妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?

妊娠線のケア

妊娠線

妊娠線のケアは、早いうちからやっておくことが非常に大切です。

「まだお腹が大きくなってないからいいや」と思って放置すると、ある日突然パックリと妊娠線が出てくるのです。

あとから後悔しないためにも、いまのうちにケアしましょう。

妊娠線ができる原因

妊娠線ができる原因は、急にお腹が大きくなったり、急激な体重増加などで皮膚の表皮が引っ張られて、それにつられて真皮や皮下組織に断裂ができて妊娠線になります。

表皮は、びよーんと伸びやすいですが、真皮と皮下組織は伸びにくいので、差が生じて溝ができて妊娠線となります。

妊娠線のケアは早めに。

今、妊娠線のケアをしないと、大変なことに!?

一度妊娠線が出てしまうと、元に戻すのが大変になります。

妊娠線のケアは、早いうちから始めることが大切です。

詳しくは下記から
妊娠線のケアは今!
妊娠線のケアは今!

妊娠線ができる前兆

妊娠線ができる前兆

妊娠線ができる前兆として、ある症状が出てきます。それは、、、

「肌のかゆみが出てくること」

肌が痒くなってくると、皮膚の表皮が引っ張られてかゆみが出ます。これを放置すると、皮膚が断裂して妊娠線ができてしまいます。

一度できた妊娠線は消すことが難しいです。妊娠線ができないように予防していきましょう。

この次は、妊娠線の予防や妊娠線のできやすいところについて詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク

妊娠線の予防

妊娠線の予防

妊娠線を予防するには、

・急激な体重増加を防ぐ。
・皮膚を乾燥させない。
・早いうちからケアする。

このような点に注意して、妊娠線の予防をしていくことが大切です。

急激な体重増加を防ぐ。
つわりが明けた妊娠5ヶ月ごろから、急に食欲が増してどか食いしてしまうことがあります。また、食べつわりの影響で食べる量が増えてしまう例もあります。

妊娠中の体重増加は、妊娠線だけでなく、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病といったリスクを高めることになります。

急な体重増加には、十分に注意しましょう。

皮膚を乾燥させない。
皮膚が乾燥していても、妊娠線ができやすくなります。皮膚を乾燥させないように保湿することが大切です。

早いうちからケアする。
これが、妊娠線を予防する上で最も大切なことです。もし、ケアを怠っているとこんなことになります。

ケアを怠った妊娠線の写真はこちら

こうならないためにも、早い時期からクリームで保湿することが大切なのです。

妊娠線のピークはいつ?
妊娠線ができるピークは、つわり明けの妊娠5ヶ月以降、赤ちゃんが大きくなる妊娠8~9ヶ月です。臨月でも、突然妊娠線が出てきた人もいます。

今のうちからケアしておきましょう。

妊娠線のできやすいところ

妊娠線ができるのは、お腹だけではありません。バストの側面やお尻、太ももにもできやすいです。お腹だけでなくバストやお尻、太ももなどもクリームでケアしましょう。

妊娠線を消す方法はない!?

妊娠線を消す方法はないと言っても過言ではありません。一度肉割れになってできた妊娠線は、中々消すことができないのです。なので、できないように予防することが大切です。

妊娠線がどうしてできるのかというと、赤ちゃんが成長するスピードに皮膚や真皮、皮下組織がついていけないことにあります。真皮や皮下組織は引っ張りに弱く断裂を起こしてしまいます。

妊娠線ができる前には、前兆があることが知られています。皮膚の引っ張りがあると、その部分がかゆくなってきます。このかゆみが前兆です。すぐに保湿するようにしましょう。

妊娠線を予防するには、皮膚が乾燥しないように保湿する、急激な体重増加を避ける、早めにケアを行うことが大切です。妊娠線ができないように気をつけましょう。詳しくは妊娠線を消す方法はない!?で説明しています。

妊娠線を予防するには?

妊娠線を予防するには、妊娠線をつくらないように十分に水分と油分を補給することが大切です。お腹が大きくなり始めた4ヶ月ごろから予防を始める人が多いようです。

妊娠線は、真皮や皮下組織といったものがお腹の成長速度についていけなくなって断裂を起こしてしまうことです。表面の表皮は十分に伸びるので対応できますが、真皮以下の組織は対応できなくなることがあります。

妊娠線を効果的に予防するには、できる前からケアすることが大切です。妊娠線ができる前兆としてかゆみが出ることが多いです。かゆみがあったらすぐにケアしましょう。

妊娠線を予防するには、ローション、オイル、クリームなどで予防できます。それぞれ特徴がありますが、おすすめはクリームの「ベルタ妊娠線クリーム」です。

妊娠線ができる前兆

妊娠線ができる前兆は、その部分にかゆみが出てくることです。かゆみが出てくると妊娠線が出るサインとなるのですぐに妊娠線ケアを始めるようにしなければなりません。

妊娠線とは、体の成長によって真皮や皮下組織が引っ張られて断裂が起きた状態になることいいます。表皮は比較的伸びに強い傾向がありますが、真皮や皮下組織は断裂してしまうことがあるのです。

妊娠線ができやすいところは、何もお腹だけではありません。バストの側面や太ももの裏側など自分では気が付きにくい場所にできることがあるので気をつけましょう。日頃の確認が大切です。

妊娠線を予防するには、日頃の保湿ケアが大切です。普段から保湿することによって妊娠線を予防するようにします。保湿するにはクリームが使いやすいのでおすすめです。詳しくは妊娠線ができる前兆で説明しています。

この他、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいでまとめています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。読んでみてください。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 妊娠中期の注意点、16週5ヶ月で吐き気や頭痛、腹痛?
  • 妊娠線ができる前兆
  • 産後の妊娠線は消えない?
  • 妊娠線を消す方法はない!?