたことがある人が対象で、最長3年間(受給期間も含めて4年間)延長できる特例措置が設けられています。

妊娠を理由に退職すると支給対象外となることがあるので注意してください。

この次は、実際に妊娠、出産費用はどのぐらい掛かるのか解説します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠、出産費用は

妊娠、出産費用は?

実際に妊娠、出産費用はどのぐらい掛かるのか調べてみました。

妊娠や出産費用は大きく分けると、

・妊婦健診の費用
・分娩入院の費用
・マタニティ、ベビー用品
・里帰り費用
・内祝い
・赤ちゃんの行事費用

このようになります。

妊婦健診の費用
妊婦健診の費用は、国や自治体が補助します。国が「妊婦健診の無料化」と掲げているので、全部無料と勘違いしますが、実際には、相当なお金が必要になります。

妊婦健診の費用は、平均で約5万円です。

分娩入院の費用
いよいよ入院して出産というときに掛かる費用です。出産育児一時金として42万円もらえますが、これでは足りないことも多いです。足りない分は自己負担で補います。

分娩入院の費用は、約10万円です。

この他にも、マタニティ、ベビー用品や里帰り費用、出産してからの内祝いや赤ちゃんの行事費用で約40~50万円は自分で負担しなければなりません。

妊娠してもお金がないと言ってられないので、今のうちから貯金しておくようにしましょう。

この他、妊娠費用全般の話題は妊娠の費用はいくら?で詳しく紹介しています。読んでみてください。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 妊娠費用の補助は?
  • 妊娠費用は保険で?
  • 妊婦健診(妊娠検診)の費用
  • 妊娠の初診費用は?出産と妊娠の費用も!
  • 妊娠費用の確定申告と医療費控除